世界中で拾った段ボールが、財布として生まれ変わる「Carton」って?

あなたは「段ボール」にどんなイメージを持っているだろうか?

丈夫で使い勝手が良いと考える人もいれば、道端に捨ててある光景から、「不潔なもの」「ゴミ」という印象を抱いている人もいるかもしれない。

ここで紹介する「Carton(カルトン)」は、後者のようなネガティブなイメージを変え、その素晴らしさを再認識してもらうためのプロジェクトだ。

不要なものから
「大切なもの」へ。

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

段ボールには「ストーリー」がある。遠い海の向こうで、どんな思いでモノが詰められ、どんな経緯で運ばれ、そして捨てられるのか──。

一つひとつの箱が持つ物語に思いを馳せながら、世界中の段ボールを拾い集めている島津冬樹氏が、それらを身近なアイテムに加工する取り組みが「Carton」である。

メインとなるのは以下のような財布やカードケース。思わず心をくすぐられるアイテムが揃っている。

01.
Surf

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

-Coin & Card Wallet of Cardboard-
Model 2016
サイズ:11.5cm x 7cm
価格:4,000円(税別)

02.
Long

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

-Long Wallet of Cardboard-
Model 2015
サイズ:9cm x 19cm
価格:10,000円(税別)

03.
Liner

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

-Folding Wallet of Cardboard-
Model 2016
サイズ:9cm x 12cm
価格:7,000円(税別)

04.
Ducky

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

-Card Wallet of Cardboard-
Model 2016
サイズ:9cm x 6cm
価格:2,000円(税別)

05.
Raft

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

-Business Card Wallet of Cardboard-
Model 2014
サイズ:6.5cm x 10.5cm
価格:3,000円(税別)

06.
Tag

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

-Coin Wallet of Cardboard-
Model 2016
サイズ:9cm x 5cm
価格:2,500円(税別)

07.
Barracks

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

-Passport Case-
Model 2016
サイズ:12.5cm x 10cm
価格:3,000円(税別)

それぞれのコレクションを、より詳しくチェックしたい人はコチラ

これらに使用する段ボールは
世界20ヵ国以上から

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

Cartonの財布には、20ヵ国以上で拾い集めた段ボールが用いられているのだそう。

ロシア

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

イスラエル

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

メキシコ

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

カンボジア

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

チェコ

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

UAE

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

香港

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

段ボールは万国共通のツール。だが、デザインや材質が国によって異なるのがよく分かる。

実際に作ってみたい人は
ワークショップで

世界中で拾った段ボール 財布「Carton」世界中で拾った段ボール 財布「Carton」

Cartonでは、実際に財布や定期入れを制作できる「ワークショプ」も開催している模様。特別なスキルは必要なく、簡単な切り貼りだけで作れるようなので、興味のある人はぜひ挑戦してみてはどうだろうか。

最後に
コンセプトムービーも
見てほしい。

Licensed material used with permission by Carton
僕が愛用している〈MINIMALIGHT(ミニマライト)〉の「PLAY WALLET」です。コンパクトなのに使いやすい。本当にスゴイ財布です。
現在、「Kickstarter」にて「Ekster」とトラッカーのセットが78ドル(約8,700円)。来年3月に届く予定です。
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
ついつい、かさばってしまうのが財布。油断していると分厚く膨らんでしまうのは、お決まりのパターン。だから、ずっと、こんな財布を探していた。その名は「Slim...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
「abrAsus(アブラサス)」は、999円分の小銭が収納できて、しかも薄い。これはコインとカードの収納部が重ならない構造によるもので、薄さを追求しつつも...
なるべくコンパクトで、でも紙幣もカードも小銭も十分収納できて、中身が取り出しやすくて、防犯対策もバッチリで…。「そんな財布をみんな探しているけど、中々ない...
もしも小さな子どもが、お財布を落とした人を見かけたら?どういう行動をするでしょうか。ここからは、日本赤十字社が制作した「いいことできるかな」という実験動画...
年に1回使うか使わないかのパスポートケースですが、これは365日使いたい。
クレジットカードにポイントカード、免許証に保険証…。良くも悪くもカード社会の現代では、財布がパンパンになりがち。それをスーツの胸ポケットに入れる男性も多い...
米国で医療品などの安全性を管理・監督する機関「アメリカ食品医薬品局(FDA)」がADHDの治療効果があると認めた、初めてのゲーム。とくに注意力改善に役立つ...
私がこれまで800人以上の財布を見てきてわかったのは、財布にはその人のお金に対する考え方や態度が如実に表れる、ということでした。財布の煩雑さはそのまま人を...
このショートフィルムに登場するボクも彼女も、すべて段ボールでできています。しかも一切のセリフがない。だからこそ、無機質なはずの段ボールが、こんなにも多くの...
かさばるのはイヤ!持ち物は少ない方がいい。そんなあなたに、もってこいの財布をご紹介します。ポケットにいれたのを忘れるほどの“極薄財布” オーストラリア生ま...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
2007年より世界各国で展示され、14年間で1000万人以上の来場者を達成した「アートアクアリウム」が、常設の美術館となって8月、東京・日本橋にオープン。...
昨日から、「東京スカイツリータウン」と「すみだ水族館」にて夏の風情を感じられるコンテンツ「未来につなぐバーチャル花火」がスタート。
小銭入れを開けたはいいが、なかなかお目当てのコインが見つからないーーなんて経験は誰にでもあるはず。これは、そんなちょっとした不便さを解消してくれるアイテム...
ウェットスーツの素材を使った財布「SWALLET(スウォレット)」。カリフォルニアのサーファー達の間で人気らしく、陽気なカラーリングがたしかに西海岸のノリです。
ここで紹介するのは、スマホで写真を撮るときの悩みを解決してくれるアイテム。カードタイプで財布に忍ばせておけるので、カンタンに綺麗な夜景を撮影することもでき...
落とし物が戻ってきただけでなく、中に入っていたお金が増えたという珍しい話がアメリカで話題に。しかも、親切なことに心がこもった手紙つき。
※本記事(2016年11月12日に公開)で紹介している財布「KIN」に関して、2019年5月28日現在、多くのバッカー(支援者)から商品が届いていないとい...
仮想通貨を稼ぐ(マイニング)際にコンピューターから出る熱を利用して、部屋を暖めるヒーターがパリに登場しました。すでに市内6つのビルに設置されており、スマホ...