Googleマーケターからのキャリアチェンジは、手づくりキャンドル屋さん!?

得てしてアロマキャンドルは、安いものかハイエンドで高価なものかで二極化します。買ったはいいが、「もったいなくて使う気になれないのでは意味がない」。こう考えたGoogleの社員が二人、会社を辞めてイチからつくり始めたリーズナブルなキャンドルが、ちょっとした話題になっているようです。 

Googleの元マーケターがつくる
低価格のアロマキャンドル

 Googleを退職して手づくりアロマキャンドルのクラフトメーカーをブルックリンに立ち上げたのは、Stephen TracyとHarry Doullの二人。

2014年、初めて顔を合わせたとき、話の流れで登場したアロマキャンドルの話題で意気投合。あまりに高価なものばかりでデイリーユースと呼ぶには程遠いという想いが一致したんだとか。それから1年後、温めていた計画を実行すべく、ブルックリンに倉庫を借りて起業。「keap」がスタートしました。

デザイン経験もない、マーケターとデータサイエンティスト。けれど、彼らにはGoogleで培ったビジネスモデルをキャンドル製作にも生かしていくのです。

フィードバックで改良を重ねる
「ユーザー中心設計」が生きた

まったくの畑違いの事業を始めた二人が、最も気を配ったのが「デザイン」だそう。デザイナーを雇ったものの、自分たちのカラーを打ち出すうえで、ユーザーのフィードバックに基づいて改良に改良を重ねていく日々だったとか。

デザインの各段階において、エンドユーザーのインターフェースに注意を払ってデザインしていくこと。そうした「ユーザー中心設計」こそ、前職で彼らが培ってきたノウハウだとTracyは強調します。

製品のための素晴らしいアイデアを持っている。そのことが需要なんじゃなくて、それを届けたいエンドユーザーたちのことを理解していることの方が、よっぽど大切なんですよね」、とこんな具合に。

失敗や問題をどう解決していくか。Googleでの実践は、彼らのキャンドルづくりの原点に生かされ、ビジネスモデルとなっていったようです。

香りのイメージをネーミングに

「波」

新鮮な空気、潮の香り。太陽に焼けた砂の匂い。誰もがみんな海にあったかい思い出があります。このキャンドルは、そこにあなたの気持ちを連れていく香り。

シーソルト、ガルバナム、シーウィード、アニス、シクラメンなど。

「森の山小屋」

朝露おりた苔を踏みしめながら歩く森の中。風の冷たさも心地いい秋の日のハイキングを連想させる香り。

ヒノキ、シダーウッド、コケ、ナツメグ、パロサントなど。

「温泉でリラックス」

体ばかりか心までリラックスさせるスパ。うっとりするハーブ香の水を熱々の岩石にかければ、さっきまでの疲れも忘れてしまう。そんな心地良い香り。

スギ、ユーカリ、ミカンの花、ラベンダー、ユズなど。

「晴れた日のグリーンマーケット」

週末の朝、マーケットの横を通ると、山のように積まれたハーブや果実からむせかえるようなアロマ香が立ち上ります。収穫に感謝したくなるフレッシュなよろこびを表現した香り。

バジル、ミント、コリアンダー、ヒヤシンス、キュウリ、いちじくの葉など。

そうそう、このKeapのキャンドルは購入すると慈善団体「SolarAid」を通じて、電気を使えない環境で生活する人々に、太陽光で動くランプが寄付される仕組み。こんなチャリティに参加できるのもいいですよね。

残念ながら、今のところ米国国内のみの出荷だそうですが、今後国外への配送も視野に入れているそう。価格は1つ35ドル(約3,500円)なら、普段使いにもアリでしょ。

Photo by Will Mebane
Reference:Co.Design
Licensed material used with permission by Keap
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
11月21日、「Google」が「Google アシスタント」の新機能として「My Storytime」をローンチした。これは家にいない親の代わりに子ども...
Googleショッピング検索がより便利にアップデートされる。新機能では、特定のアイテムを掲載するオンラインショップが一括で表示され、色やサイズ、ブランドな...
Google Mapsの進化が止まらない。2019年7月16日、GoogleはGoogle Maps上で「バイクシェア」のリアルタイム情報が見れるサービス...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
「LUMOS CANDLE」は、マッチやライターいらずのアロマキャンドル。ボタンを押すだけで点火することができるから、最後まで香りを愉しむことができます。
「sheep」は、天然素材を用いたキャンドルの制作や香りの調合、パッケージングまでの工程を手づくりでおこなうソイキャンドルブランド。
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
アイスランドの北西部に位置する「ボルンガルヴィーク」。フィヨルドが特に有名です。近年観光客が増えているのも踏まえて、ここの市長Jón Páll Hrein...
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
「Google」は6月8日、新型コロナウイルス対策として、Googleマップに新たな機能を追加したと発表した。第二波、第三波の発生を防ぐためのアップデート...
小銭もカードも電子マネーもいらない、まったく新しい無人店舗「Bodega」。なんでも勝手に商品を持っていくと、あとから自動的に請求がくるというのですが…。...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
オーストラリアの通販サイトに登場したのは、「マクドナルド」の「チーズバーガー」の香りで仕上げたキャンドル。これ、需要あるんでしょうか(笑)
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...