世界に一つだけのランプが作れる!「PersonaLight」のクラファンがスタート

イスラエル在住のプロダクトデザイナー・Chen Bikovskiが、カスタマイズ可能なランプ「PersonaLight」のクラウドファンディングを開始した。

ベースとなるランプのモデルは4種類で、価格は89ドル~。投影する文字とフォントをカスタマイズすることができ、世界に一つだけのランプを作ることができる。もし違う文字にしたくなったら、専用のカバーを変えることでいつでも変更可能。気分やシチュエーションによって、何通りものバージョンを楽しむことができるのだ。

現在は「KickStarter」にて支援を募っており、6月に製造開始、10月から順次発送予定となっている。

©PersonaLight
©PersonaLight
©PersonaLight

大切な誰かに名前入りの特別なプレゼントを贈りたいとき、何か大事な言葉を伝えたいとき──。

このランプは言葉だけでなく、あなたのその温かい気持ちも伝えてくれることだろう。

Top image: © PersonaLight
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。
バクテリアの新しい見方を示してくれるランプがあります。普通のランプの模様にあたる部分にバクテリアが使用されていて、「唯一無二」の配色や柄を生み出します。汚...
中国の美しき山脈地・桂林をイメージして作られたランプ「GuiLin Lamp-scape」。光と反応することで、空気中のバクテリアや有害物質、匂いまで取り...
SDGsマガジン『ソトコト』が、地域の活性化や社会性のあるユニークな取り組みを扱うクラウドファンディングサービス「みらいのチカラ」をローンチした。
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
サッポロビールが取り組む「ほっとけないどう」プロジェクトの一環として、札幌市の常設BARでスタートした「カンパイ・ファンディング」。乾杯分の売り上げの一部...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。