渋谷に「住所非公開」の「隠れ家パフェバー」が誕生

9月14日、渋谷の雑居ビルの“どこか”に、〆パフェとカクテルを味わえる大人のパフェバー「Remake easy(リメークイージー)」がグランドオープンする。

このパフェバー、会員にならないと店舗の場所を知ることができない。まさに渋谷の隠れ家だ。現在、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」にて会員を先行募集中。

さらに、店に入るには秘密基地のような仕掛けも。エレベーターを降りると、目の前にある旧式の電話から指定された番号をダイアルして入口が開くという。なかに入るとコンクリート打ちっ放しの無機質な店内が広がり、近未来空間のよう。

看板メニューは、旬の果物をふんだんに使用した“禁断のパフェ”。毎月新しいメニューに変わり、夏はマンゴー、秋はマスカット、冬にはイチゴと季節の味覚がぎゅと閉じ込められる。夜にパフェを食べながらカクテルを飲む。そんな贅沢な背徳感が楽しめる。

渋谷ディナーのあとは、秘密のパフェバーでとっておきのスイーツを。

©CAMPFIRE
©CAMPFIRE
©CAMPFIRE

『Remake easy(リメークイージー)』
【クラウドファンディングページ】https://camp-fire.jp/projects/view/310524

Top image: © CAMPFIRE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事