グラスを使わずそのままパクッ。一口サイズのウイスキーカクテル

10月4日〜13日におこなわれた「ロンドン・カクテル・ウィーク 2019」で、老舗ウイスキーメーカー「The Glenlivet(ザ・グレンリベット)」が発表した“一口サイズ”(具体的には23ml)のウイスキーカクテル「カプセルコレクション」が話題になっている。

「The World’s 50 Best Bars Awards」で受賞歴を持つバーテンダーAlex Kratena氏とThe Glenlivetのコラボによって誕生したこのコレクションは、なんと“カプセル状”。

ウイスキーカクテルは海藻成分からできた透明のフィルムに包まれており、カタチも個性的だが、カプセルの端っこを噛んで飲むという飲み方も斬新。

味の種類は「シトラス系」「ウッド系」「スパイス系」の3種だ。

このカプセルコレクションは、ロンドン・カクテル・ウィークでの限定販売だったため、SNSでは「アメリカにいるけど、一個でいいから試してみたい!」「クリスマスプレゼントに贈りたかったのに残念」といった声が多く挙がっている。

カプセルに入った粋なドリンク......ぜひ試してみたい!

Top image: © iStock.com/drante, 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
パウチパックでウイスキーが飲める。それもお試しサイズのグラス1杯分。
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
「銀座300BAR」は、青森にある直営牧場から届くオーガニック野草、野菜、ハーブを使ったカクテルやフードを提供。6月に続いて今回は第二弾。タンポポと日本酒...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
欧米のミレニアルズの宗教離れが進んだと同時に、人気が高まってきたと言われる星占い。ロンドンのバー「Barts」が、今夏限定で星座ごとの特徴を反映したカクテ...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
カクテルのレシピが覚えられない…?だったらグラスに描いちゃえばいいじゃない。そんな発想から生まれたのが、こちら。考案者は元弁護士のアリソン・トーマスさん。...
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
この夏定番にしたいとっておきのカクテルを紹介します。ビールよりも夏気分!
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...