色も柄も大満足の手づくりブックカバー。ただひとつだけ気に入らなかった部分が、今では大好きに。

自分の名前とはとても大切なもののはずです。

子どもだった頃は、胸に名札をつけたり、体操服には名前入りのゼッケンをつけていたり、給食袋とか上履きとか、鉛筆とか消しゴムとか、ありとあらゆる自分の持ち物に名前を書いていました。

大人になってから名前を書くものといえば、役所への各種届出とか、スマホの契約とか、宅配便の受け取りとか、タイムカードとか始末書とか……。

社会的には重要なものかもしれませんが、個人的に本当に大切かというと、そうでもないような気もします。

学生だった頃、染色家である母に、ブックカバーを染めてほしいと頼みました。

単行本用と、文庫本用の2冊です。

色と柄は自分で考えていたとおり、見事に出来上がっていたのですが、裏表紙には、何と自分の名前が勝手に入れられていて、「こんなの恥ずかしくて使えないぞ」と思ったのを覚えています。

でも、学生時代から今日まで、これらのブックカバーを使って、いろんな本を読みました。いろんなところに行きました。満員電車の通勤時にも、長期の出張にも、やっと休みが取れて出かけた短い旅行にも。

それらはすべて、個人的にとても大切なことでした。本を読むことは、僕にとっては、いろいろな自分に戻れる時間であり、場です。

名前入りブックカバーは、その印のようになっています。

0f3a41546fc20863f134477cff2ea4d5cad522866c3162ca01b7f012c638feedc808938a0fd83f50E1bdc597b574957aa0d0e9104d63e131e58023951016ceadd1edeee27cee79e2f73a51c0973ad350

空閑理/編集者
1983年、福岡市生まれ。武蔵野美術大学 油絵学科卒業。2010年、D&DEPARTMENTに入社。47都道府県それぞれに1冊ずつの発行をめざすトラベルガイド「d design travel」の編集・執筆などを手がけ、2013年から2016年は同誌の編集長を務めた。現在は休養中。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ラトビア出身の女性アーティスト、アニコ・コレスニコヴァが、ポリマークレイや石、鉄、金などを使って手作りした「ブックカバー」が凄い!細やかな装飾が施されてお...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくるこの連載。今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
日頃から懸命に読書しているのに、何を読んだのか、そこから知識を得られたのか、曖昧なことってありませんか?その理由は「アウトプット」が習慣化されていないから...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。オーストラリア国内に7店舗...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
電卓って、いいよね。でも、なかなかいいのがなくてね。それで、めっちゃ探して、海外から輸入している文房具屋さんの通販で見つけたのが、これ。カバーをパカッと取...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
「Head Case」は、自分や仲間の顔面をドアップでプリントできるスーツケースカバー。絶対に荷物を取り違えないし、空港でも注目の的になること間違いなし。...
空港で注目を集めること間違いなしの「スーツケースカバー」が話題になっています。ビジュアルは、どこからどう見ても“握り寿司”そのもの。きっと、国内はもちろん...
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
ホストが書店員ということで、オープン前から話題を集めていた「歌舞伎町ブックセンター」。その裏にある熱い思いについて手塚マキが、この書店でしか提供できない価...
アクセサリー感覚で楽しめる義足カバーを「The ALLELES Design Studio」が生み出しました。義足であることを隠すように、肌に近い自然な色...
フランスにある本屋さん「mollat」のインスタグラムアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり合わ...
「本はやっぱり紙派」ならば、しおりは人それぞれ好みが分かれるところ。本に付いているヒモを活用する人もいれば、いわゆる「しおり」を使う人もいるでしょう。今か...