絵本のリアルタイム手話変換ができるアプリをファーウェイが開発

「International Day of Sign Languages(手話言語の国際デー)」である9月23日、「Huawei(ファーウェイ)」は絵本を手話に変換するアプリ「Story Sign」を発表した。

Story Signとは、全世界に3,200万人いる耳の聞こえない子どもたちの学習を支援するために開発された“無料の”モバイルアプリ。スマホを本にかざすだけで、オリジナルのアバター「Star」が本の内容を手話に“リアルタイム変換”してくれるというサービスだ。

本アプリの開発には、イギリスのアニメーション制作スタジオである「Aardman Animations Ltd」(有名な作品は「ひつじのショーン」)や聴覚障害の専門家も協力しているとあって、そのクオリティはお墨付き。

現在、Story Signは13ヵ国の手話に対応していて、52冊の人気児童書が対象になっている。日本の手話には未対応だが、今後のアップデートに期待したい。

Top image: © iStock.com/KeithBishop
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
親が出稼ぎで海外へ行ってしまい、離れ離れになった寂しさなどから精神的に苦しむ子どもが35万人もいるといわれるルーマニア。そんな国から生まれたアプリがありま...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
千里浜なぎさドライブウェイは、車で砂浜を走れる日本で唯一のドライブウェイなのです。写真をご覧ください。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
アメリカ・ペンシルバニア州にあるカーネギー・メロン大学のある研究チームが、同国内のクサい場所を共有できるアプリ「Smell MyCity」を開発しました。
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
エティハド航空とパナソニック アビオニクスが手を組んで、時差ボケ防止アプリを開発すると発表しました。
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...