アイ・ウェイウェイの新作ドキュメンタリーがリリース

アーティストにして社会運動家としても知られるアイ・ウェイウェイが、新型コロナウイルス(COVID-19)が発生したといわれる中国・武漢を舞台に新たなドキュメンタリーを製作し、8月20日、オンライン上に公開した。

題名は『Coronation』。上映時間は113分。

ヨーロッパを拠点に活動をしているアイ・ウェイウェイは、武漢に暮らす多くの人たちの協力を得て、彼らにディレクションをすることで撮影に成功したという。

作品でフォーカスされているのは、ロックダウンされた武漢の様子。わずか数日で建設される病院や国中から集められた医療従事者、外出を禁止された住民など、規制のかかっていない姿を追っているそうだ。

体制に対して常に疑問を投げかけるアイ・ウェイウェイが世界に向けて発信するのは、一体どのようなメッセージなのだろうか?

『Coronation』は、Vimeoにてレンタル、もしくは購入可能だ。

Top image: © Maja Hitij/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事