Googleマーケターからのキャリアチェンジは、手づくりキャンドル屋さん!?

得てしてアロマキャンドルは、安いものかハイエンドで高価なものかで二極化します。買ったはいいが、「もったいなくて使う気になれないのでは意味がない」。こう考えたGoogleの社員が二人、会社を辞めてイチからつくり始めたリーズナブルなキャンドルが、ちょっとした話題になっているようです。 

Googleの元マーケターがつくる
低価格のアロマキャンドル

 Googleを退職して手づくりアロマキャンドルのクラフトメーカーをブルックリンに立ち上げたのは、Stephen TracyとHarry Doullの二人。

2014年、初めて顔を合わせたとき、話の流れで登場したアロマキャンドルの話題で意気投合。あまりに高価なものばかりでデイリーユースと呼ぶには程遠いという想いが一致したんだとか。それから1年後、温めていた計画を実行すべく、ブルックリンに倉庫を借りて起業。「keap」がスタートしました。

デザイン経験もない、マーケターとデータサイエンティスト。けれど、彼らにはGoogleで培ったビジネスモデルをキャンドル製作にも生かしていくのです。

フィードバックで改良を重ねる
「ユーザー中心設計」が生きた

まったくの畑違いの事業を始めた二人が、最も気を配ったのが「デザイン」だそう。デザイナーを雇ったものの、自分たちのカラーを打ち出すうえで、ユーザーのフィードバックに基づいて改良に改良を重ねていく日々だったとか。

デザインの各段階において、エンドユーザーのインターフェースに注意を払ってデザインしていくこと。そうした「ユーザー中心設計」こそ、前職で彼らが培ってきたノウハウだとTracyは強調します。

製品のための素晴らしいアイデアを持っている。そのことが需要なんじゃなくて、それを届けたいエンドユーザーたちのことを理解していることの方が、よっぽど大切なんですよね」、とこんな具合に。

失敗や問題をどう解決していくか。Googleでの実践は、彼らのキャンドルづくりの原点に生かされ、ビジネスモデルとなっていったようです。

香りのイメージをネーミングに

「波」

新鮮な空気、潮の香り。太陽に焼けた砂の匂い。誰もがみんな海にあったかい思い出があります。このキャンドルは、そこにあなたの気持ちを連れていく香り。

シーソルト、ガルバナム、シーウィード、アニス、シクラメンなど。

「森の山小屋」

朝露おりた苔を踏みしめながら歩く森の中。風の冷たさも心地いい秋の日のハイキングを連想させる香り。

ヒノキ、シダーウッド、コケ、ナツメグ、パロサントなど。

「温泉でリラックス」

体ばかりか心までリラックスさせるスパ。うっとりするハーブ香の水を熱々の岩石にかければ、さっきまでの疲れも忘れてしまう。そんな心地良い香り。

スギ、ユーカリ、ミカンの花、ラベンダー、ユズなど。

「晴れた日のグリーンマーケット」

週末の朝、マーケットの横を通ると、山のように積まれたハーブや果実からむせかえるようなアロマ香が立ち上ります。収穫に感謝したくなるフレッシュなよろこびを表現した香り。

バジル、ミント、コリアンダー、ヒヤシンス、キュウリ、いちじくの葉など。

そうそう、このKeapのキャンドルは購入すると慈善団体「SolarAid」を通じて、電気を使えない環境で生活する人々に、太陽光で動くランプが寄付される仕組み。こんなチャリティに参加できるのもいいですよね。

残念ながら、今のところ米国国内のみの出荷だそうですが、今後国外への配送も視野に入れているそう。価格は1つ35ドル(約3,500円)なら、普段使いにもアリでしょ。

Photo by Will Mebane
Reference:Co.Design
Licensed material used with permission by Keap
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
小銭もカードも電子マネーもいらない、まったく新しい無人店舗「Bodega」。なんでも勝手に商品を持っていくと、あとから自動的に請求がくるというのですが…。...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
ビデオドラッグという表現を思い出した。
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
画像認識により手話を翻訳、モニターに表示させるシステムを開発した企業Signall。15人の熟練の研究者が集い、手の動きや速さ、表情を読み取り手話独自のニ...
Googleマップといえば、建物の内部に入れたり、3Dグラフィック機能が追加されたりと、機能向上は日進月歩。唯一の難点は、ときたま感じる動作の重さでしょう...
アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
当たり前のように、「ググる=検索する」と認知されているこのご時世。文字を打ち込む一般的なものはもちろん、最近では、音声認識による検索もポピュラーなものにな...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
Googleが開発を進めるモジュール式スマホ「Project Ara」の最新映像が公開されました。ユーザーが使いたい機能をモジュール形式で本体に付け替えて...