キュウリ入りカクテル?イギリス夏の風物詩「ピムス」を飲んでみたい!

カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。

ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、イギリスの夏の定番。いったいどんな味がするの?

夏を凝縮!
フルーツやミントで爽やかに。

@thebishoppubが投稿した写真 -

フルーツごろごろ、見た目もカラフルで夏にぴったり。

リキュールにオレンジやストロベリーなどの果物、ライム、ミント、キュウリを加え、そして最後にレモネードで割る飲み方がもっともポピュラーな様子。

リキュール自体はほろ苦く、あまりストレートでは飲まれませんが、カクテルだとフルーツの甘みや、ミントとキュウリの爽やかさが混ざり合って、まさに夏を凝縮したような味。好きなフルーツを足してみてもいいかも。

世界で6人しか
知らないレシピ?

日本で販売しているキリンによると、1840年に発売されたリキュールのレシピは、世界でたった6人しか知らないのだとか。ストレートで飲んでみても、何が入っているのかわからない絶妙な味。再現は難しそう!

ウィンブルドン中にも飲んじゃいます。

カラフルなので、大人数のパーティやピクニックでも喜ばれそう。今年の暑〜い夏は「ピムス」で乾杯してみては?

一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
「かき氷」と言われて連想するのは、シャリッと音を立ててストローが刺さる氷の山。そこにピンク、ブルー、イエローといった、蛍光色の鮮やかなシロップがかかった夏...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ドイツのお祭りに登場する屋台のなかに、心もカラダもあったまる、とっておきのカクテルが店を出します。当地ではとってもポピュラーなこのカクテルは、ココアをラム...
2009年から提供されている「ツアーイスタンブール」の紹介です。
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
暑い夏の定番カクテルといえば、キンキンに冷えた「モヒート」をおいて他にありません。ライムとミントの爽快な味わいは、この上ないベストマッチングですが、ライム...
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
やはり「芸術性」か「実用性」か……この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。