【6月27日より登場】ニッカの国産ジン&ウオッカを味わいたい

ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。

このタイミングで、日本の代表的な洋酒メーカー「ニッカウヰスキー」から、伝統的な技が息づく国産スピリッツ「ニッカ カフェジン」「ニッカ カフェウオッカ」が発売されます。

食事のお供に
カクテルを嗜む

最近、カクテルを食中酒として飲む機会が増えています。元々「焼酎や日本酒はちょっと…」派が、ハイボールの次に求めたのがカクテルだったのではないでしょうか。実際、お店のメニューには様々なスピリッツの名がずらりと並んでいて、和食を食べながらモスコミュールを飲む、なんて光景も珍しくないほど。

その流れの中で「ニッカウヰスキー」の新商品は、さらなる追い風になりそうな予感。

あえての旧式蒸溜機で
「本物のおいしさ」を

ニッカ カフェジン、ニッカ カフェウオッカの「カフェ」は、コーヒーなどとは全く関係なく、稀少となった伝統的な連続式蒸溜機「カフェスチル」を用いていることに由来しています。

開発者であるイーニアス・カフェの名にちなんで名付けられたこの蒸溜機は、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝が1962年に導入を決めた旧式の蒸溜機。新式が、アルコール精製度が高い一方で香味成分まで除去してしまうことから、彼はあえて効率の悪い旧式を導入して、抽出されたスピリッツに原料由来の香りが残るようにしたんだそう。つまり「本物のおいしさ」が味わえるというわけです。

そのため、甘くふくらみのある味が実現。カクテルベースとしてだけでなく、ロックやストレートで味わうのもオススメです。

ボタニカル由来の香りを楽しむ
「ニッカ カフェジン」

大麦麦芽やとうもろこしなどの原料を「カフェスチル」で蒸溜し、山椒、柑橘類、ジュニパーベリー等の香味成分を十分に抽出した後、再蒸溜したスピリッツを複数ブレンドしたプレミアムジン。和柑橘の爽やかな香りと山椒のスパイシーな香りが調和し、コクを感じさせる甘い口当たりと、ボタニカル由来の香りが重なり合う複雑な味わいが特長です。

アルコール度数47%、700ml瓶で参考価格は4,500円(税別)。

コクのある甘い香りと口当たり
「ニッカ カフェウオッカ」

大麦麦芽やとうもろこしなどの原料を「カフェスチル」で蒸溜した「カフェ蒸溜液」を複数ブレンドしたプレミアムウオッカ。麦芽のフローラルな香りととうもろこし由来のキャラメルのようなコクのある甘い香り、やわらかくコクのあるなめらかな口当たり。主にカクテルベースとして、またロックやストレートで飲んでも甘くふくらみのある味わいに。

アルコール度数40%、こちらも700ml瓶で参考価格は4,500円(税別)。

日本から
ヨーロッパ・アメリカへ

「ニッカ カフェジン」「ニッカ カフェウオッカ」は、2017年9月から欧州・アメリカでの発売も予定しているそう。世界的に注目されそうな新商品、国内では数量限定での販売になります。

ニッカの新しい自信作と一緒に、巻き起こりつつあるスピリッツブームを楽しみましょう。

Licensed material used with permission by アサヒビール株式会社
日本で購入できる世界のこだわりが詰まったクラフトジン5選。クラフトジンブームの背景と、フィンランド、フランス、オーストラリア、日本から厳選したとっておきの...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
「ARCTIC BLUE GIN」は、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPRIT OF THE YEAR 2018」で頂点に輝いたフィンランド発のク...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
山梨県で誕生したクラフトビール「青い富士山ビール」。天然色素のスピルナで青い山肌を、泡で山頂に積もる白い雪を表現。SNSで話題となった「青い富士山カレー」...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
クラフトジンの人気が加速するなか、爽やかな秋田杉の香りを楽しめるジンが登場。今週25日に「秋田杉GIN」が全国で発売される。
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
外食が途絶え、およそ80,000杯分(約2万L)のビールが消費されずに余剰となった今春。これを廃棄するのではなく、新たにクラフトジンとして蘇らせるプロジェ...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
銀座のバーツール専門店「BAR TIMES STORE」から、ジンやウォッカ、ウイスキーなどのスピリッツを注ぐだけで手軽に「漬け込み酒」ができる専用キット...
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
日本酒造りの過程で廃棄される酒粒やビールから作った、新感覚のクラフトジンを提供する「エシカル・スピリッツ」が、東京・蔵前に蒸留所を開設。極めて香り高いクラ...
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
「J-WAVE」により設立された新会社「JAVE」は、今月7日より、デジタル音声コンテンツ配信サービス「SPINEAR」のβ版日本サービスの提供を開始。音...