「どこで買ったの?」とは聞いてほしくない洋服。

2014年から、カップルで旅をしているAndrewさんとAdrienneさん。今では、世界中を転々としながら、自身の経験を活かして立ち上げた、ファッションブランド「The Robe Lives」を経営しています。

身にまとうのは
アフリカの「苦悩と希望」

タンザニアに属している諸島であり、「アフリカの楽園」とも言われているザンジバル。訪れたら、透き通る海と真っ白なビーチを堪能できることでも有名です。

AndrewさんとAdrienneさんは、そんな場所のローカルマーケットから生地を1枚1枚選び、売り出す素材を決めています。そして、洋服を仕立てるのは地元のFundiたち(専門家を意味するアフリカの言葉)。

丁寧に作られたローブは、オンラインで買うことができます。そこには、こんな言葉も添えられています。

どこで手に入れたのかではなく、
なぜ買うことにしたのかを、誰かに伝えてほしい。

実を言うと、2人の収益はケニアを拠点にするNGO「The Cup Foundation」に寄付されています。そう、AndrewさんとAdrienneさんが経営する会社は、非営利で、ある目的を達成するためにスタートさせたものでした。

時は遡って、彼らがノマドライフを始めて、だいたい10ヶ月が経ったころ。心が踊るような世界の絶景をたくさん知ると同時に、「貧困」という目を隠したくなる現実があることも実感したそうです。そして、AndrewさんとAdrienneさんが放っておくことができなかったのが、アフリカに暮らす女性の生活事情。

なぜ妊娠をするのかという<性の知識>がない。清潔な<生理用品>がない。そのため、健康に悪影響を与えることが多くて<学校>に行けない。そこで、アフリカの女性に生理用品を寄付している、「The Cup Foundation」に協力することを決断しました。

世界をより良くするために、アフリカの人たちをできるだけサポートする。だからこそ、ビジネスを後押しする意味も込めて、地元の生地を買い、地元の仕立て屋に洋服を作ってもらうことに、こだわっているようです。そして、資金面からNGOを少しでも支える。

巷では、アフリカの民族柄のファッションも流行っているので、買ってみたいと考えた人も多いかもしれません。または、AndrewさんとAdrienneさんが叶えようとしている願望に、心を動かされた人もいるかもしれません。洋服を買おうとする理由はなんであれ、なぜ買うことにしたのか、背景にはどんな思いがあるのかの「ストーリー」を伝えることに意味があるのでしょう。

ローブにはたくさんの柄があり、85ドルからオンラインで購入できます。

Licensed material used with permission byA&A TAKE THE WORLD, Andrew McDermott, Adrienne McDermot
他の記事を見る
北欧を中心に洋服を販売しているウェブサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
開催日は2月19日〜21日。作品を展示するのはナイジェリア系アメリカ人アーティストであるAmarachi Nwosuさん。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
こんなに近くにあったのに、知らなかった?
だけど今、ウユニ塩湖への思いが再熱している。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
1914年創業の浅草アートブラシ社の大ヒット商品、毛玉取りブラシを買いました。私ももういい年なので、いいものを長く使っていきたいななんて思ったわけです。そ...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。