フィンランド発の「ゼロ・ウェイスト」なレストランとは?

フィンランド・ヘルシンキのデザイン地区に7月31日、ゴミを出さないレストラン「NOLLA」がオープンした。

“ゼロ・ウェイスト”にこだわる「NOLLA」は、2018年のプレオープンで得た経験をふまえて「ムダ」を省くことを徹底。

食材は地産地消を前提に、お店の方針を理解したサプライヤーからは、プラスチックや紙などムダな包装は一切ない食材が送られてくる。メニューも季節ごとに熟考したコースを提供。アラカルトだと注文されない食材がでてしまうことを考慮した、フードロスを出さない仕組みだ。食べ残しが出た場合は、堆肥としてリユース。ショップカードですら、植物由来の素材を使う徹底ぶり。

これらの取り組みとあわせ、ソフトウェアを使って再度ゴミが出ないような計画も再設計していく。

海洋プラスチック問題をはじめとするゴミ問題に関心が集まるなか、そもそもゴミを出さないことを実現する方法がフィンランドから広がっていきそうだ。

Top image: © Nikola Tomevski
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

4月25日、徳島県上勝町に誕生する環境型複合施設「上勝町ゼロ・ウェイストセンター(WHY・ワイ)」のゼロ・ウェイストアクションホテル「HOTEL WHY」...
バリにあるレストラン「Ijen」。特筆すべきは、リサイクル素材でできている点。さらに、残飯は地元の農家に提供。肥料として使われます。ビジュアルからは想像で...
断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
アイ・ウェイウェイが新型コロナウイルス(COVID-19)が発生したといわれる中国・武漢を舞台にした新たなドキュメンタリーを製作し、8月20日、オンライン...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...