『ハリポタ』名脇役・マルフォイの「意外な事実」にファン騒然

人気作品『ハリー・ポッター』シリーズに主人公の敵役として登場するドラコ・マルフォイ。映画版では俳優トム・フェルトンが演じ、敵役ながらも憎めない人気キャラクターの一人だが、そんなマルフォイにまつわる“ある事実”がハリポタファンの間で話題になっているようだ。

ことのきっかけは、あるファンが映画シリーズでのそれぞれのキャラクターの“累計出演時間”を計測したという投稿。

その投稿によると8作品合計19時間40分に及ぶシリーズ中、マルフォイの出演時間はわずか31分であり、『不死鳥の騎士団』に至っては、なんとたった1分15秒しか画面に映っていないというのだ。

その事実に「あのマルフォイがそんなに短い時間しか登場してないなんて......」とファンたちは驚きを隠せないようだ。

さらに、トム・フェルトンはマルフォイを演じた10年間にわたって、茶髪である髪をブリーチし続けていたというから、その俳優魂にも称賛の声があがっているようだ。

ちなみに、もっとも長く登場する主人公ハリーが539分、続いてロン・ウィーズリーが211分ハーマイオニー・グレンジャーが205分という結果とのこと。

時間に換算すると、とても短いように思えるマルフォイの出演時間。しかし、その短い時間で観る者を引きつけるマルフォイは、やはり個性魅力に溢れるキャラクターであるというのは間違いないようだ。

Top image: © Gareth Davies/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事