イスラム教徒の私が、ヒジャブを身につけながら世界を旅して気づいた「7つのこと」

ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代では、辛い目や怖い目に遭うこともあるのだそうです。

インドネシアに住む女子医学生のNerissaさんも、公園でお昼を食べているだけなのに、ヒジャブのせいで人からじろじろと見られ、気まずい思いをした経験の持ち主。でも、ヒジャブを着たムスリムの女性だって、他の旅する女性たちとなんら変わりはないのだ、と彼女は言います。

彼女は、ヒジャブを被ったまま旅に出て、たくさんのことを学んだそうです。

01.
世界には
優しさがあふれている

私は、旅の中でどれだけ失礼な言葉を投げかけられるんだろう、この頭の布のせいでどんなふうに話しかけられるんだろうってずっと考えてたんだけど、間違っていたわ。

2008年のクリスマスイブをカリフォルニアの教会で過ごしたの。私のホストファーザーが牧師だったから。そこで、みんなが私のことを温かいハグで迎えてくれたときの気持ちは「驚いた」なんて言葉だけでは表現できない。しかも、みんなは私が「教会でクリスマスを祝いにきたムスリムの女の子だから」って理由じゃなくて「インドネシアから来た女の子だから」って理由で、興味を持っていろんな質問をしてくれたの。

教会の図書館から出てホストペアレンツと落ち合ったときに、何人かの人が私のところに来てくれたことも忘れられないわ。

「あなたがNerissa?カリフォルニアへようこそ!」

「アメリカは気に入った?インドネシアとはちょっと違うでしょうけど、こっちでの初めてのクリスマスを楽しんでね」

って言ってくれたの。

私は、忘れずにいようって思ってることがあるの。この世界は対になっているんだって。黒と白。上と下。左と右。そして、善と悪も。

02.
人からどう扱われるかは
「私」次第

ひとり旅をするってことは、頼れる人が近くにいないから、どうしても周りの人に聞くしかないの。そんなときでも、私がヒジャブを気にしていなければ、他の人だってまったく気にしない。

パリで、シェイクスピア・アンド・カンパニー書店を探していたとき、私は丁寧に道を女の人に聞いたの。そうしたら、フレンドリーな笑顔をむけられて、素敵な会話をしながら私を書店まで連れて行ってくれたの。

恐怖っていうのは、頭の中だけにあるものなのかもしれない。世界には、親切で素晴らしい人々がたくさんいる。だから私たちは、ちゃんとした方法で関係を始められたら、道行く人と親友になれることだってあるかもしれない。

03.
ムスリムのことを
これまでの経験やテレビでしか
知らない人もいる

ムスリムのことはよく知らないけど、興味はあるーー。そんな人たちの質問にしっかり答えられるのも、私たちだけ。

「なんでそんなの着てるの?それって義務なの?なんで他のムスリムの女の子はそれ着てないの?」

とても単純な質問だけど、ちゃんと正確に、広い視点を持って答えないと、誤解が生まれるわ。

私はいつも、良き「ムスリム・エージェント」であろうと思っている。私は彼らに、どうしてこんな変わった布を頭につけているのか、きっちり説明するわ。イスラムの宗教や信仰の象徴以上の意味があるから、私はこうしているの。私のアイデンティティの一部で、これには責任があると思うからやっていること。

だから、誰もこの布を理由に私を見下すことなんてできないの。

04.
旅先でムスリムの人に出会うと
懐かしく温かい気持になる

騒々しい市場の真ん中で、「サラーム!(ムスリム同士の挨拶)」って呼びかけられて、ヒジャブを着た知らない人から微笑まれると、とっても嬉しい気持ちになる。

そういう瞬間には、私はどこに行ったってひとりじゃない、いつだって親切なムスリムの兄弟姉妹たちがいるんだ、って思えるの。

05.
同じように旅する人たちは
一番オープンに接してくれる

旅する人は、旅をしない人が見えないものを見ている。
旅する人は、自分の空想以上のものを見ている。
旅する人は、世界にどれだけ多様性があふれているのかを見ている。

だって彼らは、旅路の途中でたくさんの人に出会い、世界にはいろんな人種や宗教があるっていう事実を知っているから。

ほとんどの旅人は、イスラム教について「メディアが描いているようなものじゃない」って知っているわ。

最初は、ヒジャブのせいでホステルのコモンルームに行くのが怖い、って思っていたけど、そんなことはまったく関係なく、みんな私の話を聞いてくれるの。

06.
優しい心を持った人は
どこにでもいる

シンガポールでジャンムンのボウルを頼んだとき、シェフ自らキッチンから出てきて

「ダメ、お嬢さん。あなたは着てるから…(ヒジャブを指差して)、これは豚肉が入っています。あなたは食べられません」

って教えてくれたの。

2012年に初めてロンドンでパブに行ったときも、友だちはみんなテキーラを頼んだんだけど、バーテンダーのひとりが私にコーラかスパークリングウォーターはどうかって勧めてくれたの。その人たちの優しさは忘れられないわ。

 07.
世界はあなたが思うより
恐怖に満ちた場所じゃない

ここまで書いてきたことのまとめなんだけど、すべての旅人は「私たちはみんな、一緒にいるんだ」ってことをわかってるの。人間は遅かれ早かれお互いに助け合うことになるんだから、「前払い」にしたっていいじゃない?

旅人は、この「前払い」のパワーを知っているのよ。

私は旅をしている間、世界中の美しい魂に触れることができたし、たくさんの親切にしてもらえたの。自分の安心できる場所かできることで、こんなにも心が安らぐんだって驚いたの。自分が生まれ育った場所以外で、こんなにも歓迎してもらえるんだ、ってね。

Licensed material used with permission by Nerissa Rahadian
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
イスラム教の信仰とは? ヒジャブの役割とは? ハラーフフードの定義とは? ラマダンの意義とは? 礼拝の立ち位置とは? イスラム教徒(ムスリム)のラハマリア...
ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
イスラム教徒(ムスリム)にとって、「『豚を食べない』『お酒を飲まない』は壮大な人生におけるほんの一部でしかなく、とても小さいもの」です。
アパレル業界の廃棄課題に取り組むブランド「Rename(リネーム)」がおこなうアップサイクルプロジェクト「Rename X(リネームクロス)」から、リラッ...
ムスリムの恋愛観とは?「人を愛することはイスラムではとても美しいこととされています」と語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なことを聞いてみた。
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
アスレジャーの波は、ムスリムたちにも届いている。「UNDER-RÂPT」は速乾性に優れた機能性素材を使ったスポーツ用ヒジャブなどを製造し、動きやすさも追求...
Nor Dianaさん(リングネーム:Phoenix)は、マレーシア出身のヒジャブを被るプロレスラー。2019年7月6日には、男子プロレスラーも参加する同...
炭酸水で割って楽しむもよし、ミルクで割ってチャイラテとして楽しむもよし!スペシャルティコーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE」から、コーヒーのクラ...
12月10日、「NIKE」が女性のためのコレクション「ナイキ・ヴィクトリー・スイム・コレクション」を発表した。特筆すべきは水泳用ヒジャブウェアが販売される点だ。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
不平等な社会を訴えるべく、フォトグラファーMarinka Masséusとイラン女性たちは、「自由を表現する写真」と「鮮烈なメッセージ」を発信しています。
ムスリムにとっての礼拝とは、定められた時間におこなう1日5回の義務。“心の食事”のようなものと語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なこと...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
着用型ロボット、パワードスーツ「ATOUN MODEL Y + kote」は、腰と腕を同時にアシストし、重いものをカンタンに持ち運ぶことが可能。腰への負担...
「Yahoo! JAPAN」トップページより、甲子園の全試合の生中継に簡単アクセス。5Gを駆使したVR映像や多視点映像、見逃し配信も無料で視聴可能!
ムスリムにとって「神様(アッラー)」はどんな存在? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、イスラム教徒の神様についての話。
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
イスラム教徒(ムスリム)は「与えられた環境において善行を積む最大限の努力をして、どんな結果になろうと感謝さえ忘れなければ、たとえそれが他人からみて失敗だと...
Stephanieさんはシドニーで生まれた、現在16歳の女性。ヒジャブを被ったバレリーナとして知られている。
食と礼拝の不安がない、イスラム教徒が安心して泊まれる宿泊施設「Jesly Villa Tokyo」は9月10日オープン。
イスラム教徒(ムスリム)にとって「死」とは? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、ムスリム流の生と死の考え方。