スコットランド人にとってウイスキーとは「命の水」である

映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。

ナチス・ドイツによる空襲が激化する第二次世界大戦中、スコットランドの人々にとって命の水であるウイスキーが枯渇してしまう。舞台は、トディー島。そこに住むウイスキーをこよなく愛するスコットランド人を描いた芳香な作品である。

広告、小説、映画
とウイスキー

ウイスキーの広告コピーには、名作が多い。

以前、こちらの記事で紹介した「時は流れない。それは積み重なる。」をはじめ、「すこし愛して、ながく愛して」、「恋は、遠い日の花火ではない。」などウイスキーを熟成させたかのような味わい深さが感じられる。

同じくウイスキーを扱った小説も数多くある。私立探偵フィリップ・マーロウが活躍するレイモンド・チャンドラーが書いたハードボイルド小説「長いお別れ」には、ウイスキーを飲むシーンが多く登場する。

もちろん、多くの映画の世界でも名シーンとして登場するアイテムになっている。ウイスキーとクリエイティブの関係には長い歴史がある。本作も1949年に白黒で映画化(原題:『WHISKY GALORE!』)されたことがある。ちなみに映画のリメイク化権を手に入れてから10年かけて本作品が誕生したとのことだ。

座礁事件の裏側

この物語の中で登場するSSポリティシャン号。座礁した際、船内には、5万ケースを超えるアメリカへの輸出用ウイスキー、バハマ行きの家具、ジャマイカ紙幣などが積まれていたようだ。

船は船底から浸水してしまい、傾くが、船長と乗組員全員が、トディー島の住民によって無事救助された。そして、この時に島民たちは船に大量のウイスキーが積まれていたことを知ったのだ。

ウイスキーは、スコットランド人にとっては「命の水」であるのだが、当時のドイツ軍がイギリスの工業地帯を爆撃した時に、多くの醸造所が破壊されてしまった。そして、英国政府が「膨大なウイスキーを敵の攻撃で失うのなら、いっそ国外に売り払って我が国の軍事費にしてしまおう!」となった。そのため、ついに配給がストップしてしまったというワケだ。

えっ、あのウイスキーも!

沈没寸前のSSポリティシャン号を目にした島民たちは、救助の後、可能な限りのウイスキーを船から陸へ持ち出した。しかし、ウイスキーを押収しようと関税消費庁が島へやって来ることを知った島民は、島のいろいろなところにウイスキーを隠したそうだ。

その種類は多岐にわたり「ホワイトホース」「バランタイン」「デュワーズ」「アンティクリー」「キングランサム」「ジョニー・ウォーカー 赤ラベル」「ジョニー・ウォーカー 黒ラベル」などがあったと伝えられている。

全編スコットランドでロケが敢行され、当時の面影を残す17世紀に建てられた歴史的建造物、名所などの美しい映像も見所の一つ

現在でも、物語の舞台となったトディー島では、当時のボトルが発見されることもあるとのこと。もしも、この島へ行く機会があったら、散策してボトル探しに繰り出すのもいいかもしれない。

美味しいウイスキーを飲んでいるようにほろ酔い気分になれるから不思議。本作は、ウイスキー好きだけでなく、そうじゃない人もハッピーにさせてくれる作品だ。

『ウイスキーと2人の花嫁』
2018年2月17日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開中。公式サイトはコチラ

(C)WhiskyGaloreMovieLimited2016

Licensed material used with permission by ウイスキーと2人の花嫁
ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
酒と共に生き、推理小説家として史上最高とも称されるかのレイモンド・チャンドラーは、かつてこんな名言を残したという。 ーこの世に味の悪いウイスキーは存在しな...
ウイスキーを秋風とともに楽しめる、シングルモルト・タリスカーの生まれ故郷スコットランド・スカイ島行きの船が東京に寄港する。これは、9月27日の夜に開催さ...
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...