日本の技術をルワンダに。紛争で傷ついた人たちに「義足」を届けたい

約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は、アフリカの中でも経済開発が遅れており、世界最貧国とも言われています。

この国で今、なにが起こっているか知っていますか?

道端に死体が転がっているのは
「当たり前の光景」

content_f61092489ed8df8b8c25362444b303e8cb12f71a (1)

今年に入って、クーデターやデモなどの騒乱が頻繁に勃発。毎日のように人が殺され、道端に死体が転がっている光景も日常茶飯事。
しかし、メディアに取り上げられることは少なく、この状況が世界にほとんど知られていません。

ブルンジで紛争に巻き込まれて障がいを負った人は、難民としてルワンダに逃げるものの、手足を失った障がい者は保証を受けられず、不自由な生活を強いられています。仕事や結婚すらもできません。

日本の義足製造技術を
ルワンダに!

content_f3c661d2ae0ba238adb95d74c064d798518ceaf1

そこで立ち上がったのが、ルダシングワ真美さん。
日本でOLをしていた彼女は、現在ルワンダで義足装具士として活躍しているのですが、そのきっかけを作ったのはルワンダ人の旦那さんでした。病気の治療ミスで、右足に障がいがあり、装具と杖を使っていたものの、来日した時、装具が壊れてしまったのです。そして新しい装具を作るために横浜の義肢製作所を訪れた時、職人が義足を作る様子を見て、「ルワンダで必ず役に立つ」と思ったのだと言います。

そしてすぐに会社を辞め、その義肢製作所に弟子入り。約5年間修行を経て義肢装具士の国家資格を取ったのです。

C

ルワンダで元々作られていた義足は膝が曲がらず、座ると義足を履いたほうの足が突っ張ったまま。バスに乗ることすらできません。でも、日本の義足は膝が曲がるので、彼らの行動範囲も広がるのです。

義足が手に入ったら
妻と手を繋いで歩きたい

ある日、義肢製作所をに訪れた1人の男性。彼は足を1本失っていて、2本の杖をつきながら生活をしていました。そんな彼に「義足が手に入ったら、まず最初に何をしたい?」と質問をしてみたところ「両手に杖を持っているから、一度も妻と手を繋いで歩いたことがない。だから杖をつかないで歩けるようになったら、手を繋いで歩きたい」という返答が。

私たちにとっては当たり前のことが、彼にとっては“夢”となっていたのです。

また、他にも義足を履いた障がい者が、結婚、子育てを経験できるようになっていることが嬉しい、とルダシングワさんは言います。

content_0afa10ae27ba7f3177421b5de4f359a37ed96384

しかし、障がいを抱えているために生活が困難な人はまだまだたくさんいます。
義足をもっとたくさんの人に届けるため、現在クラウドファウンディングサイト「ReadyFor」のコチラのページで資金を募っています。ぜひ、ご協力をお願いします。

コンテンツ提供元:READYFOR

価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダには、いまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満...
Gallagherさんのインスタには、義足のカバーを黒板にして、地名のペイントをしている様子がアップされています。それに気づいた周りの人からは、「イケてる...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
漫画『王家の紋章』には、古代エジプトにタイムスリップした主人公が腕の骨を折り、治療を受けるシーンがあります。約3,000年も前に骨折治療なんてできたのか、...
アクセサリー感覚で楽しめる義足カバーを「The ALLELES Design Studio」が生み出しました。義足であることを隠すように、肌に近い自然な色...
パレスチナの紛争を撮影するために、フォトジャーナリストのMonique Jaquesがガザ地区を訪れたのは2012年のこと。当初、激しい争いによる傷跡を捉...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
誰からも愛される幸せそうな姿。でも、実は生後2ヶ月の時に捨てられた悲しい過去を持っているんです。当時は、シェルターで安楽死させる予定でしたが、動物たちを保...
社会人になって置かれる環境や考えが変われば、学びたいと思う分野も変化するから。これって、ものすごく普通のこと。だけど日本では、学生に戻ることが特殊みたいに...
地雷の恐怖から人々を救ってくれるのは、なんとネズミたち。バート・ウィートジェンス氏によって設立されたAPOPOは、アフリカオニネズミを訓練して地雷除去をす...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...
65歳以上の高齢者の人口が全国民の20%を超え、「高齢社会」となっている現在の日本。年金や介護など、誰もが考えなくてはならない問題が山積みですが、そんな今...
  001 『未来を変える80人』への、世界放浪 本村さんは旅を経て起業された訳ですが、なぜ起業をしようと思ったのですか?アメリカで社会学を勉強していた時...
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...