『スター・ウォーズ』の音響を体験!「BOSE」製作のアプリで登場人物になりきれ!

音響機器メーカー「BOSE」がシリーズ最終章である『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のDVD・Blue-rayの発売を記念して、“スターウォーズの世界を体験できる特別なアプリ”を製作した。

ARコンテンツ製作会社「trigger」と手を組んで開発されたのは「Bose Star Wars Audio AR」というアプリ。この専用アプリを立ち上げて、シリーズにあるいくつかの印象的な場面から一つを選択すると、そのシーンに登場するキャラクターの視点から実際に聞こえる音をフルサラウンドで体験することができるというのだ。

しかし、ファンなら一度は味わいたいこの体験ができるのは、BOSEのAR音源に対応した音響機器を所有している方のみ。体の動きや顔の向きまで反応するというので、モーションセンサーが必要となっているのだ。

実際に体験できるシーンは、旧3部作、新3部作、そして続3部作の1作目エピソード7から選出。アナキンから、ルーク、そしてレイへと受け継がれていくライトセーバーの歴史を追体験することができる。

今回発売される最終章では、アカデミー音響編集賞にノミネートされたほど音響にこだわりを持つスターウォーズ作品。誰しもが興奮するライトセーバーのあのノイズを、ぜひとも立体的に堪能してみたい……。

© Bose/YouTube
Top image: © Bose
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

フロリダの「ディズニーリゾート」に『スター・ウォーズ』シリーズをテーマとした新型のホテルが2021年にオープンすることが発表された。「スター・ウォーズ:ギ...
ディズニー作品の定額見放題サービス「Disney+」が日本上陸! ピクサー作品はもちろん、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの作品も...
昨年、その存在が発表され、大きな話題となった『スター・ウォーズ』の新シリーズ『スター・ウォーズ ザ・ハイ・リパブリック』。複数の書籍から展開がスタートし、...
米「ディズニー」が、同社の人気キャラクターや作品がプリントされたマスクを発売。人気キャラクターたちが描かれた、洗って再利用できる布製マスクだ。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
「ルーカスフィルム」が複数の書籍から『スター・ウォーズ』の世界をさらに深く掘り下げる新たなシリーズ『スター・ウォーズ ザ・ハイ・リパブリック』を発表。
「Disney+」で放映されている『スター・ウォーズ』のドラマシリーズ『マンダロリアン』に登場して話題となった小さいヨーダ、通称「ベビーヨーダ」がクリスマ...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...