23歳、冬。「愛」と「愛情」の正体が知りたくて。 #02

 

ふと思ったんです。
「愛」と「愛情」は一緒のもの?それとも、べつものなの?って。

辞書で調べてもふんわりとしか理解できなかったので、まわりにいる人生の先輩たちに聞いてみることにしました。

今回は、第2弾です。

あなたにとって、
「愛」と「愛情」って何ですか?

43歳のクリエイティブディレクターAさん
(既婚、3姉妹のパパ)の場合。

Aさん:正直いままで意識したことがなかったです。でも、「情」って言葉に着目すると、愛は伝わらない場合もあるけど、愛情は相手に伝わるもの。愛を伝えようとしている時点で、それは愛情、で、ある。「情」はりっしんべんが付いてるから、こころが付いてるからね。愛情は与えるものじゃなくて、注ぐもの。

ーー注いでもらう側は、これが愛情だと認識できる、と。

Aさん:うん、認識できる。認識できる、が、もうひとつ思ったのは、相手がポジティブに受け取った瞬間にはじめて愛情として成立できる。これはあくまでおれの感覚ね。ただ、肌感として。

一方通行の場合は、それは愛情にはならない気がした。「こんなに好きなんです」「なんでこんなに好きなのに」という気持ちが相手に受け入れられなかったら、それは、愛情とは呼べない。

ーーう〜ん。むずかしいです。

Aさん:おれはいつも、娘に愛情を注いでる。たとえば、めちゃめちゃ娘のことを思って、怒ったり叱ったりする。だけど、娘がその行為を愛情として認識するのは、たぶん20年後とかで。だから、それまでは愛情として成立しない。

「愛を持ってやってるんだ」って言ってんだけど、娘の態度が気に食わなくてキレてるだけの状態だと、それは愛情に昇華できない、ならないんだなって感じがする。


こちらの愛を相手がポジティブに受け取ったとき、その愛は愛情に昇華する、か。だめだ、まだ第2弾なのに、すんなり納得できる答えを見つけちゃった感じがする。

でも、この連載はいろんな先輩の意見を聞くのがテーマだから、もうすこし続けるんだ〜。

今回協力してくださったAさん、とってもとってもありがとうございました。

 

トゥ ビー コンティニュウド

 

(ちなみに、第1弾はこちら

Licensed material used with permission by Ryuichiro Imae
自分で考えてもまったくこたえが出なくて。辞書で調べてもピンとこなくて。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。
まわりにいる人生の先輩たちに、聞いてみることにしました。
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
「愛」と「愛情」の正体を、まわりにいる人生の先輩たちに聞いてみることにしました。今回は、第3弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第8弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第9弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第4弾です。
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第5弾です。
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
よみがえってくるのは。
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
“さらっと” していても、“ついで” だとしても。
「ラブランゲージ」とは、愛する人へしっかり愛を伝えるために、知っておいた方が良いコミュニケーションの仕方。もともとは、30年以上、カップルのカウンセリング...
「お母さんの料理は"愛"が込もっているから、そこらのレストランよりも美味しいのよ」。この愛とは、立派な食材なのか、否か。
自由気ままな猫の行動って、ワンちゃんとはまた違った癒やしパワーを感じるものです。Little ThingsのPhil Mutz氏は、そんな猫の行動に現れて...
「All You Need Is Love (愛こそはすべて)」誰にでも愛が必要だ!とは、The Beatlesの有名な曲の一節。でも、そもそも愛って何で...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶにふさわしいものですよね。でも、中には真実とは対照的な「有...
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...