麻布十番にある「330円で食べられるロールケーキ」って、どーなんよ?

お正月を過ぎても、まだ胃袋が小さくならないももかです。

しろいくろを実食
©2020 NEW STANDARD

今回は麻布十番にある「しろいくろ」。

白色と黒色のロールケーキに黒豆が入った一品が人気だそう。「しろいくろ」って矛盾してるように感じるけど、和と洋の組み合わせがオシャレやし、なによりコスパがいいねん。っちゅうことでさっそく行ってきました。

お店は麻布十番駅から徒歩7分のところ。「しろいくろ」と書かれた素敵なのれんが見えたら正解。店構えに胸が高鳴る♡

しろいくろの外観
©2020 NEW STANDARD

中にはコンクリートを基調とした洗練された空間が広がっています。でも、どこか懐かしくて親しみやすさのある空間。麻布十番にいることを忘れてしまうな。

しろいくろの内観
©2020 NEW STANDARD

さっそく注文です。こちらの目玉商品、黒豆塩ロールケーキの「しろ」と「くろ」(共に330円税抜)と「黒豆塩大福(260円税抜)」を注文。飲み物は「黒豆茶(300円税抜)」。黒豆ずくしや♡

注文を待っている間、トイレチェックへ。手洗い場をパシャり。オシャレすぎて蛇口をひねるところもないわ。これ、押したら出るねんで。

かわいいトイレ
©2020 NEW STANDARD

余談やねんけど、取材行く前に編集長と話してて、「ここ、COMME des GARCONSが好きな人ととか来そうやな〜」なんて話してたんです。そしたら全身COMME des GARCONSのおしゃれな人がお店に入ってきたんです!編集長の読みが当たってびっくりや!さすが編集長♡

そんなこんなしているうちに運ばれてきました!

しろいくろのしろとくろのロールケーキ
©2020 NEW STANDARD

お盆に乗ったロールケーキたちがかわいい〜。お皿の色とロールケーキの色のコンビネーション完璧やん!ていうかこれ、全部で1200円やで。お・と・く!

順番に紹介していくな♡まずは「黒豆茶」から!

黒豆茶
©2020 NEW STANDARD

一口飲んだ瞬間に口の中で広がるお茶の香ばしさと、ほんのり香る黒豆の匂い、そして少し感じる甘さ。今までに飲んだことのない味や!こんなに上品でおいしいのに300円!?健康にもいいし、フラペチーノ飲むよりいいかもな。中に黒豆も入っていて、そのまま食べることもできるし。

お次は黒豆塩大福。

黒豆塩大福
©2020 NEW STANDARD

周りのお餅が分厚くてもっちもちや〜!中には黒豆が丸々入ってるし、餡もびっしりで、小さいけど満足感のある一品やったで。でもそんなに甘くないからもう一個食べたくなる。でも2個目は我慢しました。

最後はお目当てのロールケーキ「しろ」と「くろ」。

しろいくろの白と黒のロールケーキ
©2020 NEW STANDARD

もう見た目が愛おしいよな〜♡まずは「しろ」からご紹介。

一口食べてみると……ん?レモンの風味がする!そうなんです。生地にレモン風味を効かせた一品。白色からは想像していなかったレモンの風味にサプライズ!甘さ控えめで大人な味でした。代わりに黒豆がほんのり甘く感じられて、めちゃくちゃ美味しかったで。

お次は「くろ」。

こちらはチーズ風味になっていて、ほんのり感じるチーズと黒豆の相性が抜群。こちらもそんなに甘くなくて、黒豆茶と一緒に飲むとめちゃくちゃ相性いいねん。これはクセになる!

大人な味でおいしいのに、お手頃に食べられるのはうちらの世代には強い味方やな。たまには落ち着いた雰囲気で、和を感じながらロールケーキをたしなむのもありやわ。

豆大福、ロールケーキ共にテイクアウトもできるので、お土産にも良し。超おすすめやからぜひ行ってみて!

以上、ももかでした!

記念写真
©2020 NEW STANDARD

しろいくろ

 

【住所】東京都港区麻布十番2-8-1

【最寄駅】麻布十番駅 7番出口

【営業時間】10:00〜18:00

【公式webサイト】http://www.shiroikuro.com/

Top image: © 2020 NEW STANDARD
ももかの記事はまだまだあるで〜

関連する記事

今回は麻布十番にある「TAILORED CAFE」。完全キャッシュレスでサブスク機能のある最先端カフェで、いま話題の「CBDオイル」入りコーヒーが飲める!
昨年8月に東京・麻布十分にオープンしたショーレストラン「美少女戦士セーラームーン -SHINING MOON TOKYO-」が、2月1日からグランドメニュ...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
これまで、海外のスイーツが上陸する場合に店を構えるのは、原宿や代官山あたりが定石だった。だからこそ、NY発の「DUMBO Doughnuts and Co...
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?見た目だけでなく、味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回はNEW NEW YORK CLUB BAGEL &...
袋麺でおなじみの「サッポロ一番」のアレンジメニューを提供する「サッポロ一番劇場 @虎ノ門横丁」が、東京・港区の「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」の「虎ノ門横丁...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?見た目だけでなく、味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「MACAPRESSO TOKYO」ぷくっとしたフ...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
手作りケーキを作るとき、もっとも苦戦するのが「スポンジ」です。焦げてしまったり、うまく膨らまなかったりと、泣く泣く諦めてしまった経験が一度くらいはあるはず...
無類のあんこ好きがこうじて、これまでにたい焼き約3,700匹を食べてきたというイワイサトシさん。通称「あんこ食う大魔王」。一体どんな人なのだろう?インタビ...
12月4日から2ヶ月間、金・土・日の週末限定で「四万十川アウトドアサウナ」が楽しめる。
今回はsnsで流行っている「肉ドレス海鮮丼」渋谷店。器からはみ出るお肉が豪華な見た目の海鮮丼を実際に食べてみたで!snsで人気のお店って実際はどーなんよ?...
今回は原宿にある「GOMAYA KUKI」。世界一濃いごまアイス専門店!ごま油をかけて食べる不思議なごまアイス!SNSで人気のお店って実際はどーなんよ?価...
今回は神楽坂にある老舗「龍朋(りゅうほう)」の絶品チャーハン。50年近く行列必須の中華料理屋さんで食べるチャーハンってどーなんよ?ついでに回鍋肉(ほいこう...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
今回は吉祥寺にある「Café Lumière(カフェルミエール)」の焼きかき氷。かき氷を燃やして食べる“焼き氷”が人気のお店。SNSで人気のお店って実際は...
今回は渋谷にある「Moja in the House(モジャインザハウス)」。ワッフルの上にチキンが乗ってるワッフルチキン・アメリカンソウルフードを食べて...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...