さすがパタゴニア!「未来を想う活動まとめ」

「故郷である地球を救うためにビジネスを営む」というステートメントを掲げるパタゴニアだが、その活動はまさに有言実行。未来を想うからこその、価値あるアクションを起こし続けている。

ここではその一例を紹介。単なるアウトドアブランドの枠には収まらない理由がここに!

「古着」で作った新たな衣類を販売

©パタゴニア

回収された古着で修復が不可能なものから生地を切り出し、新たな衣類を製造するプロジェクト「ReCrafted」をスタート(修復できる場合は、リペアやリサイクルを推進するプロジェクト「Worn Wear」のプラットフォームで引き続き販売)。

ダウンジャケットやダウンベスト、Tシャツなどがラインナップ。見慣れないルックスのものも多数!世界にひとつだけの洋服という点にも惹かれる。

なんと「サバ缶」も!

© パタゴニア日本支社

パタゴニアの食品事業を担う「パタゴニア プロビジョンズ」は、地球環境に優しい農業や漁業をバックアップする事業体。

そんな企業が販売しているのは「サントーニャ・サバ・オリーブオイル漬」。使われているサバは、網ではなく、釣り糸と釣り針を使用するスペイン・サントーニャの伝統的な漁法で捕獲されており、個体に傷がつきづらいことから品質の高い缶詰めに仕上げることが可能。

誤ってほかの魚種を捕まえてしまう“混獲”が起こりづらいとされている。

「気候のための行動を学ぶ」
若者向けプログラム

©パタゴニア日本支社

気候のための行動を学ぶプログラムが今年12月に開催。

「クライメート・アクティビズム・スクール」は、気候変動をはじめとする環境や地域のテーマに関心をもち、行動したいと考えている全国の15歳~24歳が対象。気候危機に向き合い、新たな問いを立て、行動するための学びが得られるという。

参加募集は11月8日まで受付中。定員は100名で費用は無料。

Top image: © パタゴニア

関連する記事

格好良さ、機能性ありき。そのうえで環境に配慮されているサステイナブルなファッションブランドを3つピックアップ。
パタゴニアがすべての防水性アウターウェアにリサイクル素材を使用することを発表。
アウトドアブランド「パタゴニア」の食品事業を担う「パタゴニア プロビジョンズ」から3月26日にスペインの伝統的な漁法で捕獲されたサバを使用した缶詰「サント...
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
防護服やマスクをテーマにしたファッションブランド「SOUBI BY TAKASHI TESHIMA」。プロダクトやファッションの分野でデザイナーとして活動...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...