世界中で拾った段ボールが、財布として生まれ変わる「Carton」って?

あなたは「段ボール」にどんなイメージを持っているだろうか?

丈夫で使い勝手が良いと考える人もいれば、道端に捨ててある光景から、「不潔なもの」「ゴミ」という印象を抱いている人もいるかもしれない。

ここで紹介する「Carton(カルトン)」は、後者のようなネガティブなイメージを変え、その素晴らしさを再認識してもらうためのプロジェクトだ。

不要なものから
「大切なもの」へ。

段ボールには「ストーリー」がある。遠い海の向こうで、どんな思いでモノが詰められ、どんな経緯で運ばれ、そして捨てられるのか──。

一つひとつの箱が持つ物語に思いを馳せながら、世界中の段ボールを拾い集めている島津冬樹氏が、それらを身近なアイテムに加工する取り組みが「Carton」である。

メインとなるのは以下のような財布やカードケース。思わず心をくすぐられるアイテムが揃っている。

01.
Surf

-Coin & Card Wallet of Cardboard-
Model 2016
サイズ:11.5cm x 7cm
価格:4,000円(税別)

02.
Long

-Long Wallet of Cardboard-
Model 2015
サイズ:9cm x 19cm
価格:10,000円(税別)

03.
Liner

-Folding Wallet of Cardboard-
Model 2016
サイズ:9cm x 12cm
価格:7,000円(税別)

04.
Ducky

-Card Wallet of Cardboard-
Model 2016
サイズ:9cm x 6cm
価格:2,000円(税別)

05.
Raft

-Business Card Wallet of Cardboard-
Model 2014
サイズ:6.5cm x 10.5cm
価格:3,000円(税別)

06.
Tag

-Coin Wallet of Cardboard-
Model 2016
サイズ:9cm x 5cm
価格:2,500円(税別)

07.
Barracks

-Passport Case-
Model 2016
サイズ:12.5cm x 10cm
価格:3,000円(税別)

それぞれのコレクションを、より詳しくチェックしたい人はコチラ

これらに使用する段ボールは
世界20ヵ国以上から

Cartonの財布には、20ヵ国以上で拾い集めた段ボールが用いられているのだそう。

ロシア

イスラエル

メキシコ

カンボジア

チェコ

UAE

香港

段ボールは万国共通のツール。だが、デザインや材質が国によって異なるのがよく分かる。

実際に作ってみたい人は
ワークショップで

Cartonでは、実際に財布や定期入れを制作できる「ワークショプ」も開催している模様。特別なスキルは必要なく、簡単な切り貼りだけで作れるようなので、興味のある人はぜひ挑戦してみてはどうだろうか。

最後に
コンセプトムービーも
見てほしい。

Licensed material used with permission by Carton
僕が愛用している〈MINIMALIGHT(ミニマライト)〉の「PLAY WALLET」です。コンパクトなのに使いやすい。本当にスゴイ財布です。
現在、「Kickstarter」にて「Ekster」とトラッカーのセットが78ドル(約8,700円)。来年3月に届く予定です。
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
ついつい、かさばってしまうのが財布。油断していると分厚く膨らんでしまうのは、お決まりのパターン。だから、ずっと、こんな財布を探していた。その名は「Slim...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
「abrAsus(アブラサス)」は、999円分の小銭が収納できて、しかも薄い。これはコインとカードの収納部が重ならない構造によるもので、薄さを追求しつつも...
もしも小さな子どもが、お財布を落とした人を見かけたら?どういう行動をするでしょうか。ここからは、日本赤十字社が制作した「いいことできるかな」という実験動画...
なるべくコンパクトで、でも紙幣もカードも小銭も十分収納できて、中身が取り出しやすくて、防犯対策もバッチリで…。「そんな財布をみんな探しているけど、中々ない...
クレジットカードにポイントカード、免許証に保険証…。良くも悪くもカード社会の現代では、財布がパンパンになりがち。それをスーツの胸ポケットに入れる男性も多い...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
私がこれまで800人以上の財布を見てきてわかったのは、財布にはその人のお金に対する考え方や態度が如実に表れる、ということでした。財布の煩雑さはそのまま人を...
かさばるのはイヤ!持ち物は少ない方がいい。そんなあなたに、もってこいの財布をご紹介します。ポケットにいれたのを忘れるほどの“極薄財布” オーストラリア生ま...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
このショートフィルムに登場するボクも彼女も、すべて段ボールでできています。しかも一切のセリフがない。だからこそ、無機質なはずの段ボールが、こんなにも多くの...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
小銭入れを開けたはいいが、なかなかお目当てのコインが見つからないーーなんて経験は誰にでもあるはず。これは、そんなちょっとした不便さを解消してくれるアイテム...
ウェットスーツの素材を使った財布「SWALLET(スウォレット)」。カリフォルニアのサーファー達の間で人気らしく、陽気なカラーリングがたしかに西海岸のノリです。
「Kickstarter」でクラウドファンディングを開始してから、たかだか1日半で目標金額の10倍の調達に成功。これまでに多くのアイテムを記事化してきまし...
落とし物が戻ってきただけでなく、中に入っていたお金が増えたという珍しい話がアメリカで話題に。しかも、親切なことに心がこもった手紙つき。
ここで紹介するのは、スマホで写真を撮るときの悩みを解決してくれるアイテム。カードタイプで財布に忍ばせておけるので、カンタンに綺麗な夜景を撮影することもでき...
「スマホの充電ケーブル」ってゴチャゴチャしがち。でも、これからは財布や定期入れに収納しちゃいましょう。どうやるかって?これを使うんです。携帯性をとことん追...
〈meanswhile(ミーンズワイル)〉の「マネークリップ ウォレット」。薄さ1cmで、Tシャツの胸ポケットに入るぐらいコンパクト。そして、名前の通りコ...
フィンランドでは、妊娠4ヵ月を迎えた家庭にふたつの選択肢が与えられます。ひとつは育児給付金を受け取ること。もう一方は、ベイビー・ボックスという段ボール箱を...