廃棄パンから生まれたビールだから名前もそのまま「TOAST」

いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも小規模なマイクロブルワリーになればなるほど顕著で、消費する側としてもそれを軸とした味くらべがオモシロい。

ここに紹介する「TOAST」もそのひとつ。ビール造りで世の中に貢献するアイデアと、「最後は自社ブランドがなくなることがゴール」と公言する潔さ。真の狙いはゼロ・ウェイストにある。

捨てられるパンを材料に
フードロスをおいしく解決するビール

040dff85da0e72c2ae9d45ffbde18c3ee70a2b73401503b6ad30e5375c761bb5ca13ea8f2b04adea

ロンドンの小規模ブルワリーTOASTで造るビール、その名の通り材料に使われているのは「パン」。それも町のベーカリーで売れ残ったものや、製造業者がサンドイッチ用にカットしたパンの耳など。つまりはゴミとして捨てられるはずだったもの。

TOAST創設者であり、作家、活動家としても知られるトリストラム・スチュアートによると、現在イギリスの食品廃棄量は年間1,500万トンを超え、なかでもパンの廃棄がそのワーストだとか。生産されたうちのじつに44%が廃棄に回るという、悪循環に目をつけたのが、捨てられるパンを使ったビール造りだった。

4412d0988ba8e0132ed154bfc65d64366e44d76c

ところで、パンをビール造りに用いるという製法、古代エジプトでは紀元前2,000年よりも前からすでに、食用の大麦パンを使って醸造していたことがうかがえる記録が残っている。

TOASTもこれにならってパンに大麦麦芽、イースト、ホップ、水を加えてビールを仕込んでいく。ヨークシャーのHambleton Alesをはじめ、UK各地のマイクロブルワリーとコラボしながら出来上がったのが、オリジナルの「Toast Ale」だ。ちなみに、現在新たな仲間として「IPA」と「Craft Lager」も開発中だとか。

実際、どんな味が楽しめるのかは、飲んでみないことには。でも、パンだってそもそもは小麦がメインなことを思えば、合わないことはないはず。

レシピを無料で共有
真の狙いはこのビールがなくなること?

F60b1027c9dbd74f749a183b13caa3fae29d4ed5

トリストラムの言うように、本来ならば余剰をつくらないことが大前提。けれど、そうもいかない現実を前に、廃棄パンでビールをつくるという、イギリス人からしてみれば究極とも思えるサステイナビリティを実現したことに、このビールの大きな意味があるんじゃないだろうか。

と言っておきながら、今こうした廃棄パンを材料にした“サステイナブルビール”はドイツやアメリカでも。つまり、このTOASTもフードロスの決定打となるような目新しさをウリにしたいわけじゃないらしい。

それというのも、彼らは公式サイトでレシピを無料公開し、世界中のブルワリーでも余ったパンを使ってのビール造りを呼びかけるのだ。たとえば、こんな感じに。

①パンを十分乾燥させ、クルトン状に粉砕
②穀物を67.7℃の湯で溶いて発酵
③麦芽にお湯を吹きかける
④ボイルしてホップを追加

自らのレシピをオープンソース化してでも伝えたいビールの製法。彼らの意図は「廃棄パンからビールをつくろう」を広く浸透させることで、食料システムの見直し図ること。ひいてはこのToast Aleが世の中から不要となくなることが、本当の意味でのゴールと捉えている。

多少ニュアンスは違うかもしれないが、これもこれで期間限定(希望的観測)のビールと呼べなくもない、のでは?

売り上げだってムダにしない

さらにさらに、ビールの収益すべてを食品廃棄問題解決に向けて活動を続ける支援団体「Feedback」に寄付するという徹底ぶり。タダでもらった余剰パンをの売り上げが、ゼロ・ウェイスト推進のための活動に使われる。「食料を捨てる代わりにもっと意味のあることができる」と、トリストラムはどこまでも前向きだ。

買うことでも、飲むことでも、目に見える形でフードロス削減に貢献できる、うれしい仕組みをクラフトビールが担うというのが、いかにもイマドキな感覚ではないか。

Licensed material used with permission by Toast
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にま...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
古代文明からはじまり、約6,000年の歴史を持つとも言われている、ビール。一般的に手に入るビールから、地域限定のクラフトビール、一部のBARでしか飲めない...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
食べられるビールがある──。こう言い切るには若干語弊がありますが、ビール醸造過程において、使用済みの穀物を再利用してつくる食品がありました。おいしいクラフ...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...
世界一のおつまみは高額でした。スウェーデンのビールメーカーがコスト度外視で作った超贅沢ポテチは高価だけれどその分味わいもピカイチ。包装も高級感たっぷり。特...