中に「入る」ことができる。世界に一つだけのオーダーメイド絵本

絵本は子供を笑顔にさせ、読み聞かせている大人も幸せな気持ちにさせる最強のコミュニケーションツールの一つ。

そんな絵本の可能性をもっと広げたい、今までにない絵本を生み出したい、「オリジナル絵本を贈る文化」を根付かせて周りの人を笑顔にする未来にしていきたい。そんなビジョンを掲げる「ÉHON INC.」が企画したのが、この「中に入れる」という絵本の作成サービスだ。

依頼すると、まず専任のディレクターが取材をし、作家が世界でたった一つのストーリーを書き起こす。そして、その出来上がったストーリーを元にして、ÉHON INC.登録イラストレーターが、オリジナルのイラストを描き起こしてくれるという流れ。絵本に出てくる登場人物を、自分や贈る相手、身近な人たちにもできるので、まさに、自分や贈る相手、身近な人などが自由自在に「絵本の中に入れる」体験となる。

また、 絵本そのものだけではなく、プレゼントされた人が箱を開ける瞬間にも驚き喜んでくれるような、遊び心を取り入れた特別なギミックも絶賛開発中とのこと。

「中に入れる」絵本は「CAMPFIRE」にてクラウドファンディング挑戦中だ。

©2019 株式会社アッタデザイン
Top image: © iStock.com/CSA-Archive
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「ブックサンタ2019」は「厳しい環境に置かれている全国の子どもたちにイブの夜、サンタクロースが絵本を届ける」という新しい社会貢献活動。2017年にスター...
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
世界13ヵ国で翻訳されたリトアニアの人気絵本「カケ・マケちゃんとかたづけエルフ」が日本上陸!「楽しくしつけを学べる絵本」として世界中で高い人気を誇る作品が...
環ROYと鎮座DOPENESSによるラップユニットKAKATOとイラストレーターのオオクボリュウによる初の絵本『まいにちたのしい』。刊行に合わせた原画展、...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt THrower』です。
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
南インド・チェンナイにある出版社「タラブックス」。『夜の木』は、日本語だけでなく、フランス語、ドイツ語、韓国語、スペイン語、イタリア語にも翻訳され、タラブ...
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
本を開いてパッ!と現れたは、円柱型の空間?そう、これはページをめくるのではなく、ひらいて楽しむ3D絵本なんです。真っ赤なお日さまや霞のような雲、鶴もいて日...
「This Book is a Planetarium」は、タイトルを直訳すると「この本はプラネタリウム」。中はかなり趣向を凝らしたつくりとなっていて、「...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
機械学習と3Dプリンターを活用した靴のフルオーダーメイドサービス「Shoe-Craft-Terminal」がローンチ。
ワクワクするようなことがあったり、ちょっと怖いものが潜んでいたり、絵本の中には様々な出会いがある。登場するモノや生き物に魅力を感じて読み進めていくのはとて...
「オーダーメイド」と聞くと、どこかハードルが高い印象。当然、普通のモノに比べると割高だし、そもそもどこでどう依頼したらイイのか分からない人も多いはず。でも...
世界有数の美術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学んでいたJuan Fontaniveは、「動きだけではなく、音が生きる」機械じかけのパラパラ絵本を発...
オーダーシューズブランド「MARNON(マルノン)」の初の直営店が、6ヵ月限定で新宿駅にオープン。
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
子どもの頃に学んだことは、意外と大人になった今でも胸に刺さることが多いのに、いつのまにかフタをしていたり、見て見ぬふりをしてしまっている…。本当に大事な何...
自分が生まれてきた意味「みたいなもの」を、ちょっとだけ考えちゃう。
11月21日、「Google」が「Google アシスタント」の新機能として「My Storytime」をローンチした。これは家にいない親の代わりに子ども...
生きていく上で、最低限のお金は必要ですが、お金を追う毎日に縛られすぎて「人生を楽しむこと」を忘れていませんか?テレビで見た美しい絶景を自分の目で確かめたい...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
自分が「どう見られているか」、どうでもよくなっちゃう。