「パンを焼くこと」がルワンダの女性を変えていく

東アフリカのルワンダには、ある目的を持ってベーカリーで働く女性がいます。お金を稼ぐため、手に職をつけるため、もちろんそれもあるでしょう。でも、目指すところはもっと壮大。なんと、女性に対する偏見を変えるというものなんです。

始めたきっかけは
女性の”変わりたい”という想い

価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダにはいまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満足に受けることができず、経済的に自立できないという問題も。

この状況を変えようしているのが「The Women's Bakery」。パンを作ることを通して、教育面・経済面の支援をしています

2012年、創設者のアメリカ人Markey CulverさんとJulie Greeneさんは、Peace Corpsというボランティアに参加していた時に、ルワンダのBushogaでパンを焼いたそう。地元の女性たちはそれを見て、「私たちにも教えてくれる?」と聞きました。

これがきっかけとなり、Merkeyさんはレシピを伝えることに。そして、彼女たちは料理を始め、次第に作ったものを売りたいとも考えるようになったのです。

150時間以上のトレーニングを提供

Merkeyさんは、ベーカリーを作ることで、ビジネスに関する知識や栄養バランスの良い食事を作る方法を教えようと考えました。

働き始めるにあたり、現地の女性たちは(ときには男性も)150時間以上のトレーニングを受けたそう。教育を満足に受けることのできなかった女性のことを考え、内容は衛生管理やマネジメント、ビジネスマナーなど多岐に渡ったといいます。

2015年にスタートさせたこのプログラムの受講者は、すでに75人以上。その中の1人であるHadidja Esperanceさんは、こう語ります。

家事をしながら陶器を作り、売っていた頃の生活は毎日がサバイバル。パンを焼くことがビジネスになるとは思っていませんでした。今ではお金を稼ぎながらも、子どもに栄養バランスの良い食事を食べさせてあげることができる。そして、パンを買った人も健康になれる

誰にも頼ることなく
自立できるように支援

すでに、「The Women's Bakery」による教育を受けた女性たちが、隣国のタンザニアを含めていくつかの店舗をオープンさせています。もちろん、ときにはアドバイスを求めることもありますが、自分たちの手でしっかりと経営することを大切にしているのだとか。

ルワンダのKigaliという場所にあるベーカリーは、現在知名度を上げ、始めた当初に比べ2倍の売り上げを達成。オープンしてから6ヵ月後に、黒字でビジネスができるようになった店舗も。

この団体の取り組みを考えると、本当の意図は「たとえ彼女たちの何人かがベーカリーを去ったとしても、1人で自立していけるような知識を伝えるということ」なのかもしれません。

Licensed material used with permission by The Women’s Bakery
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
Little Sun Foundationはルワンダの最もひ弱なコミュニティ「カモニー地区」にフラワー型太陽光ライトを3500個配布しました。子どもたちが...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
朝はパンと決めている。鉄のフライパンをあたためて、厚切りの食パンをのせ、焼き色がついたら裏返す。バターをのせるのか、ジャムはどうするのか。カリカリに焼いた...
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
オーストリアにあるPANEUMは、何千年も前から続くと言われているパンの歴史を感じることのできる骨董品を展示する博物館。中に入ると、パンにまつわる珍しいコ...
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...