紙だけで創り上げられた「動く街」が、神ワザ過ぎる!

子どもの頃、「紙でロケット」を創ったことがある。

そのロケットは最新型の切り離せるタイプだった。自宅の玄関ホールで完成させた直後、裏の空き地へ移動した。発射準備にとりかかるためだ。ロケットに乗り込みカウントダウンはじめると胸が高鳴った。5・4・3・2・1…発射!ロケットは、ゴォーという爆音を鳴らして一気に大空へ。やがて、大気圏を抜けて宇宙へと飛び立った…。

もちろん、ラストシーンはフィクション。でも、紙でロケットを創ったのは事実だ。遊びの天才である子どもたちにとって、紙は万能なおもちゃだった。想像力によって、王冠にも、チャンピオンベルトにも、ピストルにもなるのだ。何を創ったかに多少の差はあるにせよ、誰でも一度は通った道だろう。しかし、大人に成長する過程で、僕たちのほとんどは紙で遊ぶことをやめていくのだ。

だからかもしれない。この「紙で動く街」が妙に気になった。一連の作品を手がけているのは、エディンバラを拠点に活躍するCharles Young。2014年8月スタートの『Paperholm』というプロジェクト、紙だけで635個もの街のパーツを創りあげたのだとか。数もさることながら、驚いたのはそのクオリティ。じつに繊細なタッチで芸が細かい。

これらのパーツが1つ1つ組み合わされて「動く街」は完成する。

さらに驚かされるのは、このサイズ感!

ちなみにこのプロジェクト、アーティストへの支援(New Media Scotland)とクリエイティブ(Creatibe Scotland)の両面からサポートを受ける形で継続中。Charlesは、今年中に1,000個を目標に、街のパーツを毎日創り続けるとのこと。一体、どんなペーパータウンが完成するのか、今から楽しみである。

遊びの天才は、子どもだけじゃないんだな。

Licensed material used with permission by Paperholm, (Instagram)
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
社会を生き抜くうえで、私たちには想像力が必要。では問います、この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。(ちなみに巻いて使います)
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
「横浜中華街」で車を降りずに料理の受け渡しができる「ドライブスルー」サービスが開始。
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
"世界の電子機器の墓場”と呼ばれるガーナのスラム街・アグボグブロシー。この地の貧困問題と環境問題をアートの力で変えるべく立ち上がったアーティスト・長坂真護...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
ペーパークラフト作品をつくっているAliaksei Zholnerさん。彼がアップしている数々の動画には、なんと実際に稼働するエンジンの姿が。全部紙で出来...
池袋駅の北口エリアに「新華僑」が誕生させた「池袋チャイナタウン」の実態とは?
米旅行雑誌『Condé Nast Traveler』読者が選んだ「Top 10 Hotels in Japan」が発表され、名だたるラグジュアリーホテルが...
横浜や神戸、長崎などとは異なり、東京・池袋の雑踏のなかに息づく「中国人コミュニティ=中華街」を歩くレポート企画。
チェスが好き、興味があるという人に紹介したい「Square Off」。これ、AIによって駒が自動で動くという魔法のような代物です。専用のアプリを介せば、相...
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
11月12日、「YouTube」が2020年の「YouTube Rewind」の公開を中止すると発表した。これはその1年で話題となった動画を中心に構成され...
JR東京駅構内にあるイベントスペース「スクエア ゼロ」で、多様な昆虫食が楽しめるグルメイベント「虫グルメフェス Vol.0」が開催。昆虫を使ったさまざまな...
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」が「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を発表。
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
クラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」にて、ペーパースツール&カフェテーブル「十八紙(とわがみ)」の先行販売がスタート。
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!