グラスを使わずそのままパクッ。一口サイズのウイスキーカクテル

10月4日〜13日におこなわれた「ロンドン・カクテル・ウィーク 2019」で、老舗ウイスキーメーカー「The Glenlivet(ザ・グレンリベット)」が発表した“一口サイズ”(具体的には23ml)のウイスキーカクテル「カプセルコレクション」が話題になっている。

「The World’s 50 Best Bars Awards」で受賞歴を持つバーテンダーAlex Kratena氏とThe Glenlivetのコラボによって誕生したこのコレクションは、なんと“カプセル状”。

ウイスキーカクテルは海藻成分からできた透明のフィルムに包まれており、カタチも個性的だが、カプセルの端っこを噛んで飲むという飲み方も斬新。

味の種類は「シトラス系」「ウッド系」「スパイス系」の3種だ。

このカプセルコレクションは、ロンドン・カクテル・ウィークでの限定販売だったため、SNSでは「アメリカにいるけど、一個でいいから試してみたい!」「クリスマスプレゼントに贈りたかったのに残念」といった声が多く挙がっている。

カプセルに入った粋なドリンク......ぜひ試してみたい!

Top image: © iStock.com/drante, 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
パウチパックでウイスキーが飲める。それもお試しサイズのグラス1杯分。
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...