【ニューヨーク発】「わざわざ足を運びたくなるドーナツ店」が麻布十番にオープン

これまで、海外のスイーツが上陸する場合に店を構えるのは、原宿や代官山あたりが定石だった。だからこそ、NY発の「DUMBO Doughnuts and Coffee」が麻布十番にオープンしたと聞いて「勝負に出た」と思った。前述したエリアほど昼間に人が集まるとは思えないし、そもそも、たい焼きや玉子サンドに代表される和の老舗が並ぶ印象があったからだ。

そこで、オープンから約1週間が過ぎたある日、噂の新店へと足を運んでみた──。

常時10種類以上の
リッチなNYドーナツ

麻布十番駅から徒歩1分ほどで到着。店内へ足を踏み入れると、同店のイメージカラーである鮮やかなピンクの「フランボワーズ」等、色とりどりのドーナツ約10種類が迎えてくれた。そのカラフルさは、一目見ただけで自然と笑顔になってしまうほど。

ビジュアル面の要素でいうと、色のほかに「サイズ」にも言及しておく必要があるだろう。写真では伝わりにくいが、じつはドーナツと聞いて私たちが想像する一般的な大きさの倍以上はある。実際に食べようとすると、男性の自分でもまるでハンバーガーを持っているかのような感覚を覚えた。この圧倒的なボリュームだけでも、十分にニューヨークを体感できる。

とはいえ、両手で持つ必要があるほどボリューミーな見た目とは裏腹に、少量ずつ揚げたできたてのドーナツは、優しい甘みであっさりとしているのが特徴。ホームメイドにこだわり店内で丹念にこねあげられた秘伝の生地が、表面はサクッと中はモチッとした食感を生み出している。

それではここから、豊富なメニューの一部を紹介していこう。

シナモンシュガー

香り高いシナモンシュガーで包んだシンプルなドーナツは、まず試したいベーシックな一品。

フランボワーズ

甘酸っぱい味わいで、鮮やかなピンク色のフランボワーズのグレーズソースがリッチ。

ソルトチョコレートキャラメル

チョコレートの濃厚なコーティングの上に岩塩をトッピング。深みを醸し出す味わいと食感がアクセントに。

チーズケーキ

クリームチーズの風味豊かなソースに、グラハムクッキーの香ばしさがくせになる。

抹茶チーズクリーム

クリームチーズと淹れたての抹茶の香りが口の中いっぱいに香り立つ、贅沢な組み合わせ。

パッションフルーツ

パッションフルーツの爽やかで魅惑的な香りと、色鮮やかで甘酸っぱいグレーズソースが特徴。

世界で1台の
最新エスプレッソマシン

ドーナツに合わせてブレンドされたコーヒーも、ぜひとも味わいたいところ。

京都の人気店「ARABICA Kyoto」から直接仕入れるオリジナルブレンドの豆をはじめとしたコーヒー&エスプレッソメニューが豊富。しかも、使用するのは世界で1台のオリジナルカスタマイズを施したエスプレッソマシンだ。

価格帯は320円から380円。大人の味わいのリッチなニューヨークドーナツは、食べ応えも含めてかなり満足度が高い。専用のケースに入れてくれるので、休日にはコーヒーと一緒にテイクアウトし周辺を散歩するのもイイかもしれない。

…なんてことを店内で考えているうちにも、次から次へとドーナツが売れていく。はじめに抱いた「麻布十番でスイーツ?」などという心配にも似た感情は、どうやら余計なお世話だったようだ。

この街には「わざわざ足を運びたくなるドーナツ」が、確かにある。

【店舗概要】
DUMBO Doughnuts and Coffee
・住所:〒106-0045 東京都港区麻布十番2-17-6 1F
・TEL:03-6435-0176
・営業時間:9:00〜19:00 ※無休
・公式HP:http://www.dumbodc.com

Licensed material used with permission by DUMBO Doughnuts and Coffee
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ロイ・リキテンスタイン、ジャクソン・ポロック、草間彌生などにインスパイアされてドーナッツの彫刻をつくっているのは、韓国出身の陶芸家Jae Yong Kim...
ここで紹介するのは、クロワッサンとマフィンを掛け合わせたハイブリッドスイーツ、その名も「クラフィン」!クロワッサン×ドーナツから成る、ニューヨーク発のクロ...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
7月22日から24日にわたって、ロンドンで開催された「Just Eat Food Festival」。ここに現れたスイーツ「Zebra Cro」が、ありえ...
暑い日にこそ食べたくなる、冷たいそうめん。茹ですぎて余らせてしまった…そんな経験はありませんか?そんなとき、余ったそうめんでおいしいスイーツが作れるなら、...
7月30日(土)にオープンしたばかりの「GRAIN BREAD AND BREW」は、世界中で食べ歩きをしてきた“サンドウィッチギーク”が開いた「クラフト...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
ブラックが苦手で、ミルクと砂糖を必要としてしまうし、コンビニでは決まってカフェラテを頼んでしまう。根っからのコーヒー愛好家さんたちとは違う立ち位置であると...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
正直いって見た目はイマイチですが、得てしてそういうものの方がおいしかったりするものです。マーケットや屋台でおそるおそる口にする、B級グルメがその典型。それ...
お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。今回、インタビューした...
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
無類のあんこ好きがこうじて、これまでにたい焼き約3,700匹を食べてきたというイワイサトシさん。通称「あんこ食う大魔王」。一体どんな人なのだろう?インタビ...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
いま、シドニーで大注目のデザートがこちら。見た目のインパクトもさることながら、その独特の食感がやみつきなんだとか。このハイブリッド感がたまらない!シドニー...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
2017年の9月に北谷にオープンした「AIEN Coffee and Hostel」は、沖縄県初のカフェ&ホステルという形態。お店の名前は、フシギなめぐり...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...