まずはとにかく、ごみを減らしてみよう。「ゼロ・ウェイスト・ライフ」のメリット。

世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・ウェイスト・ホーム』には、その実践方法が詳しく書かれています。

すべて実践するのは、少しだけハードルが高いかもしれませんが、できることから取り入れていけば良いのです。ごみを減らすとどんなにいいことがあるのか。「ゼロ・ウェイスト」のメリットを知れば、きっと誰もが試したくなるはずです。

ごみの減量に1年間取り組んだら…

上は『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の筆者・ベア・ジョンソンさん一家が、2015年1年間で出したごみの写真です。2008年からの取り組みで、徐々にごみが減ってゆき、ついにここまでに。

気になるごみの内訳は
たったこれだけ!

上段真ん中より右まわりに、

・シリコン製のスマートフォンケース
・壊れたスプレー、薬や来客の洗面具のパッケージ
・宅配便のテープや伝票
・ヘルメットのクッション、炊き出しボランティアのヘアネット
・食材のラベル、来客のガム、食洗機の錆びた部品
・預け荷物のシール、古いパスポートのラミネートされたページ
・洋服のタグ類
・家の補修に使った研磨ベルト、コーキング材

……と、4人家族で、たったこれだけ!

3つのメリット

「ゼロ・ウェイスト・ライフ」を送ると、ごみがほとんど出なくなるだけでなく、金銭的にメリットがあり、健康維持にも効果が期待できます。さらには、時間の節約にもつながります。なぜ、ごみを減らすだけでこんなにもいいことばかり起こるのでしょう。その理由は、以下の3つの点にありました。

その1 金銭的なメリット

・モノより活動を大切にするため、買い物が減る。

・モノの保管やメンテナンス、修理にかかる費用が減る。

・使い捨てのものを買い足す必要がなくなる。

・量り売りで買い物するようになり、割安になる。

・ごみがほとんどなくなるので、収集手数料が減る。

・生ごみはコンポストに入れるので、ごみ用のビニール袋が不要になる。

・質の高い買い物を心がけるようになるので、使うお金の価値が高まる。

・健康的な暮らしにつながるので、医療費が減る。

・使わないモノを売り払い、ほとんど使わないものを貸し出せば、利益になる。

その2 健康に関するメリット

・プラスチック製の包装や、製品を買わないようになるので、プラスチックにまつわるリスクが減る。

・セカンドハンドを買うなどリユースを活用するため、有害なガスの揮発が減る。

・一般的な洗面用具や化粧品に含まれる化学物質への接触が減る。

・リサイクル不可の製品から出る有害な化学物質への接触が減る。

・ナチュラルな薬や掃除用品を使うため、未知の化学物質への接触が減る。

・ハウスダストが減るため、アレルギーが減る。

・アウトドア活動が増えるので、ビタミンD欠乏症の改善が期待できる。

・人工的な加工食品の消費が少なくなる。

・メディアや広告と接触しなくなるので、不健康な食べ物が必要なくなる。

・肉の消費が減るので、脂肪分の少ない食生活になる。

その3 時間の節約に

・ダイレクトメールの整理など、時間の浪費がなくなる。

・使い捨てではなくリユース可能なものを繰り返し使うようにすれば、買い物に出かけたり、運ぶ時間を節約できる。

・ムダの多い習慣から自分を解放できる。

出会いや経験を大切にする暮らしは、誰にとってもプラスになるはず。時間が増えれば暮らしは豊かになり、本当に楽しいことをする時間や、大切な人と過ごす時間を持つことができるでしょう。

ゼロ・ウェイストは、「がんばる」だけではありません。楽しくて、美しいものでもあるのです。そしてあなたは、二度とごみのにおいや、使い捨て用品が散らかる光景に悩まされずに済むでしょう。

断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
4月25日、徳島県上勝町に誕生する環境型複合施設「上勝町ゼロ・ウェイストセンター(WHY・ワイ)」のゼロ・ウェイストアクションホテル「HOTEL WHY」...
フィンランド・ヘルシンキのデザイン地区に、ゴミを出さないレストラン「NOLLA」がオープン。ここは、そもそもゴミを出さない“ゼロ・ウェイスト”にこだわるレ...
国内外のアウトドアブランドが手がけるマスクをまとめて紹介します。今夏、待ってでも欲しいマスクは要チェック!
バリにあるレストラン「Ijen」。特筆すべきは、リサイクル素材でできている点。さらに、残飯は地元の農家に提供。肥料として使われます。ビジュアルからは想像で...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
徳島県上勝町の小さなブルワリーの直営店「KAMIKATZ TAPROOM」。捨てられた衣類や古布でリメイクされたエプロンに注目!
世界中のコスプレイヤーの力で海を一緒に守っていこうというアクション。海洋ごみを減らす衣装の作り方や、再利用による衣装の作成等、衣装を造作する上での海洋ごみ...
千里浜なぎさドライブウェイは、車で砂浜を走れる日本で唯一のドライブウェイなのです。写真をご覧ください。
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
「手話言語の国際デー」である9月23日、「Huawei(ファーウェイ)」はある画期的なアプリを発表した。このアプリは“シームレスな読み聞かせ”体験を可能と...
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
選りすぐりの3アイテムをご紹介。
空港での遺失物のなかで受取人の現れなかったものを格安で販売するアメリカで唯一のお店「Unclaimed Baggage Center」。アラバマ州に誕生し...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
3月14日開業のJR山手線「高輪ゲートウェイ」駅の駅前特設会場にて開催されるイベント内に、日本全国の選りすぐりの日本酒が週替わりで愉しめるエンターテイメン...
JR山手線「高輪ゲートウェイ」駅3階(改札外)に、3月23日の月曜日、「スターバックス コーヒー 高輪ゲートウェイ駅店」がオープンした。
「YKK」が海洋プラスチックごみを主原料としたファスナー「NATULON Ocean Sourced(ナチュロン オーシャン ソースト)」を開発。スリラン...
千葉市と「ミニストップ」は、通常のレジ袋の代わりに市指定の可燃ごみ袋をレジ袋として販売する実験を開始。
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...