「制限」について、どう考えている? ムスリムに聞いてみた

今、ムスリムは世界に19億人もいると言われている。とはいえ、日本に暮らす僕たちは、まだまだ彼らのライフスタイルを具体的には分かっていない。

そこで、ムスリムとの距離感を縮めるために、東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんにお話を聞くことに。もちろん、彼女もイスラム教を信仰するひとりだ。

これまでにムスリムの恋愛観礼拝について聞いてみて分かったのが、イスラム教の戒律は想像以上に寛容的ということ。とはいえ、制限があるのも事実。率直にどう思っているのだろう?

第7回目では、自分の欲との接し方について教えてもらった。

「信仰が葛藤を、
人生の教材に変えてくれる」

©ラハマリア・アウファ・ヤジッド

イスラム教の戒律は葛藤を生み出すと考えられがちですが、私はむしろ信仰によって身も心も支えられていると思います。イスラム教を信仰しているから葛藤が生まれるわけではありません。

葛藤は信仰がなくても生まれるものだし、信仰は苦しみだらけの葛藤を意味のある“人生の教材”に変えてくれます。

「豚を食べない」「お酒を飲まない」なんて、壮大な人生におけるほんの一部でしかなく、とても小さいもの。

私たちムスリムの考える人生最大の葛藤は、エゴや欲望と向き合うことです。何よりも謙虚さを大切にするから、やっぱり自尊心との戦いは避けられません。

そして、“自分は他人よりも優れているという自尊心は人の心を殺す”と考えられています。自惚れが膨らめば膨らむほど、私たちは神様に対する感謝の気持ちを失ってしまうものなんです。

少しでも自尊心が芽生えたら、垂直関係にある神様を思い出します。自惚れしてしまった自分を悔いて、仕切り直す。そうやって試行錯誤を繰り返しながら、謙虚な人間に成長するわけです。

現世の様々な不都合も神様が用意したもの。それを通して、今まで気づかなかったものに気づいて、理解できなかったことを理解して、生きる意味が何十倍にも膨れ上がって、神様により一層近く。

現実的に考えると、“善人になるんだ!”というモチベーションを維持しながら、常に実行することは難しいです。でも、簡単ではないからこそ、神様は私たちにたっぷりと時間を与えて、失敗させて、考えさせて、少しずつ少しずつと成長させてくれるのです。

そもそも、人生が簡単なはずなんてないんですよ。だから、神様はそれを乗り越える方法をクルアーンを通して教えてくれています。

そして、それが私にとっての信仰でもあります。

どんな人でも欲と戦いながら生きています。でも、他人の葛藤は誰にも、一生かけても分かりません。

その人の経験すべてがその人の今を形成していて、その人にしか分からない方法で世界を見ているのですから。

だからこそ、お互いに優しく、思いやりを持って接したいですね。

ラハマリア・アウファ・ヤジッド

インドネシア人の両親をもつ、東京都出身のクリエイター。ヒジャブを使ったモデストファッションを提案し、東京らしいセンスを取り入れたメイクやファッションをInstagramを中心に発信している。スタイリングアドバイザーとしても活躍中。

【Instagram】https://www.instagram.com/aufatokyo/

 

イスラム教をもっと知る!

↓↓ CLICK ↓↓

Top image: © ラハマリア・アウファ・ヤジッド

関連する記事

イスラム教徒(ムスリム)にとって「死」とは? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、ムスリム流の生と死の考え方。
ムスリムの恋愛観とは?「人を愛することはイスラムではとても美しいこととされています」と語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なことを聞いてみた。
ムスリムにとって「神様(アッラー)」はどんな存在? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、イスラム教徒の神様についての話。
ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
イスラム教の信仰とは? ヒジャブの役割とは? ハラーフフードの定義とは? ラマダンの意義とは? 礼拝の立ち位置とは? イスラム教徒(ムスリム)のラハマリア...
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
イスラム教徒(ムスリム)は「与えられた環境において善行を積む最大限の努力をして、どんな結果になろうと感謝さえ忘れなければ、たとえそれが他人からみて失敗だと...
ラマダンとは、五行六信のうちのひとつである断食をおこなう月で、ムスリムにとっては一大行事。食べないことは辛くないのか?など、ムスリムのラハマリア・アウファ...
4月10日、フランス政府は、鉄道で2時間半以内に行ける場所への国内線フライトの運航を全面的に廃止する法案を国民議会(下院)で可決した。
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
アスレジャーの波は、ムスリムたちにも届いている。「UNDER-RÂPT」は速乾性に優れた機能性素材を使ったスポーツ用ヒジャブなどを製造し、動きやすさも追求...
イスラモフォビアに対して、多くの人がアクションを起こしていますが、その中でも際立っているのがHumza Arshadさん。彼がとった行動は、「たくさんの人...
食と礼拝の不安がない、イスラム教徒が安心して泊まれる宿泊施設「Jesly Villa Tokyo」は9月10日オープン。
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
ちょっと見慣れないデザインの、パスポートケース。モチーフは、アラベスクなどの美しい幾何学模様や、アフガンストールだったりとイスラム文化を連想させつつ、目新...
「ハラル」という言葉をご存知でしょうか? アラビア語で「許されている、許可されている」といった意味を持つ言葉で、イスラム教の戒律で認められたものや行動を指...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
西洋芸術では、“禁断の果実=リンゴ”のイメージが定着しているが、『旧約聖書』にはただ「果実(木の実)」として書かれており、リンゴを示す言葉は一度も用いられ...
ノンフィクション作品の読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...