「マヨネーズ味のアイス」がスコットランドで誕生

MonsterやLotus Biscuitなどをフレーバーにしているスコットランドの「ICE Falkirk」。ちょい変わり種が得意なこのアイス屋さん、何を思ったのかHellmann'sのマヨネーズを使うというチャレンジングな新作を発表しました。エナジードリンクやクッキーをMIXしたアイスは美味しそうなんですが、マヨネーズ味は……。

実際、このマヨネーズアイスが投稿されたInstagramへのコメントは、食べたくないという意見が大半。極度のマヨラーだとしても、これはどうなんでしょうね?一回味わってみたい気持ちはあります。

Top image: © ICE Falkirk
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
カリフォルニア州に本拠地を置くPrimal Kitchen社の「アボカドオイル入りマヨネーズ」。まろやかです!
「キユーピー」は「マヨネーズ」を加えるだけで食感や食味がよくなる「裏ワザレシピ」のサイトで「プリン」のレシピを公開。プリン液にマヨネーズを加えて作ると、科...
ヒューストンにあるアイスクリームショップ「Red Circle Ice Cream」から誕生したのは、ザリガニ味のアイスクリーム!ザリガニが“トッピング”...
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
世界の生物多様性が過去50年で68%喪失したことを今月上旬に発表された「WWF」の報告書『Living Planet Report:生きている地球レポート...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
2018年のRIBA House of the Yearに輝いたのは、スコットランドの湖のほとりにある「Lochside House」。オフグリッドでソー...
ヴィーガニズムを取り入れたものは豊富にあります。そのひとつがファッション。今年2月には、LAで「ヴィーガン・ファッションウィーク」が初めて開催されるほど。...
いま、健康に意識の高いニューヨーカーたちの間で、大ヒットとなっている商品があります。それがこの、サー・ケンジントンの「アボカドマヨネーズ」。そう聞いて「ア...
ニュージーランドの都市オークランドへ行く機会があれば絶対に足を運んで欲しいアイスクリーム屋「GIAPO」。ここ、創作アイスクリームで有名なんです。店のIn...
9月10日に公開された「Bloomberg」の記事によれば、「Apple」は従業員に対して独自のマスクを開発したそうだ。
5月9日は「アイスクリームの日」。昨日でも明日でもなく、今日だからこそシェアしたい
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
7月1日、「Heinz」がInstagramアカウントにて、アイスクリームの販売を発表した。
インドネシア版の焼きそば「ミーゴレン」の味のアイスクリームができた!上にはフライドオニオンがのった本格派?
薄くて長いソーラーパネルを内蔵し、懐中電灯の機能も備えたモバイルバッテリー「Roll Solar Charger」。持ちやすく軽量で、暗いところで広範囲を...
袋麺でおなじみの「サッポロ一番」のアレンジメニューを提供する「サッポロ一番劇場 @虎ノ門横丁」が、東京・港区の「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」の「虎ノ門横丁...
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
TABI LABO編集部がNEXT輸入食料品店として注目する「iHerb(アイハーブ)」から、日本ではまだ知られていないTHE アメリカンな「ソース」3選...
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
マヨネーズは全卵を使ってつくるのが基本ですが、これをちょっとでもヘルシーに仕上げるためには黄身を抜いてしまえ。というのがこの記事のテーマ。本来は料理をする...
岐阜県関市に新名物が誕生した。その名も「日本刀アイス」。岐阜県関市は、かつて世間をザワつかせたPRムービーでもあったように「日本一の刃物のまち」。そんなま...
スコットランドの美しい自然に囲まれて、爽やかな風を感じながら過ごす休日…なんて、考えるだけでうっとりしてしまいそうです。そんなロケーションを、自分のモノに...