世界一高級なクロワッサンドーナツがイギリスで誕生。お値段なんと約20万円!

7月22日から24日にわたって、ロンドンで開催された「Just Eat Food Festival」。ここに現れたスイーツ「Zebra Cro」が、ありえないほどゴージャス。ドーナツとクロワッサンのハイブリッド、いわゆるクロナッツなのですが、私たちがイメージするものとは一味違う……。

高級素材を、
ふんだんに使用!

そこには、確かに1,500ポンド(約20万円)の文字。紛れもなく、世界一高価なドーナツがここに誕生しました。

製造したのは、Dum Dum Donutterie。最高級素材を惜しみなく使用しています。

例えば、イラン産の香辛料サフランを練りこんだ生地に、クリスタルロゼのシャンパン、キャビア。他にも、ノルマンディー産高級バターや粉末状のヌテラ(チョコレート風味の甘いスプレッド)、1kg4万円もするトスカーナの世界最高級チョコレート・アメデイ、食用金箔などなど。

完成までに要する時間は3日ほど。Dum Dum Donutterieは、自分たちの可能性を広げるために、この「Zebra Cro」の製造に挑戦した模様。ここから普段のドーナツ作りにも応用できるアイデアや技術を得ることが目的だったのだとか。

「ドーナツの可能性を追求してみたかったんです。ちょうど、フォルクスワーゲンがブガッティ・ヴェイロン(約2億円の超高級スポーツカー)を開発したように」。

口の中でキャビアが泡のようにはじけ、その後ほのかにシャンパンの香りが訪れる……らしい。

昨年はUAE・ドバイで生まれた、約10万円のアイスクリームが話題になりました。が、今回の「Zebra Cro」はそのインパクトを遥かに上回るもの。ちなみにイベントでは、1個だけ売れたのだとか!

Licensed material used with permission by DumDums
ここで紹介するのは、クロワッサンとマフィンを掛け合わせたハイブリッドスイーツ、その名も「クラフィン」!クロワッサン×ドーナツから成る、ニューヨーク発のクロ...
世界最高額のアイスクリームその名も「ブラック・ダイヤモンド」ドバイにあるカフェ「Scoopi Cafe 」が、世界一高級なアイスクリーム「ブラック・ダイヤ...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
自動車、時計、家具…それらの世界一には手が届かなくても、食品なら手が届くかもしれない?話のネタになるくらい、味が一生記憶に残るくらい、すごいものを口にした...
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
ロイ・リキテンスタイン、ジャクソン・ポロック、草間彌生などにインスパイアされてドーナッツの彫刻をつくっているのは、韓国出身の陶芸家Jae Yong Kim...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
ニューヨークのあるピザ屋さんから、一枚2,000ドル(約22万円)もの高級ピザが登場しました。金箔が乗っていていかにも豪華ですが、値段の理由はそれだけでは...
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
暑い日にこそ食べたくなる、冷たいそうめん。茹ですぎて余らせてしまった…そんな経験はありませんか?そんなとき、余ったそうめんでおいしいスイーツが作れるなら、...
これはChad Cryderさんが、幼い頃に祖母と過ごした時間を振り返った話。大好きな祖母特製の、大好きなドーナツ。その作り方を教わる中で、ほかにも大切な...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
これまで、海外のスイーツが上陸する場合に店を構えるのは、原宿や代官山あたりが定石だった。だからこそ、NY発の「DUMBO Doughnuts and Co...
『The BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界...
世界一の高級レストランと言われるSublimotionのディナーはVRやプロジェクションマッピングを用いた最新式。シェフから演出家まで超一流を集結した極上...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。