「手づくりブックカバー」で、世界に一つだけの本をつくろう

ラトビア出身の女性アーティスト、アニコ・コレスニコヴァが、ポリマークレイや石、鉄、金などを使って手作りした「ブックカバー」が凄い!

細やかな装飾が施されており、どっしりとした重厚感が強烈。本棚で見つけたら、絶対突っ込まずにはいられないシロモノでしょう。まるで扉のようでもあり、そのまま異世界へと吸い込まれてしまいそうな雰囲気さえ感じます。

反則レベルに魅力的な
ハンドメイドブックカバー

Etsy」では、作品のイメージなどを伝えて作れるカスタムオーダーが可能。ブックカバーのサイズはA6からA3まで対応しています。プレゼントにも最適かもしれませんね。

価格はオプションに応じて230ドル(約25,000円)〜2,000ドル(約218,000円)と幅ひろく対応。完成までには最大2ヶ月ほど。きっとすごい存在感を発揮してくれるはず!本を開くときのワクワク感が何倍にも増えそうですよね。

実際に作っている様子や使用しているツールは、下の動画から確認できます。そのほかアクセサリーなども購入できるのでチェックしてみてね。

Licensed material used with permission by Mandarin Duck /Aniko Kolesnikova, Instagram, Facebook
自分の名前とはとても大切なもののはずです。子どもだった頃は、胸に名札をつけたり、体操服には名前入りのゼッケンをつけていたり、給食袋とか上履きとか、鉛筆とか...
なにが違うか、わかりますか?
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくるこの連載。今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
「Head Case」は、自分や仲間の顔面をドアップでプリントできるスーツケースカバー。絶対に荷物を取り違えないし、空港でも注目の的になること間違いなし。...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。オーストラリア国内に7店舗...
ホストが書店員ということで、オープン前から話題を集めていた「歌舞伎町ブックセンター」。その裏にある熱い思いについて手塚マキが、この書店でしか提供できない価...
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
「たった数名にプレゼントする」とWindowsの公式Twitterアカウントが発表し、昨年末にデザインされたセーターの紹介です。
2年連続でグラミー賞を受賞しているアメリカのアカペラグループ「ペンタトニックス」って知っていますか?ダンサブルな曲をカバーすることで知られていて、ライブで...
空港で注目を集めること間違いなしの「スーツケースカバー」が話題になっています。ビジュアルは、どこからどう見ても“握り寿司”そのもの。きっと、国内はもちろん...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
さて、ここからはノートの自慢。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。