ごみを出さないようにするにはどうすればよいのでしょう。「ゼロ・ウェイスト・ライフ」の提案。

家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨てるのではなく、無駄を減らしてごみを出さないという発想から生まれたシンプルライフです。

日本でもすでに、生活を見直すきっかけとして「断捨離」や「ミニマリズム」といった、モノを減らす暮らしが定着しつつありますが、生活環境を整えれば、身の回りだけでなく心もさっぱりとキレイになります。

『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であるベア・ジョンソンさんは、2008年から家族4人で、ゼロ・ウェイスト・ライフに取り組んだことで、ごみが出なくなっただけでなく、生活の質までも向上したと言います。

ごみを減らすことは、一見大変そうに感じられますが、大切なことはたったの5つ。詳しくみていきましょう。

 捨てたごみの行方

「ごみを捨てる」とは、一体どういうことなのでしょう。たとえ、私たちの視界からごみが消え去っても、決して蒸発してなくなったわけではなく、回収してくれただけのこと。ごみを捨てるということは、ものづくりに使われた貴重な資源をムダにし、その処分に莫大な費用をかけていることなのです。

今こそ「ゼロ・ウェイスト」を

「ゼロ・ウェイスト」は、できる限りごみをなくそうとする様々な取り組みに基づく考え方。ごみをなくそうとすることは、なんでもかんでもリサイクルすることだと勘違いされがちですが、それはまったくの誤解。リサイクルの前に、そもそもごみを出さないようにすれば良いのではないでしょうか。再利用自体は良いことですが、本来は、ごみを作らないという考え方が望ましいのです。

5つの「R」で
究極のシンプルライフを

「ゼロ・ウェイスト」を行うことによって、家庭生活はどんなふうに変化するのでしょう。家庭ごみのカットは、実はとってもシンプル。以下の5つのステップを踏めば良いだけなのです。

01.
REFUSE(リフューズ)
〈不要なものは断る〉

不要なものを家の中に持ち込むことをやめましょう。ホテルに宿泊したとき、無料のシャンプーをもらえば、それを補充するために、ふたたび石油が使われます。広告のチラシを受け取れば、さらにチラシを作るために、どこかで木が切り取られます。どんなに小さなものでも、私たちがそれらを受け取ることで、ひとつのサイクルが生まれます。いらないものを受け取ることは、捨てる行為へつながっていくのです。ごみが家の中に入って来ないようにしましょう。

02.
REDUCE(リデュース)
〈必要なものを減らす〉

過去の消費を振り返りましょう。家の中にあるものすべてに対して、本来の使い道と、必要性を見極め、不要なものを手放します。もし、何かを買いたいと思ったら、本当に自分に必要なものなのかを考え、できるだけ包装(包み紙、レジ袋、容器など)を簡素にできるように考えましょう。新しいものを家に持ち込むとき、しっかり熟考することができれば、消費を抑えることにつながるのです。テレビや雑誌など、メディアに織り込まれる戦略的な広告による買いたい誘惑に屈してしまいそうならば、触れる機会を減らして、消費につながる活動を減らしましょう。

03.
REUSE(リユース)
〈買ったものは繰り返し使う〉

買ったものや、今あるものを繰り返し使うことで、消費と資源の節約の両立が図れます。これは、モノを廃棄から救う究極の形ともいえます。多くの人がリユースとリサイクルを混同してますが、製品を再加工して新たな形に作り変える「リサイクル」に対して、製品をそのままの形で何度も使い、さらに活用してモノの寿命を延ばす「リユース」は、リサイクルの必要がないので、加工のために失われたかもしれない資源を節約できるのです。リユースは、「ゼロ・ウェイスト」を軌道に乗せる大きなポイントになります。

04.
RECYCLE(リサイクル)
〈リサイクルする〉

消費が減れば、リサイクルはほとんど必要なくなりますが、どうしても断れない(リフューズできない)、減らせない(リデュースできない)、繰り返し使えない(リユースできない)ものについては資源化しましょう。リサイクルに対する懸念点は、再加工のために貴重なエネルギーを要することです。たとえば、プラスチックは、製造過程と使用する過程、そしてリサイクルの過程においても、有害物質を排出します。やはり何か買い物をするときは、あらかじめ製造から廃棄までのライフサイクル全体を考えてから行いたいものです。

05.
ROT(ロット)
〈残りはすべて堆肥化〉

ロットは、腐らせるという意味です。すなわち、堆肥化(コンポスト化)すること。生ごみや植木といった有機ごみを時間をかけて分解し、養分を土に返すという有機物のリサイクル。家庭でもコンポストを利用すれば、分解が早く、ごみの減量に極めて有効です。コンポストには、地上に積み上げていくタイプ、みみず式など、幾つか種類があります。一般的な機能や、使い勝手ばかりでなく、コストはどのくらいかかるのか、スペースはどれくらい必要なのか、そして、手間はかからないのかなど、自分の生活環境に合う、最適なものを選びましょう。

以上、5つの「R」を上から順に実行していきましょう。そうすれば、家庭ごみにまつわる懸念の大半を吹き飛ばすことができるでしょう。

断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・...
4月25日、徳島県上勝町に誕生する環境型複合施設「上勝町ゼロ・ウェイストセンター(WHY・ワイ)」のゼロ・ウェイストアクションホテル「HOTEL WHY」...
フィンランド・ヘルシンキのデザイン地区に、ゴミを出さないレストラン「NOLLA」がオープン。ここは、そもそもゴミを出さない“ゼロ・ウェイスト”にこだわるレ...
「個性」と「進化」を磨き続ける2つのブランド「ニューバランス×フランク ミュラー」から生まれたスニーカー「CM996」が金と銀、各色996足限定で登場。
バリにあるレストラン「Ijen」。特筆すべきは、リサイクル素材でできている点。さらに、残飯は地元の農家に提供。肥料として使われます。ビジュアルからは想像で...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
徳島県上勝町の小さなブルワリーの直営店「KAMIKATZ TAPROOM」。捨てられた衣類や古布でリメイクされたエプロンに注目!
アイ・ウェイウェイが新型コロナウイルス(COVID-19)が発生したといわれる中国・武漢を舞台にした新たなドキュメンタリーを製作し、8月20日、オンライン...
千里浜なぎさドライブウェイは、車で砂浜を走れる日本で唯一のドライブウェイなのです。写真をご覧ください。
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
世界中のコスプレイヤーの力で海を一緒に守っていこうというアクション。海洋ごみを減らす衣装の作り方や、再利用による衣装の作成等、衣装を造作する上での海洋ごみ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
米国の研究によると、人工甘味料を使った食品でも太ることが判明したとのこと。「カロリーゼロ」はただの幻想だった!?
「手話言語の国際デー」である9月23日、「Huawei(ファーウェイ)」はある画期的なアプリを発表した。このアプリは“シームレスな読み聞かせ”体験を可能と...
米旅行雑誌『Condé Nast Traveler』読者が選んだ「Top 10 Hotels in Japan」が発表され、名だたるラグジュアリーホテルが...
新型コロナウイルスの影響による不調を解消するための「薬膳レシピ」を、オンライン漢方相談サービスを展開するわたし漢方と近畿大学が共同開発。11月18日からW...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
3月14日開業のJR山手線「高輪ゲートウェイ」駅の駅前特設会場にて開催されるイベント内に、日本全国の選りすぐりの日本酒が週替わりで愉しめるエンターテイメン...
「YKK」が海洋プラスチックごみを主原料としたファスナー「NATULON Ocean Sourced(ナチュロン オーシャン ソースト)」を開発。スリラン...
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...