マレーシアで無国籍の子どもが生まれる理由

マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。正確な数字は誰も分かりません。何万と言われることもあれば、何十万と言われることも。法的には存在しない人々なので、政府やNGOのデータに載っていないのです。

なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?

その理由をご説明します。

©Tatsuro Siraisi

本題に入る前に、ちょっと自己紹介を。僕は、マレーシア・サバ州にある「Nana School」という学校で、1年間先生をやっていました。生徒は無国籍の子どもたちです。以前「World Topics」で公開されたこの記事を読んで、原稿を書いています。

 

マレーシアといえば、クアラルンプールを思い浮かべる人が多いかもしれません。夜景は印象的ですよね。

この摩天楼をつくることができるのも急速な経済成長のおかげです。事実、政府は経済面などで先進国入りするぞ!と、かなり意気込んでいます。

ですが、今まさに問題となっているのが人手不足。マレーシアという国全体で、その成長を支える人材が足りていないんですね。

 

そこで重宝されるのが不法移民。マレーシアが抱える人手不足問題とは切っても切れない関係にあります。

僕が滞在していたサバ州にもフィリピン系の移民がたくさん暮らしています。彼らの中には、正式な手続きをしないで入国している人もいます。高い賃金を求めて海を渡っているのです。出稼ぎってやつですね。

そして、ゼネコンは安い労働力として、見て見ぬ振りをしながら彼らを雇うこともあるのです。

マレーシアには不法に入国した人ばかりでなく、1960年代からフィリピン南部のミンダナオ島で続く内戦から逃げてきた人もいます。難民といえば分かりやすいかもしれませんが、彼らも残念なことにマレーシアでは不法移民として考えられています。

 

冒頭にお伝えした、法的に存在しない無国籍の子どもたちが生まれてしまう理由ももうおわかりですよね。それは不法移民の子どもだから。

両親がマレーシアに不法滞在しているため、出生登録ができないんです。

他の国や地域に目を向ければ異なるさまざまな理由がありますが、ことマレーシアにおいては前述の通り。

 

僕は誰が悪いのか?という責任を明確したいわけじゃありません。ありのままの現状を知ってほしいのです。マレーシアは人手不足に苦しんでいて、不法移民が暮らしている。さらに、無国籍の子どもたちがいる。これらを伝えたい。ただそれだけが、この原稿を書くにいたった理由なんです。

Top image: © Tatsuro Siraisi

無国籍の子どもたちの暮らし方についてはコチラ。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
マレーシアのペナン・ジョージタウンにある高層ビル「コムタ」。ここで紹介するのは65階部分でおこなわれている、自信を超えるというのをコンセプトにした6つのア...
マレーシアのマラッカ市に、リンギットの利用を廃止する都市が誕生します。代わりとなるのが仮想通貨「DMI」です。
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
Nor Dianaさん(リングネーム:Phoenix)は、マレーシア出身のヒジャブを被るプロレスラー。2019年7月6日には、男子プロレスラーも参加する同...
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...
9月5日、マレーシアの「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」がアパレルを販売する。同国に拠点を置くアパレルブランド「Pestle & Mortar Cl...
新型コロナウイルスによる感染拡大予防のため、「一家でひとり」の外出が許された3月のマレーシア。ママのメモ書きを手にスーパーへと向かうパパたち。ところが……。
マレーシア・クアラルンプールの住宅街に一際目立つ家があります。コンクリートのファサードは鉢の役割も担っていて、40種類以上もの植物が植えられています。住人...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
マレーシア・クアラルンプールのショッピングモール「Fahrenheit 88」内に、8月末オープンした「セルフィー・ミュージアム」。インスタ映えを狙ったス...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
一見「デコレーションケーキ」、解凍すると「パスタ」に大変身する商品「Decopa」。監修は、ヒルトンやシェラトンなどで経験を積んだ本格フレンチシェフ・井川...
食事への集中を妨げる主要因となっているスマートフォンを手放し、食事と向き合うことをサポートする「バランス皿」。
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
東洋の真珠と謳われるマレーシア・ペナン島。東南アジア有数のリゾートアイランド南部に人工島造成の計画が。
世界で現在、爆発的な感染流行をみせているエボラ出血熱。その致死率も話題となっているが、既に悪名高いマラリアも、実はそれに劣らない危険な疫病だ。マラリアは主...
親が出稼ぎで海外へ行ってしまい、離れ離れになった寂しさなどから精神的に苦しむ子どもが35万人もいるといわれるルーマニア。そんな国から生まれたアプリがありま...
マレーシアで愛される鍋料理「スチームボート」。