結婚式に招待したのは…ラマとアルパカ!?

結婚式に誰を呼ぶかって、きっと誰でも迷うもの。友だちをたくさん招いて大きなパーティもよし、身内だけでしっぽり祝福するもよし。

でもせっかくの晴れの舞台、どうせなら思いっきりハッピーな場にしたい。それなら、こんなオプションはいかがでしょう。

ラマとアルパカを
招待しちゃいました

意気揚々と正装して参列しているのは…ラマとアルパカ!?

Photo by Kim Smith-Miller Photography

こんな参列者がいたら、癒やしであふれたウエディングになりそうです。でも一体、どうやったら彼らを招くことができるんでしょう。

結婚式にアルパカやラマを派遣しているのは、アメリカの「RojoTheLlama」というアニマルセラピーの活動をしている会社。

この子たちは元々、老人ホームや子ども病院などに派遣されていました。ある日彼らに「おめかし」させてSNSにアップしたところ、「ぜひお祝いの場にも来てほしい!」と、問い合わせが殺到したんだそう。

きちんと訓練されているため、人間慣れしていて大人しく、結婚式を静かに祝福してくれます。

ふたりの門出を
祝福するよ!

気になるその費用は、1頭につき初期費用が200ドル(約2万3千円)で、1~2時間ごとに300ドル(約3万4千円)が加算。式場までの動物たちの移動距離によっても、価格は変動します。なかなかなお値段です。

残念ながら、日本はサービス対象外だそうですが…ちょっと羨ましい?びっくりゲストです。

Licensed material used with permission by Rojo The Llama, (Instagram), (Facebook)
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
ラマダンとは、五行六信のうちのひとつである断食をおこなう月で、ムスリムにとっては一大行事。食べないことは辛くないのか?など、ムスリムのラハマリア・アウファ...
世界中のイスラム教徒たちが、1ヶ月のあいだ、一切の飲食を絶つ「ラマダン」。今まさにその最中ですが、人々は断食の前(正確に言うと日の出前)何を口にしているの...
“自分たちらしさ”を追求して張り切りすぎたあまり、結婚式前にゲストが出席しないかも、という問題を抱えてしまった新郎新婦。2人は共に数学者でした。数学が絡む...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第四弾は、まるでたんぽぽの綿毛のような見た目の「置き型風鈴」。かわいい見た目もさることながら...
フレキシブルな対応でサウスウエスト航空が結婚式を救いました。
パートナーの浮気を結婚式前夜に知ったCaseyさん。「Whimn」というサイトに自身の経験をコラムとしてまとめています。
160人のゲストを招いて教会でおこなう予定だったアメリカ・ミシガン州に住むあるカップルの結婚式は、新型コロナウイルスの影響で大規模な開催が不可能に。しかし...
オーストリアで「Siri」と「Alexa」の結婚式が挙げられました。多くの人に見守られながら、誓いの言葉を述べ、2人は“婦婦”と認められることに。AI同士...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
「成田空港」の「オンライン見学ツアー」が今月22日(土)に開催。現在、申し込みを受付中だ。
多様な結婚式に参列するにあたり「何を着たらいいのかわからない」と悩む女性たちへ向けたオンラインサービス「BEAMS SALON(ビームス サロン)」が今週...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
「株式会社ユーグラッド」運営の「Favio wedding movie」が手掛ける、“挙げる”ではなく“動画を配信する”タイプの新たな結婚式のカタチ「WE...
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
応援購入サービス「Makuake」で販売中のスニーカー「EUYEN」。紐なしのニットアッパーとアーシーな色合いがどんなコーディネートにもハマるこの一足は、...
何かと便利な部分も多いリモートワークではあるが、ついつい家に引きこもりがちになるなんてことも。もしこのまま今の生活を続けると、一体人間はどんな姿になるのだ...
「星野リゾート」と「CRAYZY WEDDING」が共同で提案するプラン「IWAI旅」は、結婚式をおこなわない”ナシ婚派”のあなたにオススメしたい、新しい...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
ダライ・ラマ14世が「戦争の現実性」について語った、言葉があります。人種や宗教を超えた“世界平和”実現に向けて、いま一人ひとりが何をすべきなのか?世界を行...
7月6日に85歳を迎えるダライ・ラマ14世が、同日、デビューアルバム『Inner Wrold』をリリースすると発表した。チベット仏教のマントラやチャント(...
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第八回のテーマは「結婚式の意味」です。
2017年9月、アメリカ南部を中心に猛威をふるったハリケーン「イルマ」の被害に遭い、大切な結婚式を中止にせざるを得なかったカップルがいます。けれど二人はそ...