マレーシアの法的に存在しない子どもの暮らし方

マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。

彼らは法的には存在しない人々。だから、警察などの目から隠れるためにジャングルの中で生活を送っています。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。

©Tatsuro Siraisi

原稿を書いている僕は、マレーシア・サバ州にある無国籍の子どもたちのための学校「Nana School」で、1年間先生をやっていました。

この学校は地元の教会から支援を受けていて、ボランティアによるサポートで成り立っています。だいたい200人の子どもが勉強をする場所です。

政府に認められているわけではなく、カリキュラムはありません。教科書もこの学校独自につくったお手製のもので、僕が宿題用の問題を考えることもありました。

大変なことに思われるかもしれませんが、この学校の先生はやりがいのある仕事でした。子どもたちは学習意欲にあふれているし、とにかく知らない知識を得られる勉強を楽しんでくれるのだから。

……と自分の話をしてしまいましたが、本当に知ってほしいのは子どもたちについて。

 

彼らの親のほとんどは建築現場などで不法就労をする正式な手続きをせずに入国した不法移民。そのため、子どもたちもマレーシア政府に知られていない、無国籍者となります。

学校の生徒にTonyという7歳の男の子がいました。彼は法的には世の中に存在しません。

マレー語を話すことができましたが、読み書きはできません。でも、学校が大好きで、いつも勉強をしていて、いろんな質問をしてきました。「少し黙ってよ!」なんて冗談も返しながら、マレー語の読み書きだけでなく算数や英語を彼に教えていました。

短時間でどんどんと成長していったTonyですが、突然、村を出て行くことに。両親が仕事を見つけるため、違う村に移動することにしたのです。

 

Tonyのような子は他にもたくさんいます。勉強を続けたくても、両親が定職に就けないのでいろんな村を移動して暮らさなければいけないから。

そして、そんな彼らが大人になると、現状のマレーシアでは両親と同じ選択を迫られる時がくるのです。それが、2019年のいまも起きている現実です。

Top image: © Tatsuro Siraisi

無国籍の子どもが生まれる理由についてはコチラ。

サウジアラビアでは、男性側に離婚の意思があり手続きを済ませれば離婚が成立。そのため、女性側は離婚に気づかないケースも。この状況を改善しようと、男性側が離婚...
「こんなオイシイ仕事あるの?」と思うような求人情報が話題となっています。採用された人は、仕事始めと終わりにスウェーデン・ヨーテボリの駅「Korsvägen...
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
パリの主要ターミナル駅のひとつ、リヨン駅。ここから少し歩いたところにあるクレミュー通りに暮らす住民が苦情を申し立てています。
Hamid Ansariさんは、ある日Facebookを介して出会った女性に恋をしました。そして、あの手この手でパキスタンに不法入国。その後、約6年間のム...
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
ひとりの男性が警察署に足を運び、「とあるオンナに心を奪われてしまった。オレの心を取り戻してほしい」と報告したそう。
NASAとESA(欧州宇宙機)が研究目的である募集をかけています。これ、金額だけ見ると割がよすぎて話題となっているんですが、約2ヵ月の間、ずっとベッドの上...
「世界一高いホテルのスイートルームのひとつ」と報じられているのは、ラスベガスのパームズ カジノ リゾートに新しくできた一室。宿泊料金は1泊なんと10万ドル...
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
マレーシア・クアラルンプールの住宅街に一際目立つ家があります。コンクリートのファサードは鉢の役割も担っていて、40種類以上もの植物が植えられています。住人...
コロンビアに位置する世界で一番人口密度の高い島『イスロテ島(正式名称:サンタ・クルス・デル・イスロテ)』。野球場くらいの敷地面積に97軒もの住宅がひしめき...
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
Urban Outfittersが販売しているハロウィンコスチュームの1つには、皮肉がたっぷりと込められています。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
マレーシアのペナン・ジョージタウンにある高層ビル「コムタ」。ここで紹介するのは65階部分でおこなわれている、自信を超えるというのをコンセプトにした6つのア...
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...
マレーシア・クアラルンプールのショッピングモール「Fahrenheit 88」内に、8月末オープンした「セルフィー・ミュージアム」。インスタ映えを狙ったス...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
世界で現在、爆発的な感染流行をみせているエボラ出血熱。その致死率も話題となっているが、既に悪名高いマラリアも、実はそれに劣らない危険な疫病だ。マラリアは主...
マレーシアで愛される鍋料理「スチームボート」。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
日本人の私たちからすれば、お米は水で炊くのが常識。ですが、赤道付近の南洋諸島では、だいぶ勝手が違うようです。水の量を減らしてそこに加えるのは、なんとココナ...
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...
朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える、仕事へ行く。毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、習慣化していたら考えずにす...
コワーキングスペースのイメージが強いWeWork。2018年秋、ニューヨークシティのチェルシー地区に「WeGrow」という小学校を設立しました。