カクテルを飲みたいなら、暗号解読せよ

第二次世界大戦時のイギリスで、ドイツ軍のタイプライター型暗号機「エニグマ」を解読するために尽力した天才数学者アラン・チューリング。

彼に焦点を置いた映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』はオスカー賞などにノミネートされ、日本でも話題となりました。

もし、この映画を見て暗号解読に挑戦してみたいという人がいるならば、ぜひイギリス・チェルシーにあるバー「The Bretchely」をチェックしてほしい!

アラン・チューリングら暗号解読部隊が活動拠点にしていた「Bletchley Park」を連想させる店名がついているだけでテンションが上がりますよね。

お店は普段ガストロパブの後ろに隠れており、入るためには事前予約が必要。入店後には、エニグマを使って書かれたカクテルレシピの解読というエンターテイメントに挑戦できます。

1枚のチケットでドリンクは3回までオーダーでき、回数を重ねるうちに暗号も難解に。暗号が解ければ、同じものは2つとないアナタだけのオリジナルのカクテルを味わうことができますよ。

©2018 Lolly and Pop Ltd
©2018 Lolly and Pop Ltd
©2018 Lolly and Pop Ltd
Top image: © 2018 Lolly and Pop Ltd
他の記事を見る
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
やはり「芸術性」か「実用性」か……この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...