国籍を持たない子どもが集う場所――マレーシアの小学校

ここで紹介する小学校があるのは、マレーシア。とは言ってもクアラルンプールなどがあるマレー半島ではなく、ボルネオ島北部のコタキナバルが属するサバ州に位置しています。「Etania Green School」という名前で、国籍を持たない子どもたちのための小学校です。

地理的にインドネシアからの不法移民が多く、彼らはマレーシア国民だと認められていないため、小学校に通うのが難しいのです。

でも、国境を越えたことに無関係な子どもが勉強できないのはおかしい。

そこで、誰もが勉強ができる場所を創りだすために、小学校を建設しました。協力したのは、ホームレスの人々を助けているNPO「billionBricks」とインドに拠点を置く建築事務所「Architecture BRIO」。ちなみに、大元のプロジェクトにはハーバード・ビジネス・スクールも関わっています。

小学校の真横に氾濫しやすい川もあることから、地上部分は水が通り抜けるような設計に。子どもたちは2階で勉強をします。これで安全は確保できるってわけです。

教育へのアクセスは平等であるべきだ。社会的地位なんて気にもかけない想いが伝わってくるマレーシアの小学校です。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
コワーキングスペースのイメージが強いWeWork。2018年秋、ニューヨークシティのチェルシー地区に「WeGrow」という小学校を設立しました。
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...