なんでいつもポジティブなの? ムスリムに聞いてみた

今、ムスリムは世界に19億人もいると言われている。とはいえ、日本に暮らす僕たちは、まだまだ彼らのライフスタイルを具体的には分かっていない。

そこで、ムスリムとの距離感を縮めるために、東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんにお話を聞くことに。もちろん、彼女もイスラム教を信仰するひとりだ。

これまでにヒジャブの役割ラマダンの意義に関する質問を投げてみたが、その回答で感じていたことがある。なんでムスリムって、いつもポジティブでいられるんだろう?

ということで、第6回目では失敗を経験してもクヨクヨしないワケを聞いてみた。

「失敗に立ち向かう試練は、
神様からのギフト」

©ラハマリア・アウファ・ヤジッド

大前提として、ムスリムはこの世のすべては神様が創り出したものだと考えています。私の人生もそう。

で、成功も失敗も彼の壮大な計画の一部で、すべての出来事には意味があるんです。

まずは失敗について。

仕事がうまくいかなかったり、病気になったり、愛する誰かを亡くしたり……人生には悲しみや苦しみがつきものですが、それらを避けて生きることはできません。仕方ないんです。

ただ人間って、悲しみを知っているからこそ喜びを味わうことができるし、苦しみを経験しているからこそ心の平安に気づける。どんな悲劇や失敗も、その裏にある“当たり前だと思っていた幸せ”を知るために神様が与えてくれた、まぎれもない恵なのです。

だから、あまり落ち込まないし、ズルズルと引きずらない。そして、いつも前向き。

この世がなんの苦しみもなく幸せだけに満ち溢れている場所だったら、きっと私たちは感謝の気持ちを忘れてしまいます。

当たり前なんてものは存在しないのに、幸せの真っ只中にいるとそれを忘れてしまうのが人間。平和ボケしてしまう生き物なんですよ。

自分が手にしているすべてのもの、家族も友人も財産も日常も、すべて神様が与えてくれているものだということを忘れないように、たまには失敗しなければいけないわけです。

例えるなら、失敗に立ち向かう試練というのは神様からのギフトであって、試練がないと人間は成長できないのです。

失敗の反対、成功に関してはこう。

私たちは成功した時や幸せを感じた時に、神様の恩を忘れることなく、我に立ち返って感謝します。お金持ちになるとか、有名になるとか、ムスリムにとっては本当の幸せではないのです。

この世のものはすべて有限で、いつか失われてしまうもの。

人は誰しも老いて死ぬし、必死に積み上げてきた富や名声も、死んでお墓に入れば価値を失って、無意味なものになります。よく聞くことだとは思いますが……。

あの世には、善行以外、何も持っていけません。だから、私たちムスリムにとって本当の成功とは、神様に感謝する人間になることなんです。善行を積むための手段としてなら、お金持ちになったり、有名になったりすることは決して悪いことではないし、それは大切だとも考えられています。

与えられた環境において善行を積む最大限の努力をして、どんな結果になろうと感謝さえ忘れなければ、たとえそれが他人からみて失敗だとしても、それは自分にとっての成功です

「インシャーアッラー」というアラビア語で「もし神様がお望みであるならば」を意味する言葉があります。ムスリムはこの言葉を日常的に使います。

「インシャーアッラー、ご飯を食べる」という目先の行動から、「インシャーアッラー、来週友だちと遊ぶ」「インシャーアッラー、来年はついに30歳だ」なんて未来のことまで……。

“絶対”や“当たり前”なことはなくて、すべて神様の許可のもとで起きているんだということを再認識させる言葉です。

ちなみに、私は就活が思うようにいかなかったのですが、それも神様の計画。面接に通らなくても私が気を楽に過ごせたのは、心の中に神様への感謝の気持ちがあったからだと思います。

失敗を経験していなければ、今の自分はありません。そして、失敗から学んだことはたくさんあります。

どんな出来事や結果でも、神様が私に与えてくれた“最善”で“成功”だから、それに感謝して、次のことに集中できるんです。

ラハマリア・アウファ・ヤジッド

インドネシア人の両親をもつ、東京都出身のクリエイター。ヒジャブを使ったモデストファッションを提案し、東京らしいセンスを取り入れたメイクやファッションをInstagramを中心に発信している。スタイリングアドバイザーとしても活躍中。

【Instagram】https://www.instagram.com/aufatokyo/

 

イスラム教をもっと知る!

↓↓ CLICK ↓↓

Top image: © ラハマリア・アウファ・ヤジッド
イスラム教徒(ムスリム)にとって、「『豚を食べない』『お酒を飲まない』は壮大な人生におけるほんの一部でしかなく、とても小さいもの」です。
ムスリムの恋愛観とは?「人を愛することはイスラムではとても美しいこととされています」と語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なことを聞いてみた。
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
インターネット農学校「The CAMPus」が日本初となる「コンパクト農家の育成」に特化したオンラインスクール「コンパクト農ライフ塾」の第2期生の募集を開...
イスラム教の信仰とは? ヒジャブの役割とは? ハラーフフードの定義とは? ラマダンの意義とは? 礼拝の立ち位置とは? イスラム教徒(ムスリム)のラハマリア...
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
ムスリムにとっての礼拝とは、定められた時間におこなう1日5回の義務。“心の食事”のようなものと語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なこと...
ラマダンとは、五行六信のうちのひとつである断食をおこなう月で、ムスリムにとっては一大行事。食べないことは辛くないのか?など、ムスリムのラハマリア・アウファ...
イスラム教徒(ムスリム)にとって「死」とは? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、ムスリム流の生と死の考え方。
世界初、完全食のチョコレートが誕生した。各種ビタミンやミネラルなど27種類の栄養素をふんだんに使用し、栄養たっぷりの食材ばかりで作られた「andew」は現...
ムスリムにとって「神様(アッラー)」はどんな存在? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、イスラム教徒の神様についての話。
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
アスレジャーの波は、ムスリムたちにも届いている。「UNDER-RÂPT」は速乾性に優れた機能性素材を使ったスポーツ用ヒジャブなどを製造し、動きやすさも追求...
イスラモフォビアに対して、多くの人がアクションを起こしていますが、その中でも際立っているのがHumza Arshadさん。彼がとった行動は、「たくさんの人...
5月16日、NASAが長期間の隔離生活が心身に及ぼす影響を調べるために、ロシア・モスクワでおこなわれる実験の参加者を募集し始めた。これは月や火星への有人飛...
「コールマン」のBBQグリルシリーズの電動ファン付き新モデル「クールスパイダープロ/L ファン」があれば、スマートにBBQを楽しめそう。
食と礼拝の不安がない、イスラム教徒が安心して泊まれる宿泊施設「Jesly Villa Tokyo」は9月10日オープン。
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
ちょっと見慣れないデザインの、パスポートケース。モチーフは、アラベスクなどの美しい幾何学模様や、アフガンストールだったりとイスラム文化を連想させつつ、目新...
10月初旬、一般社団法人「ベジフード協会」(大分市)は、日本初となる「ムスリム自販機」を大分市内の「高崎山自然動物園」内に設置した。
「ハラル」という言葉をご存知でしょうか? アラビア語で「許されている、許可されている」といった意味を持つ言葉で、イスラム教の戒律で認められたものや行動を指...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。