フライト中に、そっとひと口。空の上で、手づくりカクテルを楽しみましょう。

居心地のよい旅には一体なにが必要だろう。飛行機に乗って、はじめての国を訪れ、土地に触れ、知らない人と知り合いになるのは、とってもエキサイティングなことだ。ハラハラ、ドキドキ、ワクワクしたいのが、旅に出たい理由のひとつであるならば、毎日過ごすこの日常だって、十分な旅になりうるだろう。だからこそ、何か月も前から予定を立てて、飛び立てる、そんな特別な日には、こんな素敵なグッズを忍ばせたい。

Wheels up. #wandpdesign

W&P Designさん(@wandpdesign)が投稿した動画 -

離陸し、雲の合間を抜けながら、とっておきのひとときを味えるなんて、考えただけでも最高である。サービスは、CAのふんわりスマイルと、スピリッツ、もしくは、お酒だけにして。あとは、機内用のカクテルキット『CARRY ON COCKTAIL KIT』にお任せ。現在、ウイスキーベースのオールド・ファッション、ジンベースのジン・トニック、ウォッカベースのモスコミュールの3種類が展開されている。

モスコミュールは、
たとえば、こんなふうに。

D9f192835705f6fd5900a7aa13737008fdc41d4e

缶の中には、美味しいカクテルに必要なものがすべて詰まっている。琥珀色が美しい特製のジンジャーシロップに、鉄製のメジャーカップとスプーン。これだけでなく、ていねいに折りたたまれたリネンのソーサーや、秘伝のレシピまで、その心づかいに嬉しくなる。

4bf854fbf086e75a309f73e727f45403fa7b12f9

機内では、液体の持ち込みが制限されているので、準備さえととのえば、あとは、ウォッカを頼むだけ。これで、かんたんに美味しいモスコミュールが楽しめる。もし、ライムの用意もあれば、搾りたてをすぐにいただこう。

テーブルの上に並べたくなる、
すてきなデザイン。

8b6ca803fea25972b08469ec0a75857f49107a0f85a1ba9f353f2abd8a67f07b0266fa2c73cfe417

まるでソーイングセットのような、コンパクトでシンプルなデザイン。手持ちの小物とも相性が良いので、さりげなくテーブルの上に置いて自慢したくなる。専用のポーチ付きも販売されているので、旅のスタイルに合わせて選ぼう。

52d6690e8e2b4874914226b043aa53486e18b588

カクテルを作り、ゆっくりと味わう。この時間だけは、ガイドブックは開かず、いっそ、携帯電話の電源も切って、ひとりきりで贅沢に味わいたいものだ。飲みはじめる頃には、もしかすると、隣の人と会話が弾んでいるかもしれないから、これも旅の醍醐味のひとつだろう。日本で手に入れるなら、公式のウェブサイトから。海外発送してくれるのが嬉しい。

Licensed material used with permission by W&P Design
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
〈W&P DESIGN〉の「CARRY ON COCKTAIL KIT」は本来飛行機内で楽しむものですが、BBQや家飲み用にももってこい。洒落たデザインは...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」のイベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
さすがにこれだけでホロ酔いになるのは難しそうですが、このピザに合わせてさらにお酒をいただくのは大歓迎。ただし、このピザを食べる場合、飲酒運転になるのでご注...
夏にビーチサイドでマルガリータを飲める日を待ちわびている皆様、もうその日は到来しない…かも。
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
トラベルグッズ専門のストア〈Flight 001(フライトワン)〉から発売されている変換アダプターがカワイイ! 4つのプラグと1つのアダプタがセットになっ...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
アメリカンポップスにもその名が登場するほど、認知度の高い「Jello Shots(ジェロショット)」、聞いたことくらいはあるはずです。アメリカで人気の粉末...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
やはり「芸術性」か「実用性」か……この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。
ドイツのお祭りに登場する屋台のなかに、心もカラダもあったまる、とっておきのカクテルが店を出します。当地ではとってもポピュラーなこのカクテルは、ココアをラム...
「かき氷」と言われて連想するのは、シャリッと音を立ててストローが刺さる氷の山。そこにピンク、ブルー、イエローといった、蛍光色の鮮やかなシロップがかかった夏...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...