まずはとにかく、ごみを減らしてみよう。『ゼロ・ウェイスト・ライフ』のやり方。

断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。

『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であるベア・ジョンソンさんは、2008年から家族4人で、ゼロ・ウェイスト・ライフを実行し、今では、1年でたった1リットル分しかごみを出しません。一見、ストイックなイメージを抱くかもしれませんが、彼女たちの生活はシンプルで、たいへん優雅なものでした。どうすればごみを出さずに、豊かな生活を送ることができるのでしょうか。その秘訣を学んで、実践してみましょう。

 「ゼロ・ウェイスト」の基本軸

ゼロ・ウェイストので基本となる考え方は、大きく分けて「シンプル化」「リユース化」「ごみの分別」の3つ。キッチン、リビング、バスルームなど、家の中のどんな環境でも、この軸を基準にモノと向き合えば、あっという間に「ゼロ・ウェイスト」になります。

その1 シンプル化
(リフューズ&リデュース)

ごみの発生を防ぐ、シンプル化。今、家にあるものを、ひとつひとつ見直してみましょう。以下の質問をクリアしたものだけを棚に戻せば、本当に必要なものだけが身の回りに残ります。

・それはちゃんと使えるものなのか? 期限切れではないか?
・よく使うか?
・同じものが2つ以上ないか?
・家族の健康を危険に陥れないか?
・贈り物などを義理の意識から持ちつづけていないか?
・「みんなが持っている」から持っていないか?
・大切な時間を割いてまで手入れする価値があるか?
・そのスペースを何かほかのものに使えないか?
・リユース可能か?

その2 リユース化
(リユース)

モノを捨てる行為は、使って捨てるだけのことだと思われがちですが、わざわざ買い物へ出かけたり、使用したあとはごみの回収日にまとめたりと、意外と時間を割いているものです。使い捨てのものは、必要のないものですので、潔く「リユース化」しましょう。たとえば、もう着なくなってしまったTシャツを切り分けて、繰り返し使えるウエス(フキン)にしたり。使い捨てのものを、繰り返し使えるものに替えるだけで、買い忘れの心配もなくなり、買い物に行く手間だって減るのです。つまり時間の節約につながります。

 その3 ごみの分別
(リサイクル&ロット)

ごみや資源を適切に処理するために、分別を行います。ごみの分別に大切なことは、以下の3つです。それぞれのフタに、中に入れるごみのリストを貼りつければ、自分だけでなく、家族や来客にもわかりやすく便利です。

①コンポスト
自分のニーズに合うコンポストを取り入れましょう。家庭ごみ全体の30〜40%は生ごみが占めています。大きめのコンポストなら、頻繁に移しかえずに済みます。(コンポストによっては、洗面用品・衛生用品なども入れられます。)

②リサイクル(資源物)
住んでいる地域で、何をリサイクルに出せて、何を出せないのか正確に把握して、それに従って資源物入れを準備しましょう。

③ごみ箱の撤去
ごみ箱を撤去することも試してみてください。使い捨ての物たちに代用品を見つければ、ごみ箱の必要がなくなるからです。ごみ箱は、資源物入れとして再利用しながら、最終的にはリサイクルもゼロを目指しましょう。

さらにもう一歩
進んで考えてみる

エネルギー、水、時間を節約すれば、「ゼロ・ウェイスト」は、より完全な取り組みになります。エネルギーは、必要なときにしか使わないようにしたり、作業時間についても、短縮を心がけるなどしましょう。水は、使用後の水を再利用することができます。こういった、さらに踏み込んだ取り組みを心がけることは、時間の節約につながります。

世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・...
家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
フィンランド・ヘルシンキのデザイン地区に、ゴミを出さないレストラン「NOLLA」がオープン。ここは、そもそもゴミを出さない“ゼロ・ウェイスト”にこだわるレ...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Kanye Westの『Runaway(Extended Video Version) ft. Push...
徳島県上勝町の小さなブルワリーの直営店「KAMIKATZ TAPROOM」。捨てられた衣類や古布でリメイクされたエプロンに注目!
バリにあるレストラン「Ijen」。特筆すべきは、リサイクル素材でできている点。さらに、残飯は地元の農家に提供。肥料として使われます。ビジュアルからは想像で...
世界中のコスプレイヤーの力で海を一緒に守っていこうというアクション。海洋ごみを減らす衣装の作り方や、再利用による衣装の作成等、衣装を造作する上での海洋ごみ...
千里浜なぎさドライブウェイは、車で砂浜を走れる日本で唯一のドライブウェイなのです。写真をご覧ください。
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
イタリア政府が、小学生から高校生を対象に、2020年9月から「気候変動」についての授業を必修科目とすることを発表した。
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
「手話言語の国際デー」である9月23日、「Huawei(ファーウェイ)」はある画期的なアプリを発表した。このアプリは“シームレスな読み聞かせ”体験を可能と...
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?価格や味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「Viva la Burger」。食感がおいしいリッチな“BO...
クレアモントの教会「Claremont United Methodist Church」が設置した、移民・難民が直面している状況を表現したインスタレーショ...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
Fox 11 Los Angelesがそんなフリーウェイの様子をレポートしている動画には、フードトラックが営業を始めて、多くの人が並んでいる様子が映し出さ...
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...