日本の技術をルワンダに。紛争で傷ついた人たちに「義足」を届けたい

約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は、アフリカの中でも経済開発が遅れており、世界最貧国とも言われています。

この国で今、なにが起こっているか知っていますか?

道端に死体が転がっているのは
「当たり前の光景」

content_f61092489ed8df8b8c25362444b303e8cb12f71a (1)

今年に入って、クーデターやデモなどの騒乱が頻繁に勃発。毎日のように人が殺され、道端に死体が転がっている光景も日常茶飯事。
しかし、メディアに取り上げられることは少なく、この状況が世界にほとんど知られていません。

ブルンジで紛争に巻き込まれて障がいを負った人は、難民としてルワンダに逃げるものの、手足を失った障がい者は保証を受けられず、不自由な生活を強いられています。仕事や結婚すらもできません。

日本の義足製造技術を
ルワンダに!

content_f3c661d2ae0ba238adb95d74c064d798518ceaf1

そこで立ち上がったのが、ルダシングワ真美さん。
日本でOLをしていた彼女は、現在ルワンダで義足装具士として活躍しているのですが、そのきっかけを作ったのはルワンダ人の旦那さんでした。病気の治療ミスで、右足に障がいがあり、装具と杖を使っていたものの、来日した時、装具が壊れてしまったのです。そして新しい装具を作るために横浜の義肢製作所を訪れた時、職人が義足を作る様子を見て、「ルワンダで必ず役に立つ」と思ったのだと言います。

そしてすぐに会社を辞め、その義肢製作所に弟子入り。約5年間修行を経て義肢装具士の国家資格を取ったのです。

C

ルワンダで元々作られていた義足は膝が曲がらず、座ると義足を履いたほうの足が突っ張ったまま。バスに乗ることすらできません。でも、日本の義足は膝が曲がるので、彼らの行動範囲も広がるのです。

義足が手に入ったら
妻と手を繋いで歩きたい

ある日、義肢製作所をに訪れた1人の男性。彼は足を1本失っていて、2本の杖をつきながら生活をしていました。そんな彼に「義足が手に入ったら、まず最初に何をしたい?」と質問をしてみたところ「両手に杖を持っているから、一度も妻と手を繋いで歩いたことがない。だから杖をつかないで歩けるようになったら、手を繋いで歩きたい」という返答が。

私たちにとっては当たり前のことが、彼にとっては“夢”となっていたのです。

また、他にも義足を履いた障がい者が、結婚、子育てを経験できるようになっていることが嬉しい、とルダシングワさんは言います。

content_0afa10ae27ba7f3177421b5de4f359a37ed96384

しかし、障がいを抱えているために生活が困難な人はまだまだたくさんいます。
義足をもっとたくさんの人に届けるため、現在クラウドファウンディングサイト「ReadyFor」のコチラのページで資金を募っています。ぜひ、ご協力をお願いします。

コンテンツ提供元:READYFOR

2019年10月、ルワンダで史上初となる「完全アフリカ製」のスマホ「Mara Phone」がリリース。
価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダには、いまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満...
Little Sun Foundationはルワンダの最もひ弱なコミュニティ「カモニー地区」にフラワー型太陽光ライトを3500個配布しました。子どもたちが...
Gallagherさんのインスタには、義足のカバーを黒板にして、地名のペイントをしている様子がアップされています。それに気づいた周りの人からは、「イケてる...
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
漫画『王家の紋章』には、古代エジプトにタイムスリップした主人公が腕の骨を折り、治療を受けるシーンがあります。約3,000年も前に骨折治療なんてできたのか、...
アクセサリー感覚で楽しめる義足カバーを「The ALLELES Design Studio」が生み出しました。義足であることを隠すように、肌に近い自然な色...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
瓶に具材をたっぷり詰めて醬で味付けした「BINJAN」は、無添加のおかず瓶詰め。フードスタイリスト新田亜素美さんとデザインプロデュースのプロペラ社が考案し...
パレスチナの紛争を撮影するために、フォトジャーナリストのMonique Jaquesがガザ地区を訪れたのは2012年のこと。当初、激しい争いによる傷跡を捉...
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
ヨーロッパからの旅行先として人気なの地中海に浮かぶ島国・キプロスは、一部の国からの観光客の受け入れを再開する方針を発表した。また、同国での滞在中に新型コロ...
イタリアのスタジオ「DesignLibero」が設計を手掛けた「バブルシールド」。外部の空気をフィルターを通して送りこみ本体を膨らませるこのシールドは、上...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
「日経BPコンサルティング」による創業100年以上と200年以上の企業数を国別に調査した「世界の長寿企業ランキング」で、ともに日本が1位になった。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
誰からも愛される幸せそうな姿。でも、実は生後2ヶ月の時に捨てられた悲しい過去を持っているんです。当時は、シェルターで安楽死させる予定でしたが、動物たちを保...