まずはここから、フェミニズムのお話

フェミニズム(feminism)」とは、「女性の社会的、政治的、経済的権利を男性と同等にし、女性の能力や役割の発展を目ざす主張および運動」を指す言葉。

そのフェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に発信している女性がたくさんいます。そんな女性たちから「フェミニズム」を学べるエピソードを集めてみました。

フェミニズムについて知って、考えるきっかけになればと思います。

 

親子で「フェミニズム」について話してみよう

フェミニズムについて、親子で話をするプロジェクト「Dear Daughters」というものがあります。

父から娘へ「フェミニストについてどう思う?」、「女性の権利などを主張するデモ行進に參加するとしたら、何と書かれたプラカードを持っていく?」という質問があったり、逆に父親へ「娘を育てて学んだことは何?」という質問をボードゲームをしながら進めていきます。

まずはフェミニズムに対して「自分はこんなことを感じていたのか」というような「気づき」から始めてみてもいいかもしれないですね。

「フェミニストソングライター」が伝えたいこと

女性の権利やダイエット、生理についてなど、様々なメッセージを曲にして発信し続けるフェミニストソングライターRachel Larkさん。

子どもでもわかるようにと、ストレートな言葉で表現でされた歌詞が話題になりました。

その中には、トランプ大統領にも聞いて欲しいと言う曲も。あなたはこれを聞いてどのように感じますか?

実在する女性のサクセスストーリーを描いた「絵本」

おとぎ話の女の子は、ヒーローを待つプリンセスとして描かれることが多いですが、現実世界では「女性のヒーロー」がたくさん存在します。

夢は待つんじゃなくて「自分で掴むもの」

女の子たちが自分の目標となる誰かを見つけられるようにという願いを込めて、自らの手で夢を掴んだ実在する女性のサクセスストーリー100人分を描いた絵本「Good Night Stories for Rebel Girls」のプロジェクトが立ち上がりました。

ナプキンに描かれた「名言イラスト」

©N/A

アメリカに住むメーガン・エルダーキンさんが、娘ホールデンちゃんのランチボックスに、毎日そっと忍ばせた「ナプキンに描いた名言イラスト」がFacebookで話題となりました。

きっかけは、大統領選だったそう。アメリカ大統領選の結果にショックを受けたホールデンちゃんを励ます為に思い立ったそう。

“「たかがランチのナプキンかもしれません。でも私の行動が、少しでも女性の平等な対話に役立つなら、恐縮ですが、とても栄誉なことだと思っています」”

エマ・ワトソンが提起する「ジェンダーイシュー」

©Kevin Winter/Getty Images

ディズニー映画「美女と野獣」の実写版で、主演を努めたエマ・ワトソンが、俳優賞を獲得したときに行ったスピーチでのこと。

「はじめに、この賞について何か話さなければいけない気がします」と切り出したスピーチが、ジェンダーイシューの問題を提起する形になっており、多くの海外メディアが注目しました。

このスピーチを機会に、「美女と野獣」を社会的な観点で見てみてください。

フェミニストの「スタンドアップコメディアン」

©2020 NEW STANDARD

どんどんと新作が公開され、多くのヒット作が生まれているNetflixのスタンドアップコメディコンテンツ。

その中でも見てみて欲しいスタンドコメディアンの一人が、自分のことをフェミニストだと言っていて、本気で男女平等を実現しようとして、ネタを考えているイライザ・シュレシンガー

彼女のスキルはかなり高いので、説明すると重く感じてしまうこともしっかりと笑いに変えてくれます。それでいて、考えさせる内容になっているから素晴らしい。ぜひ日本人の方に見て欲しいです。

Reference: iStock.com/Youngoldman
最近では女性の活躍を応援しようとさまざまな企業で取り組みが行われている。その根本にある考え方が「フェミニズム」。この記事ではフェミニズムの意味やどのような...
8〜11歳の娘をもつ22人の父親が、娘と一緒に參加した「Dear Daughters」というプロジェクトがある。フェミニズムを主題にした会話をしていくとい...
自らをフェミニストソングライターと呼ぶRachel Larkさん。トランプ大統領にも聞いて欲しいと言うフェミニズムの歌をYouTubeで公開した。どストレ...
メディアなどでよく使われるようになった「フェミニスト」という言葉。私たちも普段から何気なく使っているかもしれませんが、説明してみて、と言われたらどうでしょ...
新感覚ナイトエンターテインメント「泊まれる演劇 In Your Room 『ANOTHER DOOR -ホーリーシーズン-』」が2020年12月15日(火...
この記事ではジェンダーの文脈で取り上げられる「ノンバイナリー」について解説していきます。
Netflix(ネットフリックス)のおすすめStand-Up Comedy作品を日本のスタンドアップコメディ界の重鎮「おコメディ焼き」代表BJ Foxさん...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
冷え込んだ朝に飲みたくなるものといえば、温かい「スープ」。おうちで簡単に作れる一味変わったスープレシピを5つご紹介したいと思います。
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
「カーボン・オフセット」とは他の場所で節約できる同等の二酸化炭素に資金を提供することで排出量を補う仕組みのこと。ここではカーボン・オフセットの定義や国内外...
苦境にあえぐ飲食業界で“起死回生の一手”と注目を浴びるキッチンカー。そのまとめサイト「イドハン〜I do fun〜」が登場!
コスプレイヤーで街がごった返す日本の「ハロウィン」。今年はお家で楽しんでみましょう!お家でハロウィンを楽しむアイデアをまとめてみました!
わたしは日本へ行くことを決めたらまず、下の毛をボーボーに生やさなくてはいけない。
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
性別におけるファッションの垣根の撤廃が、さらに加速した2020年。『TABI LABO』で紹介したユニセックスなウェアをあらためて振り返ろう。
アメリカ生まれの人気調味料「クレイジーソルトシリーズ」に待望のオーガニックが新登場。岩塩をベースにガーリックやタイム、セロリシード、オレガノなど有機ハーブ...
今年は、新型コロナウイルスの感染拡大も相まってか「備えること」の重要性を再認識した年。いろいろなメーカーから“もしも”のときのための新たな防災グッズがリリ...
今年は、新型コロナウイルスの感染拡大も相まってか「備えること」の重要性を再認識した年。いろいろなメーカーから“もしも”のときのための新たな防災グッズがリリ...
フェミニストとして活動する23歳のアーティストayuwatanabeさんに、おはなしを聞きました。
「ヴィーガン」は食品に限った話ではありません。いまの時代を生きるうえで欠かせない、ヴィーガンフレンドリーなあれこれをまとめてみました。
あなたのワクワクを刺激する新時代のドリンクをピックアップ。
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
いつものあの味、あの料理に「ちょい足し」するだけで、劇的に美味しくなるものがある。