絵本のリアルタイム手話変換ができるアプリをファーウェイが開発

「International Day of Sign Languages(手話言語の国際デー)」である9月23日、「Huawei(ファーウェイ)」は絵本を手話に変換するアプリ「Story Sign」を発表した。

Story Signとは、全世界に3,200万人いる耳の聞こえない子どもたちの学習を支援するために開発された“無料の”モバイルアプリ。スマホを本にかざすだけで、オリジナルのアバター「Star」が本の内容を手話に“リアルタイム変換”してくれるというサービスだ。

本アプリの開発には、イギリスのアニメーション制作スタジオである「Aardman Animations Ltd」(有名な作品は「ひつじのショーン」)や聴覚障害の専門家も協力しているとあって、そのクオリティはお墨付き。

現在、Story Signは13ヵ国の手話に対応していて、52冊の人気児童書が対象になっている。日本の手話には未対応だが、今後のアップデートに期待したい。

Top image: © iStock.com/KeithBishop
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
親が出稼ぎで海外へ行ってしまい、離れ離れになった寂しさなどから精神的に苦しむ子どもが35万人もいるといわれるルーマニア。そんな国から生まれたアプリがありま...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...