東京渋谷発、新しい遊び

ファッションだったり、スケートだったり、サーフィンだったり、クラブだったり、フェスだったり、あるいは旅だったり。
 
これまでも世界中のあらゆる場所でアンダーグラウンド的にいろんな遊びが生まれてきた。時を経て、それらはいつの間にか“カルチャー”と呼ばるようになり、多くの人々を熱狂させていった。
 
始まりはいつだって小さな渦だ。
 
東京は世界のほかの大都市に比べて遊びが少ない、遊べる場所が少ない、あるいは新しいカルチャーが生まれてないと嘆く人がいる。もちろん愛すべき街だからこその話だと思う。だけど、そんなことない。世界のどこでもなく、東京でしかできない遊びがちゃんとある。
 
僕が注目しているのは、これだ。
599478455658086458371560355921926559209562832896595989734254182463585056068730886557734510002176465633530819379254799779653222406485922656813056545770560710246464621728298434564936737885257728
東京の新しいカルチャー発信基地、「TRUNK(HOTEL)」で開催された、SAUNA PARTY。
 
フィンランドから輸入され独自に発展した日本のサウナ文化を中心に、食や音楽、ファッションなどがミックスされた新しいパーティーだ。時代を作る様々なジャンルのクリエイター達が自らの楽しみとして生み出した遊び。
 
笑顔が絶えないこのパーティーは、自然の中で音楽を楽しむことから発展したレイブに近いかもしれない。ただし、サウナと水風呂、そして外気の温度差のなかに身を置くことで味わえるフィジカルな感覚は、レイブにおける高揚感とはかなり異なる。
 
Relax?
 
それだけじゃない。
 
Chill out?
 
ちょっとニュアンスが違う。
 
答えは、“ととのう”と表現される感覚だ。
 
今、この“ととのう”を求めて、第一線で活躍するクリエイター達がサウナに足繁く通っている。新しいサウナがオープンしたとか、雑誌で特集が組まれているとか、そういった例を出すまでもなく、もはや日本のサウナは新しいカルチャーになりつつある。
 
本当に残念なのは、フィジカルな感覚である“ととのう”の魅力は、どうしてもテキストや写真じゃ伝わらない。話しても駄目だ。理解するには体験するしかない。
 
だから、もしもあなたがまだサウナを体験したことのない人だったら、初めてのクラブに、初めてのフェスに、初めてのヨガに参加した時のように、飛び込んでみて欲しい。
 
もしも、あなたがもうすでにサウナの虜になっているなら、この新しいカルチャーに導いて欲しい。
 
そんなお節介焼いてしまうぐらい、もう本当に、心から、おすすめなのだ。サウナ。
6552620277694464
東京でおすすめのサウナをご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。サウナ、銭湯、水風呂、銭...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
日本サウナ・スパ協会から“大使”に任命されているマンガ家タナカカツキとTABI LABO代表久志尚太郎による「サウナ対談」。サウナにハマる理由、サウナで「...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
近年、東京から他の地域に移住する人が増えてきたように実感します。ただ、そのスタイルは昔とはまったく異なります。昔は「都会での生活に疲れた人がするもの」とい...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」と説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背景画...
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
見た目もかわいくて食べても美味しくて。野菜を使ったヘルシーサンドから毎日の主食になるグルメサンドまで。わくわくしながらおでかけしたい都内の絶品のサンドイッ...
今回は、「THE NEW YORKER」に敬意を示し、東京バージョン「THE TOKYOITER」という架空の雑誌の表紙を紹介しましょう。
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
日々の癒やしのヒントは、女性同士の会話から得ることもある。
紺色のボディに金色の文字。一見すると、日本の5年用パスポートのよう。ですが、そこには「UENO WELCOME PASSPORT」と記されています。一体、...
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...