「どこで買ったの?」とは聞いてほしくない洋服。

2014年から、カップルで旅をしているAndrewさんとAdrienneさん。今では、世界中を転々としながら、自身の経験を活かして立ち上げた、ファッションブランド「The Robe Lives」を経営しています。

身にまとうのは
アフリカの「苦悩と希望」

タンザニアに属している諸島であり、「アフリカの楽園」とも言われているザンジバル。訪れたら、透き通る海と真っ白なビーチを堪能できることでも有名です。

AndrewさんとAdrienneさんは、そんな場所のローカルマーケットから生地を1枚1枚選び、売り出す素材を決めています。そして、洋服を仕立てるのは地元のFundiたち(専門家を意味するアフリカの言葉)。

丁寧に作られたローブは、オンラインで買うことができます。そこには、こんな言葉も添えられています。

どこで手に入れたのかではなく、
なぜ買うことにしたのかを、誰かに伝えてほしい。

実を言うと、2人の収益はケニアを拠点にするNGO「The Cup Foundation」に寄付されています。そう、AndrewさんとAdrienneさんが経営する会社は、非営利で、ある目的を達成するためにスタートさせたものでした。

時は遡って、彼らがノマドライフを始めて、だいたい10ヶ月が経ったころ。心が踊るような世界の絶景をたくさん知ると同時に、「貧困」という目を隠したくなる現実があることも実感したそうです。そして、AndrewさんとAdrienneさんが放っておくことができなかったのが、アフリカに暮らす女性の生活事情。

なぜ妊娠をするのかという<性の知識>がない。清潔な<生理用品>がない。そのため、健康に悪影響を与えることが多くて<学校>に行けない。そこで、アフリカの女性に生理用品を寄付している、「The Cup Foundation」に協力することを決断しました。

世界をより良くするために、アフリカの人たちをできるだけサポートする。だからこそ、ビジネスを後押しする意味も込めて、地元の生地を買い、地元の仕立て屋に洋服を作ってもらうことに、こだわっているようです。そして、資金面からNGOを少しでも支える。

巷では、アフリカの民族柄のファッションも流行っているので、買ってみたいと考えた人も多いかもしれません。または、AndrewさんとAdrienneさんが叶えようとしている願望に、心を動かされた人もいるかもしれません。洋服を買おうとする理由はなんであれ、なぜ買うことにしたのか、背景にはどんな思いがあるのかの「ストーリー」を伝えることに意味があるのでしょう。

ローブにはたくさんの柄があり、85ドルからオンラインで購入できます。

Licensed material used with permission byA&A TAKE THE WORLD, Andrew McDermott, Adrienne McDermot
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
イギリス・ロンドンに、レゴウェアとスナップチャットがAR技術を使って、洋服を置かない洋服屋さんをオープンさせました。
こんなに近くにあったのに、知らなかった?
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
5月21日にアーバンアウトフィッターズが発表した、洋服のレンタルサービス「Nuuly」。月額88ドル(約9500円)を支払えば、最大で800ドル(約8万6...
「Voyage Club」というサービスは、予算と目的地を教えれば、現地の雰囲気とマッチした洋服を用意してくれるんです。ホテルに着いたら、クローゼットに洋...
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...