キュウリ入りカクテル?イギリス夏の風物詩「ピムス」を飲んでみたい!

カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。

ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、イギリスの夏の定番。いったいどんな味がするの?

夏を凝縮!
フルーツやミントで爽やかに。

フルーツごろごろ、見た目もカラフルで夏にぴったり。

リキュールにオレンジやストロベリーなどの果物、ライム、ミント、キュウリを加え、そして最後にレモネードで割る飲み方がもっともポピュラーな様子。

リキュール自体はほろ苦く、あまりストレートでは飲まれませんが、カクテルだとフルーツの甘みや、ミントとキュウリの爽やかさが混ざり合って、まさに夏を凝縮したような味。好きなフルーツを足してみてもいいかも。

世界で6人しか
知らないレシピ?

日本で販売しているキリンによると、1840年に発売されたリキュールのレシピは、世界でたった6人しか知らないのだとか。ストレートで飲んでみても、何が入っているのかわからない絶妙な味。再現は難しそう!

ウィンブルドン中にも飲んじゃいます。

カラフルなので、大人数のパーティやピクニックでも喜ばれそう。今年の暑〜い夏は「ピムス」で乾杯してみては?

イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
この夏定番にしたいとっておきのカクテルを紹介します。ビールよりも夏気分!
映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を見て暗号解読に挑戦してみたいという人がいるならば、ぜひイギリス・チェルシーにあるバー「The ...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
6月よりザ コカ・コーラ カンパニーは、飲むためじゃないコカ・コーラをイギリスで販売し始めます。いや、正確には飲めるんですが、その第一の目的はスピリッツな...
10月4日〜13日まで開催された「ロンドン・カクテル・ウィーク 2019」で世界的なウイスキーメーカー「The Glenlivet(ザ・グレンリベット)」...
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
欧米のミレニアルズの宗教離れが進んだと同時に、人気が高まってきたと言われる星占い。ロンドンのバー「Barts」が、今夏限定で星座ごとの特徴を反映したカクテ...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
「銀座300BAR」は、青森にある直営牧場から届くオーガニック野草、野菜、ハーブを使ったカクテルやフードを提供。6月に続いて今回は第二弾。タンポポと日本酒...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
「Kent Fire and Rescue Service」というイギリスの救助隊が公開した事故現場が、インスタレーションみたい!