マレーシア最強の「ヒジャブを被るプロレスラー」

Nor Dianaさん(リングネーム:Phoenix)は、マレーシア出身のヒジャブを被るプロレスラー。2019年7月6日には、男子プロレスラーも参加する同国最大のプロレス大会「Wrestlecon Champion」で優勝している。つまり、彼女こそがマレーシア最強ということだ。

想像に難くないが、No.1の称号を手にするまでの道のりはかなり険しいものだった。

男女におけるフィジカル(筋力)の差は決して小さくない。さらに、マレーシアのプロレス界は、いまだ男性優位主義が根付いている。加えて、Nor Dianaさんはムスリムだ。たくさんの否定的な意見にさらされながらも、諦めることなく鍛錬を積み、2015年にプロレスラーとしてデビュー。

当初はファンの目線を気にして、ヒジャブを隠すようにマスクを被っていた。心ない声を聞きすぎるあまり、自身のアイデンティティーがトラウマになっていたのかもしれない。

転機は2018年12月におこなわれた試合で訪れる。Phoenixに伝えられたのは“負けたらマスクを外す”というシナリオ。そして、試合に破れたため、彼女はリング上でマスクの下に被っていたヒジャブをあらわにした。

バッシングを受けるかもしれないと考えていたとのことだが、ファンは予想と違う反応を見せ、称賛の声と拍手を送ったそうだ。彼女は嬉しさのあまりに、リング上で涙を流した。

「これは終わりではなく始まりです」とInstagramの投稿でも語っているように、Phoenixはヒジャブを被っていることを誇りに持ちながら戦うようになった。

現在も彼女......いやマレーシア最強のプロレスラー・Phoenixは、性別を超え、ムスリムの希望として国民たちから熱烈な声援を受けてリングに立っている。

Top image: © @nordianapw
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
マレーシアのペナン・ジョージタウンにある高層ビル「コムタ」。ここで紹介するのは65階部分でおこなわれている、自信を超えるというのをコンセプトにした6つのア...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...
マレーシアのマラッカ市に、リンギットの利用を廃止する都市が誕生します。代わりとなるのが仮想通貨「DMI」です。
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
9月5日、マレーシアの「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」がアパレルを販売する。同国に拠点を置くアパレルブランド「Pestle & Mortar Cl...
マレーシア・クアラルンプールの住宅街に一際目立つ家があります。コンクリートのファサードは鉢の役割も担っていて、40種類以上もの植物が植えられています。住人...
ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
マレーシア・クアラルンプールのショッピングモール「Fahrenheit 88」内に、8月末オープンした「セルフィー・ミュージアム」。インスタ映えを狙ったス...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
Stephanieさんはシドニーで生まれた、現在16歳の女性。ヒジャブを被ったバレリーナとして知られている。
アスレジャーの波は、ムスリムたちにも届いている。「UNDER-RÂPT」は速乾性に優れた機能性素材を使ったスポーツ用ヒジャブなどを製造し、動きやすさも追求...
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
世界で現在、爆発的な感染流行をみせているエボラ出血熱。その致死率も話題となっているが、既に悪名高いマラリアも、実はそれに劣らない危険な疫病だ。マラリアは主...
マレーシアで愛される鍋料理「スチームボート」。
不平等な社会を訴えるべく、フォトグラファーMarinka Masséusとイラン女性たちは、「自由を表現する写真」と「鮮烈なメッセージ」を発信しています。
マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
生まれつき全身にホクロがあるEvita Delmundo(20)さんは、見た目が原因でいじめを受けていました。これまでずっと自分に自信がなかったということ...