「東京カクテル7デイズ」このイベントは飲み過ぎ注意かも(笑)

1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテルを飲むことは、当時大学生だった僕にとって、大人への通過儀礼みたいなもの。あれは、間違いなくオトナの味だったのだ。

あれから30年あまり、ロンドンやシンガポールで大人気のカクテルイベントが日本へ初上陸するらしい。その名も「東京カクテル7デイズ」。注目すべきは、都内の有名バー60店舗でスペシャルカクテル(1杯1,000円)をバーホッピングしながら味わえるところだ。 

有名バー60店舗による
240種類のカクテル

イベントのチケット代わりになるのが、カクテルパスポートだ。こいつを特設会場の「Village」で受け取ったら、バーホッピングのはじまり。渋谷、恵比寿、新宿を中心としたエリアにある有名バーへ向かおう。

各店舗がこのイベントのために用意したスペシャルカクテルは4種類。つまり、60店舗でのべ240種類ものカクテルを選べる計算となる。しかも、カクテルパスポートを提示すれば、値段はカクテルとしては良心的な1杯1,000円。かつてないバリエーションを前に、今までにないホッピングを体験できるに違いない。 

「カクテルパスポート」の特典は、まだまだある。以下、ざっとまとめてみた。

■参加店舗のバーでカクテル1杯無料(但し、1店舗)
■「Village」にて6種類のカクテルが無料体験
■「Village」で開催するミニセミナーへの参加(※人数限定)
■最終日に実施されるシークレットパーティーへの参加(※抽選・人数限定)
■フードデリバリーサービス「Uber EATS」新規登録・初回注文の方に限り1,500円までの無料プロモコードをプレゼント

水戸黄門の印籠のごとく、フルに「カクテルパスポート」を活用しちゃおう!

未来のカクテルって
どんな味?

ところで、第1回目となる今回テーマは「Classic vs Futuristic, from 1847~2047」。

カクテル発祥の年といわれる1847年のクラシックカクテルから、近未来2047年を想定した架空のオリジナルまで楽しめるという。以下、各バーが提案するカクテルをほんのすこしだけ紹介しよう。

『大人のメロンソーダ』
「atlier 森本 XEX(六本木)」
想定年:2017 

『京都スペシャル』
「Anjin(代官山)」
想定年:2017

『ボタニカル&ボタニスト トニック』
「Bar Benfiddich(西新宿)」
想定年:2020

『ノックユアハート』
「Aoyama Bar Rage(青山)」
想定年:2047

しかしながら、未来のカクテルとは一体どんな味がするのだろうか? 

【開催概要】
■日程:2017年5月22日(月)〜28日(日)
■場所:
1) Village(特設会場)Weekend Garage Tokyo(東京都渋谷区代官山町1-1)
 ※Villageのオープン時間は16時〜21時半となります。
2)渋谷・恵比寿・六本木・新宿を中心のエリアとした60店舗
※チャージなどは、店舗によってかかる場合があり。
■料金:当日券5,000円(税込)
■チケット入手方法:公式URL http://cocktail7days.com/ticket.html から。またはVillage(特設会場)でも購入可能。

Licensed material used with permission by 東京カクテル7デイズ
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話を伺いました!最終回となる...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
やはり「芸術性」か「実用性」か……この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
出勤前や昼食後、さらには仕事の休憩時に、バーで同僚と軽く一杯。もしこれがお酒だとしたら、当然ながら社会的にNG。というより、そんな時間帯にはオープンしてい...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
「かき氷」と言われて連想するのは、シャリッと音を立ててストローが刺さる氷の山。そこにピンク、ブルー、イエローといった、蛍光色の鮮やかなシロップがかかった夏...
ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
ドイツのお祭りに登場する屋台のなかに、心もカラダもあったまる、とっておきのカクテルが店を出します。当地ではとってもポピュラーなこのカクテルは、ココアをラム...
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。