イギリスの有名人たちが『ハリー・ポッター』を朗読!初回はダニエル・ラドクリフ

新型コロナウイルスによる自宅待機の影響を受けて、『ハリー・ポッターシリーズ』を展開する「WIZARDING WORLD(魔法ワールド)」が嬉しいサプライズを発表。

なんと、シリーズ第1作目の『賢者の石』を同シリーズに所縁のある人物たちが読み聞かせしてくれるというのだ。

全17章が毎週1章ずつ公開されるということだが、記念すべき第1章を朗読したのは映画版で主人公ハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフ。現在、公式サイトから視聴可能だ。

ほかにも、女優ダコタ・ファニングや俳優エディ・レッドメイン、さらにサッカー選手のデビッド・ベッカムなどが登場予定。また音声版はSpotifyでも配信されているという。

なんとも豪華な面子による素晴らしいこの企画。本家によるものなので朗読はすべて英語となるが、英語の教材としてもかなり使えるのではないだろうか?

気になる人はコチラにアクセス。

© wizardingworld/Twitter
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
4月1日、『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J.K.ローリングが、家で過ごしている子どもや親に向けて、『Harry Potter at Home(ハリー...
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
米テネシー州にあるカトリック系の学校「St. Edward Catholic School(聖エドワード・カトリック・スクール)」の図書館から『ハリー・ポ...
ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
イギリス在住のとある女性。彼女は20年前、旅行用の本を古本屋で購入しました。たった1ポンドだったその本は、『ハリー・ポッターと賢者の石』の初版。競売人を自...
ハロウィンイベント「Hogwarts After Dark(ホグワーツ アフター )」が映画『ハリー・ポッター』シリーズのロケ地としても使用されたオックス...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
「魔法学校に入学したい!」映画、ハリー・ポッターシリーズを見てそう叫ぶ子どもたちも多いかもしれませんが、ホグワーツ魔法魔術学校って、入学するのに結構お金が...
閉園まで残り一週間となった「としまえん」の跡地に「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 -メイキング・オブ ハリー・ポッター」が2023年前半オープン...
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
オーストラリアでもっとも古い大学である、シドニー大学。ここに今、中国人観光客が殺到しています。
人気作品『ハリー・ポッター』シリーズに主人公の敵役として登場するドラコ・マルフォイ。映画版では俳優トム・フェルトンが演じ、敵役ながらも憎めない人気キャラク...
イギリス英語についてご紹介。興味のある方はぜひ読んでみて。
先に言わせてもらうならば、ツッコミどころは満載。・場所はイギリスではなくアメリカ・「ホグワーツ特急」とはいえ、どう見ても普通の電車・アカデミックカンファレ...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
大阪・心斎橋に都市型リゾートの一棟貸し宿「今昔荘 心斎橋 空庭檜風呂邸」が開業。
『ハリー・ポッター』シリーズの原作者として知られるJ・K・ローリングが新たな児童向け作品『The Ickabog』を発表。子どもと羊を食べる伝説の怪物「イ...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
7月から9月にかけて、イギリスでは風力や太陽光、水力などの「再生可能エネルギー」による発電量が化石燃料による発電量を上回った。
ファッショングラスが、完全にスタイルに浸透している欧米。かたや日本では、まだまだトレンド感覚が拭いきれていない状況。だってほら、これくらいメガネがアイコン...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...