「愛」が「愛情」に変わるとき。

 

ふと思ったんです。
「愛」と「愛情」は一緒のもの?それとも、べつものなの?って。

辞書で調べてもふんわりとしか理解できなかったので、まわりにいる人生の先輩たちに聞いてみることにしました。

今回は、第8弾です。

あなたにとって、
「愛」と「愛情」って何ですか?

40歳の料理人(二児のパパ)Sさんの場合。

Sさん:本来ならば、愛も愛情もワンウェイだと思うんです。

ーーどういうことでしょうか。

Sさん:愛を与えるのも愛情を注ぐのも、本来なら、どちらか一方から相手に対してする行為。だけど、愛は見返りを期待しちゃうから、育んでいくものなんだろうな、と。でも、愛情になるとね、それこそ「情」って漢字がついているから、相手への奉仕の気持ちがあったり、もう、無償なものなんじゃないかな。それまでとは違う責任感が芽生えたりもするしさ。

ーー愛情は、無償のもの?

Sさん:そんな感じがしますね。たとえば、愛は、お互いがお互いの方を向いていないとダメになっちゃう。愛情って、相手に背中を向けられていても、その人のことを想い続けられるんじゃないかな。

たとえばさ、子どもたちに見返りを求めることは一切ない。そんなのはどうでもよくて、常に彼らの方を向いていてあげられる。愛情でしかないよね。その情には、やさしさもあれば厳しさもある。いろんな形がある。

ーー奥さんへの愛が愛情に変わった瞬間は、いつなのでしょう?

Sさん:ただただ大切な人であった存在を、守らなきゃいけないっていう義務感が生まれたときなのかな。婚姻届を出すときにはまだ感じてなかったことなんだけど。いつ生まれたんだろうな。はじめて我が子を抱っこしたときかな。与えて与えられる愛のパスみたいなのがいらなくなった。

いまは、大きなボールのなかに、僕と彼女で愛情という水を張り合っているようなイメージ。そこに、僕も彼女も子どもたちもふわふわと浮かんでいる。放っておくと、水と油が分離しちゃうように、だんだん水がふたつに別れてしまうので、それをたまに撹拌しなきゃいけないんだけど。

ーーその撹拌は、どうやって?

Sさん:たまにふたりだけで出かける。それはきっと、愛おしさを再確認しあう時間なんだよね。


ときどき愛おしさを再確認する。これ、夫婦が仲良くい続けるための、とっておきの方法だったりするんだろうな。

今回協力してくださったSさん、とってもとってもありがとうございました。

 

トゥ ビー コンティニュウド

 

Top Photo by TERUHA
自分で考えてもまったくこたえが出なくて。辞書で調べてもピンとこなくて。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。
まわりにいる人生の先輩たちに、聞いてみることにしました。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
「愛」と「愛情」の正体を、まわりにいる人生の先輩たちに聞いてみることにしました。今回は、第3弾です。
まわりにいる人生の先輩たちに、聞いてみることにしました。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第9弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第4弾です。
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第5弾です。
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
“さらっと” していても、“ついで” だとしても。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「お母さんの料理は"愛"が込もっているから、そこらのレストランよりも美味しいのよ」。この愛とは、立派な食材なのか、否か。
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
自由気ままな猫の行動って、ワンちゃんとはまた違った癒やしパワーを感じるものです。Little ThingsのPhil Mutz氏は、そんな猫の行動に現れて...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...