マレーシア最強の「ヒジャブを被るプロレスラー」

Nor Dianaさん(リングネーム:Phoenix)は、マレーシア出身のヒジャブを被るプロレスラー。2019年7月6日には、男子プロレスラーも参加する同国最大のプロレス大会「Wrestlecon Champion」で優勝している。つまり、彼女こそがマレーシア最強ということだ。

想像に難くないが、No.1の称号を手にするまでの道のりはかなり険しいものだった。

男女におけるフィジカル(筋力)の差は決して小さくない。さらに、マレーシアのプロレス界は、いまだ男性優位主義が根付いている。加えて、Nor Dianaさんはムスリムだ。たくさんの否定的な意見にさらされながらも、諦めることなく鍛錬を積み、2015年にプロレスラーとしてデビュー。

当初はファンの目線を気にして、ヒジャブを隠すようにマスクを被っていた。心ない声を聞きすぎるあまり、自身のアイデンティティーがトラウマになっていたのかもしれない。

転機は2018年12月におこなわれた試合で訪れる。Phoenixに伝えられたのは“負けたらマスクを外す”というシナリオ。そして、試合に破れたため、彼女はリング上でマスクの下に被っていたヒジャブをあらわにした。

バッシングを受けるかもしれないと考えていたとのことだが、ファンは予想と違う反応を見せ、称賛の声と拍手を送ったそうだ。彼女は嬉しさのあまりに、リング上で涙を流した。

「これは終わりではなく始まりです」とInstagramの投稿でも語っているように、Phoenixはヒジャブを被っていることを誇りに持ちながら戦うようになった。

現在も彼女......いやマレーシア最強のプロレスラー・Phoenixは、性別を超え、ムスリムの希望として国民たちから熱烈な声援を受けてリングに立っている。

Top image: © @nordianapw
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
マレーシアのペナン・ジョージタウンにある高層ビル「コムタ」。ここで紹介するのは65階部分でおこなわれている、自信を超えるというのをコンセプトにした6つのア...
マレーシアのマラッカ市に、リンギットの利用を廃止する都市が誕生します。代わりとなるのが仮想通貨「DMI」です。
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...