洋服のように「選んで楽しむ義足」が、心と体を繋げる。

アクセサリー感覚で楽しめる義足カバーを「The ALLELES Design Studio」が生み出しました。

義足であることを隠すように、肌に近い自然な色味や素材を追求したものではなく、ファッションの一部として楽しめるデザインが特徴です。

義足カバーで
「自分らしく」

「選んで楽しむ義足」義足カバー
Photo by The ALLELES Design Studio
「選んで楽しむ義足」義足カバー
Photo by The ALLELES Design Studio

洋服を選ぶように毎日コーディネートできるほど種類が揃う、これが義足カバー。脚をはめて装着するソケットの下、チューブと呼ばれる支柱(ひざ下)にセットするアイテムです。

豊富なバリエーションは、建築、インテリア、戦闘機、カフェレーサーと、あらゆるものからインスピレーションを得ているんだそう。こうして新たなデザインを日々模索する彼らは言います。

「世に出回っている人工装具に、ほとんど『魂』を感じることができなかったんです。無機質なものこそファッショナブルにすることで、新しい風を吹き込みたい」

色や柄を限定するのではなく、一人ひとりの個性に目を向けたとき、義足を必要とする人たちの内なる声が共感したのかもしれません。ユーザーに選ぶ楽しみを与える、それがALLELESの義足カバーです。

気持ちを高める“勝負服”

「選んで楽しむ義足」義足カバー
Photo by The ALLELES Design Studio
「選んで楽しむ義足」義足カバー
Photo by Eric Chu
「選んで楽しむ義足」義足カバー
Photo by The ALLELES Design Studio
「選んで楽しむ義足」義足カバー
Photo by The ALLELES Design Studio
「選んで楽しむ義足」義足カバー
Photo by The ALLELES Design Studio
「選んで楽しむ義足」義足カバー
Photo by The ALLELES Design Studio
「選んで楽しむ義足」義足カバー
Photo by The ALLELES Design Studio
「選んで楽しむ義足」義足カバー
Photo by Alison Andersen
「選んで楽しむ義足」義足カバー
Photo by Alison Andersen

豊富な選択肢があることで、それぞれが望む充実したライフスタイルを築くことができているんだそう。

気分やその人の個性に合わせて選べる、そんなポジティブな発想は見た目だけではなく、心も満たしてくれる温かさに溢れています。

Licensed material used with permission by The ALLELES Design Studio(Instagram), (Facebook), (Twitter)
Gallagherさんのインスタには、義足のカバーを黒板にして、地名のペイントをしている様子がアップされています。それに気づいた周りの人からは、「イケてる...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
漫画『王家の紋章』には、古代エジプトにタイムスリップした主人公が腕の骨を折り、治療を受けるシーンがあります。約3,000年も前に骨折治療なんてできたのか、...
約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は...
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
瓶に具材をたっぷり詰めて醬で味付けした「BINJAN」は、無添加のおかず瓶詰め。フードスタイリスト新田亜素美さんとデザインプロデュースのプロペラ社が考案し...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
「Voyage Club」というサービスは、予算と目的地を教えれば、現地の雰囲気とマッチした洋服を用意してくれるんです。ホテルに着いたら、クローゼットに洋...
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
「THE NORTH FACE」からマタニティウェア第二弾が発売される。
黒人男性のジョージ・フロイド氏が白人警官に殺害されたことに対する抗議デモが全米に広がっているなか、「ナイキ」は「#UntilWeAllWin」というハッシ...
湯本見番で開催してきた箱根観光客向けの芸者ショー「Meet Geisha」が、ビデオ会議アプリ「Zoom」を使って世界初の「芸者とオンライン飲み会」のサー...
86%のブラジル人女性がクラブでセクハラを受けたことがあります。ことの重大さを伝えるため、実際に女性がどのくらい男性に体を触られるのかを検証しました。
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
イギリス・ロンドンに、レゴウェアとスナップチャットがAR技術を使って、洋服を置かない洋服屋さんをオープンさせました。
2014年から、カップルで旅をしているAndrewさんとAdrienneさん。今では世界中を転々としながら、彼らが立ち上げた、ファッション企業「The R...
誰からも愛される幸せそうな姿。でも、実は生後2ヶ月の時に捨てられた悲しい過去を持っているんです。当時は、シェルターで安楽死させる予定でしたが、動物たちを保...
5人の女性が登場し、見知らぬ誰かがうけた性暴力の体験談を語る動画。目的は、誰かの辛い過去について触れるだけではなく、被害者は男性の場合もあり、身近に存在す...