ローカルスイーツも食べられる、マレーシアの「セルフィー・ミュージアム」

マレーシア・クアラルンプールのショッピングモール「Fahrenheit 88」内に、8月31日オープンした「セルフィー・ミュージアム」。インスタ映えを狙ったスポットは日本にもありますが、ここは写真を撮るだけではなくスイーツも食べられる特典付きなんです♪

施設内では、“マシュマロ”がそこらじゅうにある部屋やネオンライト付きのバスルームでお姫様気分になれる部屋など、9つのセルフィールームで撮影できます。

バナナルームでは、イエローのカラーボールの“海”にダイブ。童心に帰って思い切り遊んじゃえ!ひとしきりはしゃいだ後は、お腹も空くでしょう。用意されたマシュマロやカップケーキがいつもより美味しく感じるかもしれません。ローカルスイーツもあるらしいですよ。

2019年2月まで、期間限定のオープンです。それまでクアラルンプールに行く機会がある人は、目的地のひとつとして考えてみては?

マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
世界で現在、爆発的な感染流行をみせているエボラ出血熱。その致死率も話題となっているが、既に悪名高いマラリアも、実はそれに劣らない危険な疫病だ。マラリアは主...
マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
すべては、極上のシメのため。コタキナバルの「蒸し鍋」について。
日本人の私たちからすれば、お米は水で炊くのが常識。ですが、赤道付近の南洋諸島では、だいぶ勝手が違うようです。水の量を減らしてそこに加えるのは、なんとココナ...
マレーシアで愛される鍋料理「スチームボート」。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
生まれつき全身にホクロがあるEvita Delmundo(20)さんは、見た目が原因でいじめを受けていました。これまでずっと自分に自信がなかったということ...
この言葉はフィルター加工をした写真の自分になるために整形をしたいと考える症状を表します。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
普段から、何気なく口にしている食べ物たちの声なき声が聞こえてきそう。キッチュなイラストを描いたのは、マレーシア在住のイラストレーターChow Hon La...
キャラ弁ならぬ、「キャラプレート」で話題のサマンサ・リーさん。彼女は2人の娘を持つマレーシア在住のママで、Instagramのフォロワーはなんと世界中に7...
「だまし絵を作るのが昔から好きなんだ。見た人は、その絵の意味をいろいろと考えるでしょ?普段の生活の中で、私たちは一つの視点だけでものごとを見がちだけど、世...
世の中にあるのは、敷居が高くてアカデミックなミュージアムばかりではありません。世界各地に、目を疑いたくなるような「ナゼ?ナニ?」を収集、展示したヘンテコな...
現時点ではあくまでも構想段階だが、将来的にはとんでもない「高層マンション」が登場する可能性がある。そう聞くと、多くの人は「高さ」にフォーカスしたものだと思...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
これは、マレーシアのイラストレーターYau Hoongさんが描いた絵をもとに、大真面目につくられた「Pi Bike」。ネーミングもド直球です。