イスラム教の信仰とは? ラマダンや礼拝、ヒジャブ……様々な意義を紹介

ムスリムの生活について、もっと知りたい!!

イスラム教を信仰する人たちのライフスタイルに興味を持ち始めたのは、世界に19億人もイスラム教徒がいると知った上で「それにもかかわらず、彼らのことを全然知らない」と思ってから。

そこで、東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに協力していただき、お話を聞くことに。もちろん、彼女もイスラム教を信仰するひとりだ。

ラハマリア・アウファ・ヤジッド

インドネシア人の両親をもつ、東京都出身のクリエイター。ヒジャブを使ったモデストファッションを提案し、東京らしいセンスを取り入れたメイクやファッションをInstagramを中心に発信している。スタイリングアドバイザーとしても活躍中。

【Instagram】https://www.instagram.com/aufatokyo/

イスラム教の信仰とは?

こんにちは、アウファです。

イスラム教については、「豚を食べない」「お酒を飲まない」「女性は髪を隠す」ということがとても有名ですね。

イスラム教は戒律だらけで、複雑だと思われがち。

その世界観をざっくり説明すると「生きている間は善行を積んで、神様を想って、天国を目指す」です。

死後に天国へ行くために、今のこの世界、つまりは現世で頑張ります。現世は一時的な住まいがあるだけで、私たちは来世こそが本当の世界だと信じている。天国を目指すための生き方のルールや教えは、神様の言葉としてクルアーンに書かれています。

礼拝をしたり、断食をしたり、運命を信じたり……いわゆる五行六信が“イスラム的生き方”の基本ルール。でも、神様は人それぞれに異なった人生の筋書きを用意しているから、人それぞれが人生という物語を生き進めるなかで、自分なりに神様の教えを完成させていくのです。

例えるなら、誰もが映画の主人公みたいなもの。善い人を演じれば死後に天国へ、悪役なら地獄へ──。

そんなムスリムたちが、普段どんな想いを抱いて生きているのかはあまり聞いたことがないと思うので、なかなか新鮮な興味深い話をできるんじゃないかな?

結構、印象が変わると思いますよ、いい意味でね。

 

Vol.1 ヒジャブの役割について

↓↓ CLICK ↓↓

 

Vol.2 ムスリムの食事情について

↓↓ CLICK ↓↓

 

Vol.3 ラマダンの意義について

↓↓ CLICK ↓↓

 

Vol.4 ムスリムの恋愛観について

↓↓ CLICK ↓↓

 

Vol.5 礼拝の立ち位置について

↓↓ CLICK ↓↓

 

Vol.6 失敗への向き合い方について

↓↓ CLICK ↓↓

 

Vol.7 制限に対する葛藤について

↓↓ CLICK ↓↓

 

Vol.8 死を意識する理由について

↓↓ CLICK ↓↓

 

Vol.9 神様の存在について

↓↓ CLICK ↓↓

Top image: © ラハマリア・アウファ・ヤジッド
ラマダンとは、五行六信のうちのひとつである断食をおこなう月で、ムスリムにとっては一大行事。食べないことは辛くないのか?など、ムスリムのラハマリア・アウファ...
ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
ムスリムにとっての礼拝とは、定められた時間におこなう1日5回の義務。“心の食事”のようなものと語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なこと...
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
イスラム教徒(ムスリム)にとって、「『豚を食べない』『お酒を飲まない』は壮大な人生におけるほんの一部でしかなく、とても小さいもの」です。
ムスリムの恋愛観とは?「人を愛することはイスラムではとても美しいこととされています」と語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なことを聞いてみた。
世界中のイスラム教徒たちが、1ヶ月のあいだ、一切の飲食を絶つ「ラマダン」。今まさにその最中ですが、人々は断食の前(正確に言うと日の出前)何を口にしているの...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
ムスリムにとって「神様(アッラー)」はどんな存在? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、イスラム教徒の神様についての話。
フランス生まれのウルトラモバイル火おこしギア「SuncaseGear」。太陽光をエネルギーに素早く着火。ゴミを出さず、環境にも優しい。
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
イスラム教徒(ムスリム)にとって「死」とは? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、ムスリム流の生と死の考え方。
イスラム教徒(ムスリム)は「与えられた環境において善行を積む最大限の努力をして、どんな結果になろうと感謝さえ忘れなければ、たとえそれが他人からみて失敗だと...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
食と礼拝の不安がない、イスラム教徒が安心して泊まれる宿泊施設「Jesly Villa Tokyo」は9月10日オープン。
東京の花火業者「丸玉屋」が制作した、文句なし!360度大迫力の花火映像。本来なら保安上、花火師にしか許されない「打ち上げ地点真下」からの貴重な花火体験も!
コンセプトは“はたらく人のための「夢中になれる場所」”というビジネス利用を意識した「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」が7月30日にオープン。
アスレジャーの波は、ムスリムたちにも届いている。「UNDER-RÂPT」は速乾性に優れた機能性素材を使ったスポーツ用ヒジャブなどを製造し、動きやすさも追求...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
Nor Dianaさん(リングネーム:Phoenix)は、マレーシア出身のヒジャブを被るプロレスラー。2019年7月6日には、男子プロレスラーも参加する同...
12月10日、「NIKE」が女性のためのコレクション「ナイキ・ヴィクトリー・スイム・コレクション」を発表した。特筆すべきは水泳用ヒジャブウェアが販売される点だ。
Stephanieさんはシドニーで生まれた、現在16歳の女性。ヒジャブを被ったバレリーナとして知られている。