旅の思い出は、この「特別な義足」とともに。

人が旅に惹かれてしまうのは、まだ見ぬ世界のことを、もっと知りたいと思うからではないでしょうか。Devon Gallagherさんの心の中にも、いつからかそうした気持ちが芽生えていたのでしょう。大学卒業後、彼女は「義足でヨーロッパを周る」という挑戦を始めたのです。

彼女にしかできない
新しい「記録写真」

そもそもこのGallagherさん、生まれながらにして骨系統疾患を患っていました。何度か手術をしたものの失敗に終わってしまい、4歳の時に切断を決意。義足生活を余儀なくされることに。

義足でヨーロッパを旅する。その道のりがハードであることは想像に難くありません。が、当の本人はいたってポジティブにこのチャレンジに挑んでいます。

「幼い頃から義足で生活をすることで、学んだことがたくさんあります。私の足を見て誤解する人が多いけれど、幸せに生きているんですよ」

彼女の義足には訪れた街の名前が。これは特殊な塗料でコーティングし、まるで黒板のように書き消しを可能にしたオリジナル義足カバーだからこそ。「旅先で寂しくなっても、黒板を彩ったり、地名を書いて撮影することで、ポジティブになれるように!」と友人が提案してくれたアイデアなんだとか。

欧州旅行を楽しむGallagherさんのInstagramには、「イケてるね!」「カワイイ!」と多くの反響があるみたい。

満面の笑みとちょっとポップな義足、何より彼女自身の明るさによって、これからも旅先で人気者になるんじゃないかなあ。

Licensed material used with permission by Devon Gallagher
アクセサリー感覚で楽しめる義足カバーを「The ALLELES Design Studio」が生み出しました。義足であることを隠すように、肌に近い自然な色...
漫画『王家の紋章』には、古代エジプトにタイムスリップした主人公が腕の骨を折り、治療を受けるシーンがあります。約3,000年も前に骨折治療なんてできたのか、...
アルツハイマーになる可能性があると医者に診断されたおばあちゃんは、これまで辛いことが多かった人生を楽しもうと決意。孫の力をかりて、世界中を旅行し写真や動画...
旅には、人生が凝縮されています。
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
これまで海外旅行といえば、旅行会社のツアーに参加したり、ガイドブック片手に行きたいところへ向かうというものが一般的だったと思います。でも、...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
Agoraphobic Traveller(広場恐怖症を抱える旅人)と自称するJacqui Kennyは、驚くことにたくさんの旅行写真を自身のInstag...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...