フライト中に、そっとひと口。空の上で、手づくりカクテルを楽しみましょう。

居心地のよい旅には一体なにが必要だろう。飛行機に乗って、はじめての国を訪れ、土地に触れ、知らない人と知り合いになるのは、とってもエキサイティングなことだ。ハラハラ、ドキドキ、ワクワクしたいのが、旅に出たい理由のひとつであるならば、毎日過ごすこの日常だって、十分な旅になりうるだろう。だからこそ、何か月も前から予定を立てて、飛び立てる、そんな特別な日には、こんな素敵なグッズを忍ばせたい。

離陸し、雲の合間を抜けながら、とっておきのひとときを味えるなんて、考えただけでも最高である。サービスは、CAのふんわりスマイルと、スピリッツ、もしくは、お酒だけにして。あとは、機内用のカクテルキット『CARRY ON COCKTAIL KIT』にお任せ。現在、ウイスキーベースのオールド・ファッション、ジンベースのジン・トニック、ウォッカベースのモスコミュールの3種類が展開されている。

モスコミュールは、
たとえば、こんなふうに。

缶の中には、美味しいカクテルに必要なものがすべて詰まっている。琥珀色が美しい特製のジンジャーシロップに、鉄製のメジャーカップとスプーン。これだけでなく、ていねいに折りたたまれたリネンのソーサーや、秘伝のレシピまで、その心づかいに嬉しくなる。

機内では、液体の持ち込みが制限されているので、準備さえととのえば、あとは、ウォッカを頼むだけ。これで、かんたんに美味しいモスコミュールが楽しめる。もし、ライムの用意もあれば、搾りたてをすぐにいただこう。

テーブルの上に並べたくなる、
すてきなデザイン。

まるでソーイングセットのような、コンパクトでシンプルなデザイン。手持ちの小物とも相性が良いので、さりげなくテーブルの上に置いて自慢したくなる。専用のポーチ付きも販売されているので、旅のスタイルに合わせて選ぼう。

カクテルを作り、ゆっくりと味わう。この時間だけは、ガイドブックは開かず、いっそ、携帯電話の電源も切って、ひとりきりで贅沢に味わいたいものだ。飲みはじめる頃には、もしかすると、隣の人と会話が弾んでいるかもしれないから、これも旅の醍醐味のひとつだろう。日本で手に入れるなら、公式のWEBサイトから。海外発送してくれるのが嬉しい。

Licensed material used with permission by W&P Design
他の記事を見る
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
郵便屋さんと聞けば、制服を着た配達員がポストに手紙を届けるーー。当たり前の光景ですが、フィンランドでは庭の芝刈りまでしてくれちゃうみたいです!郵便会社「P...
7月の初め、本屋From My ShelfのWEBサイトに「エッセイを書いて、本屋をもらおう」というコンテストが発表されました。優勝したら本屋の営業権をK...
リアルタイムで世界とつながり、まるで旅をするように未だ見ぬ自分を探求する・・・。 世界とつながるとは、どういうことだろうか。今回のイベントでは、次世代にお...
2015年5月、スコットランド政府が「学校の科学の授業で天地創造論を教えるべきではない」と公式に発表し話題になった。天地創造論とは、神が万物を創造したとい...
ダブルワーク、要するに副業・兼業が珍しくない世の中になったとはいえ、“ミュージシャン×かき氷屋さん”という掛け合わせは、日本広しといえどこの方くらいなので...
Appleユーザーやファンにとって待望の新製品発表会が、日本時間の9月10日午前2時より開催されます。毎回のことどんな発表があるのか予想がされますが、幾つ...
「スペースは充分。快適だよ」と、店主のRob Kerrさん。座っている場所は、使われなくなった赤い電話ボックスの中だ。ロンドンでは、これを建物代わりに活用...
いくら会議しても話が進まない、取引先とのやり取りにも先が見えないーー。新しい閃きが欲しい!そんな時には、ネットや本ではなく「お菓子」を変えてみてはいかが?...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
〈W&P DESIGN〉の「CARRY ON COCKTAIL KIT」は本来飛行機内で楽しむものですが、BBQや家飲み用にももってこい。洒落たデザインは...
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
機内食は苦手とか、ドリンクサービスだけの国内線、ってことから単純にお腹が減ったというときまで小腹が助かる空旅に適した携帯フード。ジャンキーなスナックより...
さすがにこれだけでホロ酔いになるのは難しそうですが、このピザに合わせてさらにお酒をいただくのは大歓迎。ただし、このピザを食べる場合、飲酒運転になるのでご注...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?乾燥や病気の防ぐだけでなく、自分だけのアロマ時間をくれる「ほんのりハーブが...
夏にビーチサイドでマルガリータを飲める日を待ちわびている皆様、もうその日は到来しない…かも。
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?夜のフライトには、ふんわりとしたやわらかさに包まれる「伊織のアイマスク」が...
いったいどこに座るのが正解なのか?座席指定がどんどん有料化されていく昨今。それくらい狙える場所を知っておくだけで、フライトの天国と地獄が分かれます。
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?ロールヘッドを手首や耳の裏などにひと塗りするだけでリラックスタイムになる「...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
トラベルグッズ専門のストア〈Flight 001(フライトワン)〉から発売されている変換アダプターがカワイイ! 4つのプラグと1つのアダプタがセットになっ...