「どこで買ったの?」とは聞いてほしくない洋服。

2014年から、カップルで旅をしているAndrewさんとAdrienneさん。今では、世界中を転々としながら、自身の経験を活かして立ち上げた、ファッションブランド「The Robe Lives」を経営しています。

身にまとうのは
アフリカの「苦悩と希望」

559857207869440050794053574328326364786728108032

タンザニアに属している諸島であり、「アフリカの楽園」とも言われているザンジバル。訪れたら、透き通る海と真っ白なビーチを堪能できることでも有名です。

AndrewさんとAdrienneさんは、そんな場所のローカルマーケットから生地を1枚1枚選び、売り出す素材を決めています。そして、洋服を仕立てるのは地元のFundiたち(専門家を意味するアフリカの言葉)。

丁寧に作られたローブは、オンラインで買うことができます。そこには、こんな言葉も添えられています。

どこで手に入れたのかではなく、
なぜ買うことにしたのかを、誰かに伝えてほしい。

実を言うと、2人の収益はケニアを拠点にするNGO「The Cup Foundation」に寄付されています。そう、AndrewさんとAdrienneさんが経営する会社は、非営利で、ある目的を達成するためにスタートさせたものでした。

時は遡って、彼らがノマドライフを始めて、だいたい10ヶ月が経ったころ。心が踊るような世界の絶景をたくさん知ると同時に、「貧困」という目を隠したくなる現実があることも実感したそうです。そして、AndrewさんとAdrienneさんが放っておくことができなかったのが、アフリカに暮らす女性の生活事情。

なぜ妊娠をするのかという<性の知識>がない。清潔な<生理用品>がない。そのため、健康に悪影響を与えることが多くて<学校>に行けない。そこで、アフリカの女性に生理用品を寄付している、「The Cup Foundation」に協力することを決断しました。

世界をより良くするために、アフリカの人たちをできるだけサポートする。だからこそ、ビジネスを後押しする意味も込めて、地元の生地を買い、地元の仕立て屋に洋服を作ってもらうことに、こだわっているようです。そして、資金面からNGOを少しでも支える。

巷では、アフリカの民族柄のファッションも流行っているので、買ってみたいと考えた人も多いかもしれません。または、AndrewさんとAdrienneさんが叶えようとしている願望に、心を動かされた人もいるかもしれません。洋服を買おうとする理由はなんであれ、なぜ買うことにしたのか、背景にはどんな思いがあるのかの「ストーリー」を伝えることに意味があるのでしょう。

ローブにはたくさんの柄があり、85ドルからオンラインで購入できます。

Licensed material used with permission byA&A TAKE THE WORLD, Andrew McDermott, Adrienne McDermot
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
こんなに近くにあったのに、知らなかった?
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
1914年創業の浅草アートブラシ社の大ヒット商品、毛玉取りブラシを買いました。私ももういい年なので、いいものを長く使っていきたいななんて思ったわけです。そ...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...
1880年代以降、ヨーロッパ列強国によるアフリカ諸国の植民地争いに巻き込まれたコンゴ。人々は、暴力反対を訴え、平和を望む声が増えていくことになる。世界一お...
9.11を機に、国を守ろうと戦地へ向かった若い兵士たち。彼らは現在退役兵として暮らしているが、生きる目的を見出だせずにいた。そんな中、1人の元軍人が、アフ...
「問題を共有し、世界を変えろ」を合言葉に、様々なジャンルの情報を発信している米メディア「faithit」。今回は、「多くの人が貧困問題を見誤っている」と世...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
左手の薬指にはめるリングは、やっぱり一生大切にしたい。でも、何から何まで自分の希望を込めたい女性に対し、「買ってくれる男性の身にもなってほしい!」と、声を...
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
世界で初めて、消費者への「節水」を呼びかけるために生まれたエココスメがあります。売り上げの一部は、水不足に苦しむ地域への支援活動に使われている。きっとここ...