最近ビールの種類が多いから、こういうデザインもありかもしれない。

古代文明からはじまり、約6,000年の歴史を持つとも言われている、ビール。一般的に手に入るビールから、地域限定のクラフトビール、一部のBARでしか飲めない、なんていうシロモノまで…。ここ数年、あまりにいろいろな種類がありすぎて、エールとかラガーとか言われてもよくわからない!

そんなビールの種類が一目でイメージできちゃうデザインです。

その見た目
まるでパントーン

スペインのデザイナー「Txaber」が提案するビールのパッケージは、パントーン(色見本)を彷彿とさせるもの。シンプルに、この色が中身に対応しているんです。ビールは製法によって色と味が変わるので、色だけでも分かれば、なんとなく味もイメージできるようになっているとか。

左上から:
・ペールラガー
・ラガー
・ピルスナー
・ウィートビア
・ゴールデンエール
・バークエール
・ポーター
・スタウト
・インペリアルスタウト

たとえば、最上段右のビールはピルスナー。日本で飲まれているビールの多くはこれで、隣にもあるラガーの一種。この美しい金色のパッケージを見ると、すっきりした飲み口が想像できますよね。

まだ、試作だけど…

今すぐにでも飲み比べてみたいものですが、このデザインは、ビール会社と仕事をしていたときに思いついた、あくまでも試作段階。

「フォントにもこだわったんだ。最初はHelveticaを選んだんだけど、もっと現代的でオリジナリティのあるものにしたくて、ホセ・ゴメスが作った書体にした。Helveticaの一種なんだけど、求めていたイメージ通りになったよ」

現在は、これらのデザインが日の目をみるように、市販に向けて提案を進めているところとか。

Licensed material used with permission by Txaber, Society6
他の記事を見る
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
カナダのアルバータ州に住む夫婦のもとで暮らしているハンターくんは、幼い頃から新しいことに挑戦することがダイスキでした。約2年前、初めて絵を描いてみたところ...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...