廃棄パンから生まれたビールだから名前もそのまま「TOAST」

いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも小規模なマイクロブルワリーになればなるほど顕著で、消費する側としてもそれを軸とした味くらべがオモシロい。

ここに紹介する「TOAST」もそのひとつ。ビール造りで世の中に貢献するアイデアと、「最後は自社ブランドがなくなることがゴール」と公言する潔さ。真の狙いはゼロ・ウェイストにある。

捨てられるパンを材料に
フードロスをおいしく解決するビール

ロンドンの小規模ブルワリーTOASTで造るビール、その名の通り材料に使われているのは「パン」。それも町のベーカリーで売れ残ったものや、製造業者がサンドイッチ用にカットしたパンの耳など。つまりはゴミとして捨てられるはずだったもの。

TOAST創設者であり、作家、活動家としても知られるトリストラム・スチュアートによると、現在イギリスの食品廃棄量は年間1,500万トンを超え、なかでもパンの廃棄がそのワーストだとか。生産されたうちのじつに44%が廃棄に回るという、悪循環に目をつけたのが、捨てられるパンを使ったビール造りだった。

ところで、パンをビール造りに用いるという製法、古代エジプトでは紀元前2,000年よりも前からすでに、食用の大麦パンを使って醸造していたことがうかがえる記録が残っている。

TOASTもこれにならってパンに大麦麦芽、イースト、ホップ、水を加えてビールを仕込んでいく。ヨークシャーのHambleton Alesをはじめ、UK各地のマイクロブルワリーとコラボしながら出来上がったのが、オリジナルの「Toast Ale」だ。ちなみに、現在新たな仲間として「IPA」と「Craft Lager」も開発中だとか。

実際、どんな味が楽しめるのかは、飲んでみないことには。でも、パンだってそもそもは小麦がメインなことを思えば、合わないことはないはず。

レシピを無料で共有
真の狙いはこのビールがなくなること?

トリストラムの言うように、本来ならば余剰をつくらないことが大前提。けれど、そうもいかない現実を前に、廃棄パンでビールをつくるという、イギリス人からしてみれば究極とも思えるサステイナビリティを実現したことに、このビールの大きな意味があるんじゃないだろうか。

と言っておきながら、今こうした廃棄パンを材料にした“サステイナブルビール”はドイツやアメリカでも。つまり、このTOASTもフードロスの決定打となるような目新しさをウリにしたいわけじゃないらしい。

それというのも、彼らは公式サイトでレシピを無料公開し、世界中のブルワリーでも余ったパンを使ってのビール造りを呼びかけるのだ。たとえば、こんな感じに。

①パンを十分乾燥させ、クルトン状に粉砕
②穀物を67.7℃の湯で溶いて発酵
③麦芽にお湯を吹きかける
④ボイルしてホップを追加

自らのレシピをオープンソース化してでも伝えたいビールの製法。彼らの意図は「廃棄パンからビールをつくろう」を広く浸透させることで、食料システムの見直し図ること。ひいてはこのToast Aleが世の中から不要となくなることが、本当の意味でのゴールと捉えている。

多少ニュアンスは違うかもしれないが、これもこれで期間限定(希望的観測)のビールと呼べなくもない、のでは?

売り上げだってムダにしない

さらにさらに、ビールの収益すべてを食品廃棄問題解決に向けて活動を続ける支援団体「Feedback」に寄付するという徹底ぶり。タダでもらった余剰パンをの売り上げが、ゼロ・ウェイスト推進のための活動に使われる。「食料を捨てる代わりにもっと意味のあることができる」と、トリストラムはどこまでも前向きだ。

買うことでも、飲むことでも、目に見える形でフードロス削減に貢献できる、うれしい仕組みをクラフトビールが担うというのが、いかにもイマドキな感覚ではないか。

Licensed material used with permission by Toast
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
世界中でスポットライトが当てられている食料廃棄問題。デンマーク発のレストランチェーン「Sticks’n’Sushi」は、そんなムダを少しでも減らすべく、余...
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
ブルックリンで新たに産声を上げたクラフトビールがあります。地元のベーグルショップとブリュワリーが手を組んで誕生した「ベーグルビール」です。
数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にま...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
誰が大麦を栽培したのか?ちゃんと食品検査は行われているのか?どこで醸造されたのか?お店に売られるまでの情報をぜ〜んぶ追跡できるのが、カナダ生まれの「Boc...